« いよいよ群馬・堀越学園に解散命令とのこと……@niftyニュースから | トップページ | 野鳥には恵まれず、老後の「予行演習」のような1日 »

2012年10月26日 (金)

今日はノンビリと、散髪の後、散歩へ

Rimg00181026 日中は、昨日よりも暖かくなり、22~23℃という予報です。実際、風もなく、午前中、いつものように歩いて来ましたが、やや汗ばむくらいでした。タイトルに「ノンビリと」と書きましたが、実のところは、本日、野鳥にはあまり会えなかったということです(笑)。冒頭の写真は、九華公園の一角ですが、今日は全体として、静かでした。

 さて、朝一番には、いつものS理容院さんに電話をかけて、予約というよりも(予約のお店なのです)、空いているかどうか確かめたところ、「すぐにどうぞ」ということでした。早速行ってみましたら、今日は、その時点ではお客さんはゼロでした。鳥談義で盛り上がって、ほぼ1時間でできあがり、\4,200なりを支払い、そのまま九華公園へ。

 アオサギは、北口近くの「新お立ち台」に1羽。このアオサギ、私の帰りがけに、どこかへ飛び去りました。そのほかは、ヒヨドリ、ムクドリの天下。カワラヒワもそれなりにいましたが、いずれも高い梢の上。このところ、行けば出会えていた、メジロ、ヤマガラ、シジュウカラは、少し鳴き声は聞こえたものの、姿形は見えず、でありました(残念)。

Rimg00161026

 カモたちは、こちらのように、キンクロハジロが14羽と、ホシハジロが3羽でした。集まったり、離れたりしながら、時に、水に潜って餌を探しているものもいるという感じで、彼らもノンビリしているように見えました。

Img_7421  ヤマガラなどがいませんでしたので、カモさんには失礼ながら、仕方なく、何枚か写真を撮ってきました。キンクロハジロのメス。何となく、目つきが悪いというか、鋭い感じもします。

Img_7422  ホシハジロのメスは、穏やかな表情で、何やら口を開けています。笑っているのか、しゃべっているのかという雰囲気でした。

Img_7433  こちらのキンクロハジロは、先日見たものと同じように、半身を返して、一所懸命掻いているように見えます。やはり、痒いのでしょうか? それとも虫か何か着いているとか? 委細は分かりません。先日掻きまくっていたのと、同じ個体なのでしょうか? 考えると退屈はしませんが、キンクロさんも顔を見たくらいでは、個体識別はできませんので、何とも言いがたいところです。

 ということで、狙った野鳥がおりませんでしたので、やむなく、カモたちの様子を見ていたのですが、今日は暖かいせいもあってか、こちらまで脱力してきそうです。

Img_7416 Img_7417  ところで、こちらは、いつもつかず離れずの関係を保っています、カルガモとアヒル。今日も、二羽はすぐ近くにいました。カルガモさんは、雌雄の区別が難しく、この個体もどちらなのか、小生には判別できません。かつて、「道ならぬ恋のカップル」として紹介したことがありますが、たぶん、カルガモの方が、これだけいつも一緒にいるということは、アヒルに「刷り込み(インプリンティング)」されたのだろうと思います。刷り込みは、簡潔に説明すれば、次のような現象をいいます(Yahoo!辞書)。

生まれたばかりの動物、特に鳥類で多くみられる一種の学習。目の前を動く物体を親として覚え込み、以後それに追従して、一生愛着を示す現象。動物学者ローレンツが初めて発表した。刻印づけ。インプリンティング。

 正確に書きますと、この現象がよく見られるのは、「ニワトリ、アヒル、カモなどのように孵化直後から開眼し、歩行可能な『離巣性(早期に巣から離れて、活動ができる性質)』の鳥類の雛」においてです。「離巣性」という性質が成り立つには、生まれた時点で、視覚などの知覚能力も、移動運動能力も、かなり完成していないといけません。

 しかし、こういう性質を持っていますと、勝手にあちこち移動してしまい、生命維持の上で危険に陥る可能性が高くなりますから、それを防止する手立てとして、この「刷り込み」という機能が生得的に備わったと考えられます。

 自然界であれば、これらの鳥類のヒナが孵化したとき、周囲にいるのは、親鳥に限られますので、そのまま親鳥に刷り込まれ、親鳥の後を追う行動が獲得されます。それによって、ヒナの生存確率が高まる訳です。

 ところが、不幸にして(鳥の立場に立てば、ですが)、この刷り込みは、親鳥に対して(つまり、同種の鳥に対して)だけでなく、多種の動物や人、動くおもちゃ、あるいは点滅光であっても、生じてしまうのです。小生、学生時代には、ひもで引いて動かしているバケツや、電池+モーターで動く、電動玩具に刷り込まれたカモの映像を見たことがあります。

 この刷り込みには、今では、すべてが肯定されているわけではありませんが、次のような特徴が見られることが指摘されています。

  1. 敏感期の存在:孵化後のかなり早期の感受性の高い時期にのみ生じる
  2. 練習や経験が不要で,条件が満たされた時に,きわめて短い時間のうちに成立する
  3. 無報酬性:通常の学習の時に必要とされる 報酬を必ずしも必要としない
  4. 不可逆性:特定の対象に刻印づけが成立した後に,対象を変更することは困難である。通常の学習にみられる 消去が成立しない
  5. 性的刻印づけ:性成熟に達した後に生じる 求愛行動は刻印づけされた対象と同種の動物に向けられる

 つまり、九華公園の、このカルガモ(アヒルの方が、刷り込まれた可能性もありますが、アヒルの方が早くからいたように思われますし、カルガモの方がアヒルを追っていることが多いように見えますので、たぶんカルガモが、だと推測しています)が、アヒルと一緒にいるのは、アヒルに刷り込まれてしまい、学習のやり直しも取り消しもできないままで、たぶん、アヒルに求愛行動もしていると、想像されます。

 そこにいかなる事情があったかは、知る由もありませんが、考えてみれば、かわいそうな話です。

Rimg00111026  オマケのお話。昨日行ったときに、小さな工事をしていたのですが、このImg_7424 ベンチを設置していたようです。まだ使用はできないようですが、ベンチが少ないエリアですので、助かります(笑)。

Img_7431  季節外れのソメイヨシノの花は、まだ健在でした。



Img_7451  そして、揖斐川は、穏やかな水面で、ここでもノンビリした空気が流れていました。ちなみに、今日、我が家のマンションの公園では、小鳥1羽が、小生の頭上を飛んでいっただけで、後は、こちらも静かなものでした。私も、午後からは、おとなしく、静かに過ごすことに致します(笑)。

|

« いよいよ群馬・堀越学園に解散命令とのこと……@niftyニュースから | トップページ | 野鳥には恵まれず、老後の「予行演習」のような1日 »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

みー秘書様
まだ週2回、整形外科通いとは、大変ですね。
そして、今日は朝から痛みがあるとのこと、お見舞い申し上げます。明日は雨ですねぇ。散歩に出ない、立派な口実ができて、「これ幸い」です(笑)。
そして、何々? 蛍、カエル、変な虫転々がいっぱいですって?! 来年から、出張散歩に行きます!

投稿: mamekichi | 2012年10月27日 (土) 12時42分

お久しぶりです♪
週に、2日の整形通いも、うんざりです。
今日は、朝から痛いから明日は雨でしょう!今日は、散歩に行って下さいね。
ところで、我が家の近くは、蛍もカエルも変な虫もいっぱいいます。先生、好きかも?

投稿: さぼりまくっているみー秘書 | 2012年10月27日 (土) 10時59分

こころんさん、おはようございます。
そうです、おっしゃるとおりです(笑)。今は、カワラヒワがいます。
ここに通っていらっしゃったんですね。

投稿: mamekichi | 2012年10月27日 (土) 06時20分

カレンダーは縦長で
今は何かわかりませんが
お店にヒヨドリがいたそうですね?(笑)
子供の頃ジュウシマツを貰いました(笑)
おやすみなさい♪

投稿: こころん | 2012年10月26日 (金) 22時12分

こころんさん、こんばんは。

ベンチは、ステージのあるところの東のエリアに設置されています。今までは、東屋が一つだけあったところです。

カルガモとアヒル、推測ですが、たぶん今日書いたようなことがあって、今のような密接な(?)関係になっていると思われます。

理容院は、確認しましたが、「S理容」でした。ずっと、鳥を飼っておられます。K日町にあるところです(笑)。

投稿: mamekichi | 2012年10月26日 (金) 22時01分

こんばんわ
日曜日からベンチに座れるんですね(^◇^)

カルガモとアヒルにそういう関係があったのですね。
あり得えますね。

S理容院ではなく理容Sではないですか?店名は伏せますが(笑)
鳥、予約制でもしかして、理容Sではないかと・・・(^_^;)

投稿: こころん | 2012年10月26日 (金) 20時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ群馬・堀越学園に解散命令とのこと……@niftyニュースから | トップページ | 野鳥には恵まれず、老後の「予行演習」のような1日 »