« うつ治療、薬害の影 病状悪化後絶たず……中日新聞から  | トップページ | ヒヨドリ、シジュウカラが戻り、肉食系ウチワヤンマは食事中 »

2012年9月 4日 (火)

やはり、朝のブラブラ散歩がよろしいようで……ヤマガラ、アオサギその他

Rimg0038 今朝も涼しい朝となっています。最低気温は、24.5℃。正午現在でも、28.5℃に留まっています。朝が涼しくなったせいか、今日は、朝方、散歩している方が一気に増えていました。小生も、7時40分から10時まで、5.2㎞を歩いてきました。つい先日までは、「暑くなる前に」ということで、7時過ぎ出発としていたのですが、こうしようと思いますと、どうしても朝の支度が忙しくなり、ばたばたしてしまい、時間に追われている感覚がありました。涼しくなってきたこともありましたし、なんといっても、「朝から時間に追われているんじゃ、働いているのと同じだ」と思っていました。それが、たぶん、頭重感、ボンヤリ感にもつながっていたような気もします。

 さて、講釈はこれくらいにして、今日のコースも、いつも通りであります。寺町→内堀南公園→貝塚公園→九華公園→三の丸公園→住吉神社前&揖斐川河畔でした。冒頭の写真は、我が家近くのお宅に咲いていた、時計草(別名、パッションフラワー)であります。英名 passion flower は「キリストの受難の花」の意味だそうです。

Img_0238  まずは、貝塚公園での成果から。曇り空をバックにしましたので、色がきれいに出ませんでしたが、木に止まった姿からは、カワラヒワだろうと思います。元々は、河原にいる鶸<ひわ>というところから来た名前のようです。鳴き声がきれいで特徴的です。「キリリ、コロロ」等と聞こえ、聞き慣れると容易に区別できます。

Img_0241  カワラヒワを撮っているときに、視野に入ってきました。種類までは判別できませんが、サギが6羽、群れをなして飛んでいきました。北から南の方角へ、です。サギが、こういう群れになって飛んでいくのを見たのは、初めてでした。

Img_0252  貝塚公園から九華公園への途中、イチモンジセセリがたくさん花蜜をImg_0248 吸っていました。



Img_0278  九華公園の外周、ちょうど立教幼稚園や、料亭・藤の裏あたりでは、ヤマImg_0279 ガラが3羽、鳴きながら、あちこちの枝を移動していました。枝や葉っぱの間で、ピント合わせには苦労しました。マニュアル・フォーカスにして、ピントが合ったと思ったらシャッターを切りましたが、若干甘いものもあります。

Img_0280  もちろん、ポーズを取ってくれるわけではありませんから、時には、こういImg_0284 うお尻しか撮れないということもあります。右は、料亭・藤の軒下に止まったところです。これもピントが甘く、また、やや暗い感じですので、まぁ、アリバイ写真です(笑)。

Img_0323  ヤマガラは、あまりじっとしていません。九華公園内でも、木から木へと移動するだけでなく、堀を越えて、25m以上も離れたところまで飛んでいきます。こちらは、堀の上を通っている電線に止まったところです。天気が良くて、青空が背景になればもっときれいな写真になったと思うと、ちょっと残念です。

Img_0361  ところで、こちら。カワラヒワかと思って写してきたのですが、どうもムクドリのようです。残念(ムクドリには、申し訳ないのですが……)。それも、先日から、区別ができるようになりましたが、比較的若い個体のようです。これも、マニュアル・フォーカスで撮りました。こういう込み入った背景では、オート・フォーカスでは、駄目ですね。最近、一つ賢くなった次第で、マニュアル・フォーカスが少し使えるようになってきました。

Img_0341  ハクセキレイでしょう。こちらは、花菖蒲園の上を通っている電線に止まっていました。若い個体か、それとも夏用の羽なのかも知れません。背景は、三の丸町内の住宅です。

【今日のアオサギさんたち】

Img_0260  そして、お待たせしました。今日のアオサギさんたちです。勝手に、一時Img_0267 的になるかも知れませんが、アオサギ特設コーナーを作りました(爆)。最初は、二の丸庭園・奥平屋敷跡近くです。小生が勝手に「お立ち台」と呼んでいる場所です。どうも餌を探しているように見えました。このアオサギ、小生が、背後のカラスの鳴き声に気をとられた、ほんの一瞬の間に姿を消してしまいました。

Img_0287  しかし、堀の外周を半周ほどしていくと、アオサギが佇んでいました。例によって、すました顔でババンバンという感じです。先ほどのアオサギと同じ個体だろうと思いますが、確かではありません。このアオサギも、写真を撮っていましたら、対岸の、野球場近くに移動。

Img_0308

 二の丸にいたアオサギと同じだろうと考えたのは、右の写真にありますよImg_0312 うに、やはり、餌を探している風だったからです。ところが、ここで、小生のEOS、バッテリー切れを起こしてしまいました。後ろを向いてバッテリー交換をして、「さぁ、続きを!」と勢い込んで振り返ったのですが、なんと、アオサギは、おばあさんに変わってしまっていました! というのは、嘘とまでは行きませんが、大げさ。アオサギのいたはずの場所のすぐ上の、堀沿いの道からおばあさんが、アオサギがいたあたりを覗き込んでいたのでした(爆)。たぶん、アオサギに気づいて、覗き込まれたのでしょう。それでアオサギは、逃げた、ということでしょう。

Img_0353  そして、いつもの、鎮国守国神社横の「新・お立ち台」には、1羽のみが留守番しながら、羽づくろい中でした。向かって左側の、いつもの枝です。

Img_0372  今日のアオサギさんたちも、最後であります。揖斐川沿いに2羽並んでいImg_0374 ました。写真は、住吉神社前の階段を下りて撮りました。アオサギがいるのは、右の写真をご覧ください。蟠龍櫓<ばんりゅうやぐら>のすぐ近くなのです。昨日夕方の散歩の時もいたところです(9/3、そして、夕方散歩……雲が面白い)。「新々・お立ち台」になるかも知れません(笑)。

【おまけ】

Img_0232  貝塚公園で撮影しました。愚息に見せたところ、「セミが土下座をしている」などと、とんでもないことをいっていました。もちろん、そうではありません、木から落ちて、お亡くなりになっていたのです。偶然こういう状態になったのでしょうが、それにしても……と思った次第であります。

 頭重感や、ボンヤリ感は、多少軽い感じです。スロー散歩と、涼しさのおかげでしょう。一休みしてから、少しは勉強でもすることにいたします。

|

« うつ治療、薬害の影 病状悪化後絶たず……中日新聞から  | トップページ | ヒヨドリ、シジュウカラが戻り、肉食系ウチワヤンマは食事中 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
白い花は、ニラの花でしょうね。野鳥も、草花も50代に入ってから写真を撮るようになって、勉強していますので、なかなか覚えられませんが……(苦笑)。
そして、アオサギ。どうも九華公園や、住吉神社の前に出かけると、出会う運命にあるようです。夏場は、日陰の多いところに散歩したいということで、九華公園ばかり行っているためもあり、アオサギばかりになりました。しかし、今まで、あの場所にいつもいるということはなかったように思います。
ところで、菖蒲園の手間の檻、おっしゃるようにクジャクがいましたね。子どもたちが小さい頃、よく連れて行きました。ステージでは、愚息が、NHKの番組で放送していた「僕らのロコモーション」という歌を振り付きで歌っていた、我が家には思い出の場所です。
ヒーローショーや、鵜飼いは知りませんでした。桑名に来て、20年目ですが、それ以前のことなのでしょうか? 見てみたかったですね。

投稿: mamekichi | 2012年9月 4日 (火) 20時23分

こんにちは
白いお花はたぶん、ニラなのかな?
うちにも同じ花が咲いてます。
ネギ坊主みたいにニラも放っておくと花が咲きます。
今日もアオサギさん元気ですね。
特設コーナー賛成です(^◇^)

幼稚園に行く前ぐらいでしたか、
菖蒲園へ行く手前に檻がありますよね?
そこに昔、孔雀がいました。今は鶏ですね(><)。
更に先へ行くとステージみたいなのがありますが、
ここでヒーローショーを見た覚えがあります。
金魚祭りも出店が多く、たくさんの人で賑わっていい時代でしたよ。
催しだったのか、一度だけお堀で夜鵜飼を見たこともあります。

投稿: こころん | 2012年9月 4日 (火) 17時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うつ治療、薬害の影 病状悪化後絶たず……中日新聞から  | トップページ | ヒヨドリ、シジュウカラが戻り、肉食系ウチワヤンマは食事中 »