« いやぁ、楽しかった、こんな気分何年ぶり?……長良川河口堰は、水鳥のパラダイス | トップページ | 中村左洲展(桑名市博物館)へ、イソヒヨドリとまた新しい野鳥(?)も……【付記(10/9)】 »

2012年9月26日 (水)

アオサギも鵜呑みでした(笑)……メジロ、サメビタキ(?)もいました

Img_2894 気持ちの良い日になりました。朝は、18.1℃と少し寒いくらいでしたが、13時には、28.3℃。体調管理が難しくなります。ましてや、夜中に一度、目が覚めてしまいましたので、アタマがボンヤリして、何となく調子がでない気もしましたが、今日も散歩に出てきました。9時半過ぎからほぼ2時間、ワンパターンの九華公園を一周、4.2㎞です。

Img_2847 Img_2848  さて、今日のハイライトは、まずは、おなじみのアオサギでImg_2852 す。場所は、吉之丸コミュニティパークの西の堀です。アオサギにしてはけっこう深いところまで入り込んで、餌を採っていました。これらの3枚でおわかりのように、どうやら努力の甲斐あって、割と大きな魚をゲットしていました。

Img_2861 Img_2862  さらに、ハイライト本番は、ここからです。アオサギや魚がおImg_2863 嫌いでなければ、クリックして拡大してご覧ください。捕まえた魚を飲み込むまでの、一連のシーンをとらえることができました。加えていた嘴をいったん開いて、たぶん下に絡ませたりしているのではないかと思いますが、魚の向きを変え(頭から飲めるようにです)、飲み込み始めるというところです。

Img_2865  そして、直後には、飲み込んでしまっていました。長い喉のどこかを通過しているのでしょう。まさに、タイトルの通り、アオサギも、鵜呑みをしているという決定的なシーでした。丸呑みですから、味わうということはおよそ考えられません(笑)。

Img_2826  今日、このアオサギさんを15分あまり見ていましたが、その間に3度ほど水中の魚を捕まえようとし、そのうち2回は成功していました。左は、上のシーンの直前です。もう1回は、空振りでした。

Img_2841  このほか、もう一度は、なにやら黒っぽいものを咥えかけたのですが、水Img_2842 面から出るか出ないかというところで、離してしまいました。画像を拡大してみても、よく分かりません。カメではなさそうでした。この直後、気持ち悪かったのでしょうか、右のように、なんだか「おえッ」という声がしそうな雰囲気でした(笑)。食べられるものではなかったのでしょうか??

Img_2906  ところで、九華公園では、メジロの群れに出会えました。10羽あまりだとImg_2913 思いますが、割と高い梢をチョコチョコ移動していました。動き回って、なかなかじっとしてくれませんので、写真には撮りにくいのですが、このかわいらしい姿をまた見られると思うと、うれしくなります。

Img_2927  さらに、こちら。いつぞや(9/2)、貝塚公園で見たのと同じ鳥が、再び登場してきました(2012.09.03の「ヤマガラ、カワラヒワと正体不明の野鳥、そして、白いハト……昨日の散歩から」をご覧ください)。ブログでのお知り合いのoneshotさんから、ヒタキの仲間のサメビタキではないかとご教示いただきましたが、同じ鳥だと思います。

Img_2946  こちらは、家と木の陰になってしまい、くらい画像で、しかも背後からの写真で分かりにくいのですが、同じ鳥だと思います。Yachoo!野鳥図鑑へのリンクもご覧ください。よく似ていますので、間違いはないだろうと思います。ただ、野鳥図鑑によって、記述が微妙に異なるのですが、基本的には、「亜高山針葉樹の森で見られる」ようです。「漂鳥で、寒い季節には低山地でも見られるが、よく見られるのは夏のブナ林」と書いてある図鑑もあります。けっこうかわいらしい感じの鳥ですが、鳴き声は、「ギャー、ギャー」といささか賑やかです。こういうとき、身近に鳥見の先達がいてくださるとありがたいのですがねぇ。

 九華公園の外周では、ヤマガラも1羽出てきていたのですが、木の陰で、うまくピントが合いませんでした(涙)。しかし、今年は、ヤマガラが多く見られるかも知れないという気がしてきました。

 先だっては伊勢大橋の北で、また、昨日は、長良川河口堰で、ゴイサギを見ましたので、例の「コロニー」はどうかと思って、春日神社と九華公園の間の中橋のところにも行ってきたのですが、まだここには影も形もありませんでした。

 最後に、「今日のアオサギさんたち」ですが、冒頭の写真のように、九華公園の「新お立ち台」に1羽と、ハイライトの、吉之丸コミュニティパークでの1羽の、計2羽でした。午後になっても、頭のボンヤリが解消しませんので、午睡でもしてから、多少は勉強することにしましょう(笑)。

|

« いやぁ、楽しかった、こんな気分何年ぶり?……長良川河口堰は、水鳥のパラダイス | トップページ | 中村左洲展(桑名市博物館)へ、イソヒヨドリとまた新しい野鳥(?)も……【付記(10/9)】 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんにちは。
メジロは、図鑑を見ますと、留鳥または漂鳥と書いてありますから、年中いるはずですが、私もこの時期に見かけたのは初めてです。冬の終わりから春に普通は見られると思います。
ところで、河口堰へ入る道ですが、中堤交差点のすぐ北にも道はつながっていますが、「車両通行止め」になっています。伊勢大橋東詰の交差点を南に入り、“アクアプラザながら”の駐車場に入れていただかねばなりませんね。
今日(9/27)も、午前中に九華公園から揖斐川堤防を歩いて来ましたが、天気も良くて、絶好の写真びよりでしたよ。「道草計画」が経ちましたら、是非ご連絡ください。よろしければお供させていただきます(笑)。

投稿: mamekichi | 2012年9月27日 (木) 12時17分

こんにちは
鳥のこと詳しくないのですが
メジロって一年中いる鳥なのですか?
春に隣に群れてるの見ました。
夏はどこへ行ってるのでしょうね?

河口堰、地図を見てましたが長島からしか入れないんですか?
中州からは無理でしょうか?
早く、道草したくて・・・ウズウズです(笑)
今日のような青空・・・最高でしょうね(笑)

投稿: こころん | 2012年9月27日 (木) 10時26分

華凜さん
華凜さんのブログのコメント、失礼しました。反射的に書いておりましたので、ご容赦ください。
さて、アオサギさん、危うく見逃しそうになったのですが、視野の端に「なにやら親しみのある姿が……」と気づいて、しばらく見ていて、これらの写真が撮れました。
メジロをこの季節に見たのは、初めてです。おっしゃるように、冬の終わりから春によく見ますよね。留鳥あるいは漂鳥とされますから、1年中いるはずですなのですが。今は、とらえるのも、飼うのも鳥獣保護法違反とやらのようです。お義父様、くれぐれもご注意くださいね。
華凜さんのお近くの公園にも、鳥はたくさんいそうですね。通られるときに、木を見上げてご覧になると、見つけられるような気がします。

投稿: mamekichi | 2012年9月27日 (木) 06時53分

こんばんは。
アオサギさんの丸のみ、激写ですね~。
ちょっとドキドキだけど、クリックしてみました(・∀・)

おえっという顔、確かにそんな風に見えますね(笑)
いろんな表情があって面白かったです。

あと、メジロですがこの季節でしたっけ?
主人の実家によく訪れるのですが春だったような・・・
勘違いかな?
色合いや姿がなんともカワイイですよね。
そういえば、昔飼っていたけど、今はいけないんですって?
義父がそう言いながら捕まえて飼っていましたけど^^;

投稿: 華凜 | 2012年9月26日 (水) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いやぁ、楽しかった、こんな気分何年ぶり?……長良川河口堰は、水鳥のパラダイス | トップページ | 中村左洲展(桑名市博物館)へ、イソヒヨドリとまた新しい野鳥(?)も……【付記(10/9)】 »