« 堀越学園(群馬県)の解散命令検討……文科省 | トップページ | 秋らしくなりました……モズにも遭遇、サギたちのパラダイス、それに案山子 »

2012年9月21日 (金)

9/11以来の散歩は、ご褒美多し……シジュウカラ、コゲラ、ノシメトンボ、ウスバキトンボなど、しかも綺麗な画像(自画自賛が過ぎますが)

Img_1539 お陰様で、フラツキ、ボンヤリ感、頭重感ともに軽減してきました。もう大丈Img_1616 夫だろうと考え、今日から散歩を再開いたしました m(_ _)m  9月11日(火)以来です。朝8時40分から2時間半あまりをかけて、久しぶりなのに5.2㎞も歩いて来てしまいました。間が空いたのに、これだけ歩くと、さすがに、いささか疲れましたが、それに勝るご褒美がありました。野鳥と、昆虫であります。最初の写真は、シジュウカラ。貝塚公園で他の木を眺めていましたら、わずか4~5mのところに登場してくれました。また、少し歩を進めたところでは、頭上から、「コンコンコン」と木を叩く音が聞こえてきたではありませんか。それが、2枚目のコゲラです。コゲラは、キツツキの仲間です。どちらも、他の枝に隠れたりせず、クリアに撮れました。珍しいことで、まさにご褒美です。

Rimg0061  さて、今日は、天気もよいのですが、湿度も低いようで(15時で61%)、割とImg_1452 サッパリしており、これだけ歩いて来ても、わずかに汗ばんだくらいです。気温も、20.8℃~28.0℃と過ごしやすくなっています。今日の5.2㎞散歩、明日が彼岸の中日ですので、まずは、桑名別院本統寺にお参り。寺町商店街には、来月の御台所祭のためでしょうか、右のような、大きな鶴の折り紙が飾られていました。その後、常信寺で萩の花を撮影し、貝塚公園から、九華公園、七里の渡し跡、住吉神社(左の写真)と回ってきました。

Img_1524  シジュウカラは、ちょうどスズメくらいの大きさで、公園や我が家の近くでもImg_1528 比較的よく見られます。しかし、冒頭にも書きましたが、枝かぶりもなく、これだけの至近距離で撮影できるのは珍しいことです。フラッシュも光ったのですが、すぐに逃げもせず、良い写真を撮らせてくれました。鳴き声は、「ツゥーピーというのを繰り返します。

Img_1659  また、このコゲラもシジュウカラと同じくらいの大きさの鳥です。コゲImg_1600ラは、頭のてっぺんが赤いのがオス、白っぽいのがメスですから、この個体はメスでしょう。「ギィー」というような鳴き声と、木を叩く音で分かります。最初に書きましたように、本当に「コンコン」とよく響く、いい音がします。コゲラも、よく動く鳥ですので(木を叩きながら移動します。木を叩くのは、餌を探しているのでしょう)、これだけきれいに撮れるのは、やはり珍しいことです。コゲラだけで数10枚、撮ってきました(笑)。

Img_1560  他に、貝塚公園では、カワラヒワが数羽。こちらは、高い木の上の方に止Img_1552 まることが多いので、EOSの250mmズームでトリミングしても、これらの2枚くらいです。もっとトリミングすると、画像が粗くなりそうでした。カワラヒワも、今日の両公園や、拙宅の近所でも普通に見られます。鳴き声は、「ルリルリルリ」という感じです。大きさは、やはりスズメ程度。

Img_1684  九華公園の外周の遊歩道脇の料亭の軒下には、ハクセキレイが鳴いていました。ちょうど日陰になっており、画像は今ひとつクリアには撮れなかったのが残念です。ハクセキレイは、水辺に多いのですが、街中や、道路でも普通に見かけるようになりました。体そのものはスズメくらいの大きさですが、尾が長いのが特徴。

Img_1496  ところで、かなり過ごしやすくなってきましたが、まだ、チョウやトンボなど昆虫もあちこちで見られます。内堀公園近くの路上で、ツマグロヒョウモン(オス)が、ニラの花で吸蜜中のところ。蜜を吸いながら、羽をゆっくりと開いたり、閉じたりします。

 次いで、こちらは、キアゲハです。夏を越した個体なのでしょう。かわいそうに、羽がくたびImg_1492 れています。アゲハチョウとにているのですが、こちらキアゲハは、羽の付け根あたりが黒くなっています。それぞれ、昆虫エクスプローラにリンクしておきましたので、リンク先で画像を比較してご覧になるとよくおわかりいただけます。

 続いて、トンボたち。シオカラトンボ、ウチワヤンマ、ギンヤンマの姿もまだあちこちで見られました。しかし、やはり、しばらく間が空きましたので、とくに飛んでいるところは、とても、撮れませんでした。アキアカネのホバリングも撮影に挑戦したのですが、とてもお見せできる代物にはなりませんでした。ボケボケの写真で、ちょうど今の小生のアタマの回り具合のようでありました(爆)。

Rimg0027  その代わりに、こちら、おそらくノシメトンボだと思います。アキアカネと並Rimg0025 んでよく見られると、Wikipediaには説明されています。貝塚公園で撮りました。ここに載せた3枚は、Richo CX-3というコンデジで、マクロを用い、なんと20cmあまりまで近づいて撮れました! トンボや、チョウは、うまく接近すると、割とこちらを気にしないでいてくれます。「どうやるの?」と聞かれるでしょうが、現時点の小生のスキルでは、残念ながら、言葉では説明不能です。強いていえば、「体で覚えました」ということです。

Rimg0030  実は、このノシメトンボ、EOSでも撮ったのですが、コンデジで撮ったこちらの方が、遙かに良い画像でした(笑)。マクロ機能と、小回りが利いたお陰かも知れません。ノシメトンボ、漢字で書くと「熨斗目蜻蛉」だそうです。Wikipediaによれば、「成虫の腹部の黒い斑紋が熨斗目模様に似ていることに由来する」ということでした。

Img_1651_2  そして、こちらは、撮っているときはアキアカネかと思ったのですが、昆虫エクスプローラで調べたところ、どうやらウスバキトンボ(薄羽黄蜻蛉)のようでした。これは、EOSで撮りました。フォーカスだけ、マニュアルです。昆虫エクスプローラの説明によれば、「アカトンボに似ているが、やや大きくて、翅の幅が広めの、くすんだ黄色のトンボ。全世界の熱帯・亜熱帯で見られる。日本には初夏の頃に、南の国からやって来て、どんどん北に向かって分布を広げるが、冬は越せずに死んでしまう。秋に個体数が多くなる。学校のプールでもよく発生する」ということでした。Wikipediaでは、わざわざ「いわゆる『赤とんぼ』の一種ではない」と注意書きが書かれていました。ひょっとすると、小生が、今までアキアカネと思っていたトンボのうち、かなりのものがこれかも知れません。何事も奥が深いです。

 さらに、参考までに(自分のためかも知れませんが……)、Wikipediaの説明を引用しておきます。

成虫の体長は5cmほど、翅の長さは4cmほどの中型のトンボである。和名のとおり翅は薄く透明で、体のわりに大きい。全身がうすい黄褐色で、腹部の背中側に黒い縦線があり、それを横切るように細い横しまがたくさんある。

Img_1712  最後は、ツクツクボウシです。昨日も、病院の裏手で鳴いていましたし、今日も、貝塚公園でも、九華公園でも鳴いていました。どちらかというと、木の方にピントが合ってしまっていますが、まぁ、証拠写真です。ご存じ、晩夏から初秋に発生するセミです。

 と、久しぶりに出かけましたが、実り多い散歩でした。地井武男さんの「ちい散歩」ではありませんが、「皆さぁ~ん、散歩に出かけましょう。散歩って良いですよ」といいたくなりました(笑)。明日からは、ペースを戻して、天気が良ければ、午前中に散歩という生活スタイルに、と思っています。

【今日のアオサギさんたち】

Img_1726 Img_1722  まず九華公園の「新お立ち台」には、1羽が身繕い中でした。右側のお立ち台でです。左側は、本日は、お留守。二の丸跡の「旧・お立ち台」には、いませんでした。


Img_1759  揖斐川沿いでは、蟠龍櫓の下の堤防のところに1羽が佇んでいました。Img_1757 今日は、歴史を語る公園他には行っておりませんので、そちらは不明ですが、ということで、2羽を確認です。

|

« 堀越学園(群馬県)の解散命令検討……文科省 | トップページ | 秋らしくなりました……モズにも遭遇、サギたちのパラダイス、それに案山子 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

こころんさん、おはようございます。
お陰様で、散歩復活、できました。我が家から、寺町を南下して、桑名港の交差点から貝塚公園、九華公園と一回りしてきますと、大体5㎞前後になります。これを2時間以上かけて歩きますので、まさにブラブラ歩きです。
ところで、我が家は、実家が真宗大谷派ですので、お彼岸などには、別院さんにお参りすることにしています。桑名の方は、「ご坊さん」と呼ばれるんですね。20年近く住んでいますが、まだまだ「桑名人」になりきれないようです(笑)。
野鳥たちは、これから秋が深まるにつれて、冬鳥や渡り鳥たち(一部は重なりますが)が増えてきて、楽しみも多くなります。こころんさんのところであれば、お庭にもやってくるのではないでしょうか?

投稿: mamekichi | 2012年9月22日 (土) 06時41分

華凜さん、おはようございます。
実は、いきなり長く歩きすぎて、足が痛くなりましたcoldsweats01 ホドホドがよろしいと改めて実感下次第です。
昨日の散歩、ご覧いただいたように、野鳥、昆虫ともに割と綺麗に写真が撮れて、満足しています。華凜さんのお宅の下の公園でも、きっと昨日私が見たような野鳥がいると思いますよ。また、余裕がおありの時に探してみてください。
それと、アオサギさん。なんだか気になる鳥です(笑)。クールなようで、それでいて何となくこちらを気にしている、そんな気がします。それに、いったい何羽いるのか、というのも気になって仕方ないのです。
どうぞ、引き続き、ご覧くださいね。

投稿: mamekichi | 2012年9月22日 (土) 06時36分

こんばんわ。
散歩に出られて、たくさんの写真が見られて
嬉しく感じました。
あまり無理はなさらないでくださいね。
5.2キロてすごいですね。
うちから、カインズより遠い(^-^;
なかなか歩ける距離じゃないです。

ごぼさんを参られたんですね。
少し涼しくなって鳥や虫も動きやすくなったのかな。
たくさん出会えて楽しいですね。
アオサギさんもお元気そうで(^-^)

投稿: こころん | 2012年9月21日 (金) 21時09分

こんばんは。
きれいなお写真がいっぱい撮れたようですね。
気持ちが軽いと、外のいろんな景色にも自然と目が行く気がします。体調が悪いとそれどころじゃなかったり・・・
たくさんの鳥や虫がいますが、やはり、最後はアオサギさんなんですね(・∀・)
特設コーナーですもんね^^
また拝見しに来ます^^
ではでは~♪

投稿: 華凜 | 2012年9月21日 (金) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 堀越学園(群馬県)の解散命令検討……文科省 | トップページ | 秋らしくなりました……モズにも遭遇、サギたちのパラダイス、それに案山子 »