« 今日のアオサギはちょっとヘン、そして、小生には、ガールフレンドができたか?! | トップページ | 友人にどういう感情を抱いていますか? »

2012年10月 6日 (土)

待望のカワセミに遭遇……ケリ、イソヒヨドリ、イソシギ、モズ、コサギ、トビ(?)などにも!!

Img_4212 三連休初日だということですが、小生の場合、365連休のようなものですから、そう言われて初めて気づいたような次第です(笑)。あの「ハッピーマンデー」の制度が導入されてから、体育の日は、日にちが変わりますから、余計にこう感じるかも知れません。

 さて、今日も、やや遅くはなりましたが、9時40分くらいから12時まで散歩に出てきました。いRimg0012 よいよワンパターンのコースから脱却して、本日は、三洋堂桑名店に立ち寄って雑誌を一冊買ってから、大山田川の沢南橋あたりに行っておりました。そして、なんと、この橋の回りで、1時間あまりもウロウロしてしまいました。ひょっとしたら、「不審者」と思われたかも知れません(笑)。笑い事ではありませんが、このあたり、けっこう水鳥や、冬の鳥がたくさん現れるところなのです。歩いた距離は、4.5㎞+αです。今日は、このあたりを本当にウロウロしましたので、このαがかなりあると思います。

Img_4211_2  今日の散歩のハイライトは、何とっても、カワセミです。アオサギ以上に小生Img_4214 が好きな鳥です。このブログをずっと読んでいてくださる方はすでにご存じでしょうし、我が家の近くの福島ポンプ場にも現れることをご記憶かと思います。この沢南橋あたりも、カワセミの出現ポイントですが、今まできちんと写真に撮れたことはありませんでした。

Img_4216  沢南橋について、あたりを一回りしているときに、川面近くを、ブルーとオレImg_4224 ンジの小さな鳥が飛ぶのが見えました。「カワセミだ!」と直感したのが、1時間もウロウロし始めるきっかけでした。結局写真に撮れたのは、この大きな石の上に止まったときだけでしたが、今シーズン初めてですので、うれしくて仕方ありませんでした(子どもみたいで、お恥ずかしい次第です)。いやぁ、それはともかく、カワセミは良いですねぇ。これらの写真は、35mほど先にいるところを、EOSS x-5の250mmズームをいっぱいにして撮り、さらにトリミング処理しました。

Img_4271  1時間ほどウロウロしていた成果は、かなりありました。こちらは、先日、蟠龍櫓側でも見られたイソヒヨドリのメスです。大山田川の護岸に登ったところですが、実は、この直前、この護岸と、堰との間を登っていました。その一部が、次の3枚です。こんなところをよく登るな、と思います。

Img_4264 Img_4268 Img_4269





Img_4237  その直前には、同じ個体だと思いますが、なかなか愛嬌のある様子を見Img_4238 せていました。木の上にも飛び上がったり、あちこち移動したり、追いかけるのはちょっと苦労しましたが、こういうかわいらしい様子を見せられますと、ファンになりそうですねぇ。

Img_4287  これは、橋の下流側で撮ったものです。ハクセキレイがいるのは見えたImg_4288 のですが、それ以外にも、「何か、鳥がいる」と思えて、撮ってみて、帰宅後パソコンで確認して、ようやく分かりました。たぶん、先日、長良川河口堰の親水公園でも見たイソシギだろうと思います。河原の石ころと同じような色で、保護色のようになっていて、見分けにくかったということです。左の写真は、ピントはやや甘くなってしまいました。右の、お尻からの写真の方がきれいに写っています(イソシギには失礼のような気もしますが……)。

Img_4279  次に、こちらは、モズのオスでした。大山田川を挟んだ、対岸のお宅のImg_4280 フェンスに止まって、鳴いているのでカメラを向けたという次第です。40m弱の距離でしたでしょうか。これも、オレンジ色は見えたのですが、その場では誰なのか、よく分かりませんでした。左はピントが甘いもので、証拠写真です。右は、これまた後ろ姿ですが、この方がピントはまだマシです(別に、お尻が好きだとか、後ろ姿の方が好みだということはありません)。

Img_4258  ここでは、これらの他、上空をサギが飛んでいくのが見えました。嘴の先端がわずかに黒いようにも見えます。足の指も黒いようですから、チュウサギではないかと思います。サギの飛ぶ姿は、優雅です。

Img_4230  また、カワセミの止まっていた大きな石がある堰には、2羽のカモ。嘴も、Img_4228 足も黒っぽいので、オナガガモのメスではないかと思いますが、カモの区別はけっこう難しいものが多いので、自信はありません(苦笑)。

Img_4177  ところで、時間的な順序としては逆になりますが、散歩の往きに、福島地内の水田で、これまた久しぶりにケリを見かけました。写真には1羽ずつしか写っていませんが、2羽いましたので、つがいかも知れません。ケリも、以前からこのブログの読者でいらっしゃる方には、おなじみでしょうが、この福島地内にはよく飛来してきています。

Img_4174  このケリは、アオサギ同様、かなり神経質な鳥で、近づくとすぐに逃げられます。最初は、60mほど離れて撮っていましたが、それでも逃げられました。その降り立ったところに近寄り、駐車していた車の陰から(20mほどのところ)撮影を試みたのですが、またもや逃げられました。こちらは、その2回目に逃げられたときの姿です。飛んでいるときの姿といいますか、飛んでいるときに見える羽や体の色は、かなりかけ離れています。飛んでいるときの方が、派手ですが、これでは見つかりやすいでしょうね。

Img_4307  そして、帰り道。また同じあたりを通ってきたのですが、やや遠く、南東の空に、弧を描くように飛ぶ大きな鳥が見えたのです。この写真、大きな鳥だからではありませんが、大トリミングをしています。すぐに頭に浮かんだのは、三橋美智也の「夕焼けとんび」の一節。 ♫夕焼空が マッカッカ とんびがくるりと 輪を描(か)いた ホーイのホイ♪ でありました(古いですねぇ、私も。自分でもそう思います)。この歌、調べてみましたら、昭和33年(1958年)の発売です。小生、御年3歳。たぶん、父親がラジオでよく聞いていたのでしょう。

Img_4310  パソコン画面で拡大してみる範囲では、トビのように見えますが、肉眼ではかなり遠くでしたので、これまた確信は持てません。猛禽類であるのは確かそうに見えます。野鳥図鑑によれば、トビは、留鳥で、単独または小集団で、気流に乗って上空を滑空もしくは、旋回すると書かれていましたから、トビのように思います。子どもの頃、実家の方でよく見た記憶があります。

 さらに、ここでも白いサギが上空を飛んでいきました。今度は、嘴の全体が黒っぽく、足Img_4301 の指は黄色く見えますので、コサギでしょう。なんだか、去年までよりは、このあたりでサギが飛んでいるのをよく見るようになった気がします。気のせいでしょうか、それとも、今までは、下ばかり見ていて、あまり上を向いていなかったためでしょうか?

 と、このように、今日は、福島地内から、大山田川・沢南橋へ散歩に出かけて良かったということです。いやぁ、ますます野鳥撮影にはまり込みそうですねぇ(笑)。


|

« 今日のアオサギはちょっとヘン、そして、小生には、ガールフレンドができたか?! | トップページ | 友人にどういう感情を抱いていますか? »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
カワセミは、山の中の清流に棲んでいるというイメージがありますが、我が家の近くにもけっこう出没しますよ。九華公園で見たこともありますし、我が家の裏、諸戸氏庭園との間の水路や、福島ポンプ場の池、修徳小学校近くの水路など、あまり綺麗でないところでも、護岸の上に佇んでいることもあります。
それと、カワセミの写真を撮ってしまうと、鳥撮りにはまり込んでしまう恐れがありますよ。かく申す私が、そうでしたから(笑)。それはともかく、是非トライしてみてください。
私は、きちんと働いている間は、忙しかったこともあり、鳥にも、草花に目を向ける時間や余裕も、興味もほとんどありませんでした。ここ数年で、回らぬアタマでやっとここまで来たような状況です。こころんさんは、まだまだお若いので、私よりも遙かに楽に覚えられるでしょうね。

投稿: mamekichi | 2012年10月 7日 (日) 14時13分

こんにちは
カワセミが見れるなんて羨ましい。
1時間ウロウロした甲斐がありましたね。

まだ見たことありません(^_^;)
綺麗な色の鳥なのでいつかは撮ってみたい被写体です。

いろんな鳥がいるものなんですね。
名前をわかってらっしゃるから区別がついて楽しいでしょうね。

投稿: こころん | 2012年10月 7日 (日) 12時07分

ちーままさん、そうなんですよ。
でも、結果としてということで、これほどという期待はせずに出かけました(その方が良いのかも知れません)。
カワセミは、一度だけではなく、もう一度出てきたのですが、近くに移動しようとしたら、逃げられました。やはり、けっこう神経質のようです。
イソヒヨドリ、ちょっと遠かったので、肉眼ではあまりはっきり見えなかったのですが、あの「護岸登り」、なかなかのものでした。イソヒヨドリが美声の持ち主というのは、初めて知りました。今日も鳴いていたような気はするのですが、それが彼女のものかどうか、定かではありませ。こうなると是が非でも、鳴き声を聞いてみなくてはいけませんね。

投稿: mamekichi | 2012年10月 6日 (土) 21時39分

なんだか豪華絢爛の鳥さんたちですね(^^)
うらやましいことこの上なしです。
イソヒヨドリ。驚くべき登坂能力ですねぇ。なかなか珍しいショットだと思いますよ。
ちなみに、イソヒヨドリはヒヨドリとは大違いの美声の持ち主だと思っています。
聞けると良いですね(^^)

投稿: チーママ | 2012年10月 6日 (土) 19時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日のアオサギはちょっとヘン、そして、小生には、ガールフレンドができたか?! | トップページ | 友人にどういう感情を抱いていますか? »