« 中村左洲展(桑名市博物館)へ、イソヒヨドリとまた新しい野鳥(?)も……【付記(10/9)】 | トップページ | 神出鬼没なアオサギに振り回され、ヘトヘト(涙) »

2012年9月28日 (金)

諸戸氏庭園にヤマガラが現れる!

Rimg0053 今日11時過ぎの揖斐川と長良川河口堰の眺めです。風は2m/sほど、川の流れもなく、海でいえばちょうど凪のような印象です。気温は、26~27℃くらいで、少し暑いくらい。青空には、ほとんど雲はありません。この川面を眺めていますと、気分が落ち着きます。

Img_3195  さて、こちらは、昨日、倒木対策として、切られていた諸戸氏庭園の松の木Rimg0060 です。あれからも、上の方の太い幹が切断されたようです。別角度から撮った、右の写真の方がよく分かりますが、これで市道へのはみ出しは、なくなりました。よく見ますと、かなり古い、切った後もありますから、以前にも同じようなことがあったと推測できます。ただ、本日は、このはみ出し云々についてではなく、左の写真の、左隅に○をつけましたが、ここで、ヤマガラを発見したのであります!

Img_3196  ピンぼけ(屋根瓦にピントが合っているのですが)の上に、手前の雑草が被った、不出来な写真ですが、ヤマガラに気づいImg_3199 て、カメラを向けそのままシャッターを切ったものであります。このヤマガラ、いったん少し離れた別の木へ逃げてしまったのですが、その直後、小生がいたところから、わずか3~4mのところにある桜の木に戻ってきました。これも、ちょっとばかり枝が被ってしまいましたが、今日のヤマガラの写真としては、もっともよく撮れたものです。

 貝塚公園や、九華公園に続いて、これで、拙宅のすぐ前の諸戸氏庭園でも、ヤマガラが見られることになりました。ありがたいことですねぇ。また、楽しみができました。

Rimg0007  ところで、今日の散歩は、9時頃から、11時半くらいまで、寺町→内堀南Rimg0013 公園→貝塚公園→九華公園→住吉神社・揖斐川堤防の、ワンパターン・コース、ちょうど5kmです。内堀南公園では、ヒガンバナが咲いていましたし、貝塚公園の向かいの立教小学校では、低学年か、併設された立教幼稚園の子どもたちか、運動会の練習をしているようでした。運動会は、9月30日(日)に延期されています。台風17号が接近してくるようですが、何とか、今日のような好天の青空の下で運動会ができるといいですね。

Img_3129  今日は、貝塚公園、九華公園とも、ムクドリやヒヨドリ以外の野鳥は、見かけませんでした。ただ、貝塚公園で、このシジュウカラが出てきただけでした。このため、「今日の散歩は収穫なしか」と思ったのですが、最初に書きましたように、我が家の前まで戻ってきたところで、思わぬご褒美があったというわけです。

Img_3114  そのほかには、寺町堀沿いで、こちらのキジバトさんに出会ったのと、諸Img_3188_2 戸氏庭園近くで、仔猫がいたくらいでした。写真は載せませんでしたが、昨日も九華公園の外周遊歩道で、仔猫の鳴き声がしていました。

Img_3198  しかし、これだけ、今の時期から毎日、シジュウカラだ、ヤマガラだ等々、いろいろな野鳥に出会えるとうれしくなりますし、この冬が楽しみになってきます。時期的には、そろそろ渡りの鳥が入り始める頃なのかも知れません。

【本日のアオサギさん】

Img_3151  九華公園は、「新お立ち台」の右に1羽のみでした(左の写真)。また、蟠龍櫓下の揖Img_3174 斐川沿いにも、1羽(右の写真、赤丸の中)。揖斐川では、アオサギの手前に、カワウが2羽でした。

Img_3172  揖斐・長良川の中洲には、白いサギたちと、少なくとも1羽のアオサギが見えました。先だって、河口堰から見たように(2012.09.25 いやぁ、楽しかった、こんな気分何年ぶり?……長良川河口堰は、水鳥のパラダイス)、中洲にやはりたくさんいるようです。

 それと、アオサギの個体識別というのができないものか、と思っています。しかし、人間が鳥の顔や、姿形を区別するのは、難しいんでしょうね。格別の特徴でもあれば、別なのでしょうが……。

|

« 中村左洲展(桑名市博物館)へ、イソヒヨドリとまた新しい野鳥(?)も……【付記(10/9)】 | トップページ | 神出鬼没なアオサギに振り回され、ヘトヘト(涙) »

季節」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、こんばんは。
今日は、そうです、三八市でした。賑わっていましたよ。
おっしゃるとおり、見られる鳥の種類が増えてきました。全くの印象ですが、私がデジカメ散歩を始めて7年くらいになりますが、もっとも早くから、そしてもっとも鳥の種類が多い年のような気がします。年によってこれら、違いがある感じです。
留鳥といわれる鳥も、戻ってきているようですし、これからは、渡り鳥や、冬鳥が次第に見られるようになると思います。
こころんさんも、メジロをご覧になりましたか? そういえば以前のブログでも、ご自宅でしたか、メジロが出てきた写真を載せていらっしゃいましたね。

投稿: mamekichi | 2012年9月28日 (金) 20時38分

こんにちは
今日は三八ではなかったですか?
賑わってましたか?
鳥の種類が増えてきましたね。
鳥の名前をあまり知らないので勉強になります。
そうそう、今日、メジロが木に群れでいるのを見ましたよ(^-^)。
鳥たちも過ごしやすくなってきたんですね。

投稿: こころん | 2012年9月28日 (金) 17時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中村左洲展(桑名市博物館)へ、イソヒヨドリとまた新しい野鳥(?)も……【付記(10/9)】 | トップページ | 神出鬼没なアオサギに振り回され、ヘトヘト(涙) »