« 一日早々うっかり | トップページ | 祭直前、散歩では、トンボとアオスジアゲハ、ハトの水浴び »

2012年8月 2日 (木)

アオサギに根負け……真夏の鳥たち@九華公園【トンボの種類、訂正します】

Rimg00522 今日も、快晴。13時半現在の気温は30℃、湿度74%で、体感気温は、37度Hiroshige055 だそうです(AccuWeather.com)。しかし、このところの常ですが、室内や、木陰は風が通り、それなりに涼しく感じられ、エアコンなしでも過ごせています。冒頭の写真は、多少はバリエーションを付けようと思い、今朝の蟠龍櫓を撮ってきました。蟠龍櫓といってもお分かりにならない方も多いかと思いますが、実は、広重の東海道五十三次、桑名に登場しています。右の画像に描かれている桑名城の櫓が、蟠龍櫓です。写真の蟠龍櫓は、もちろん近年になって復元され、ポンプ場の管理事務所を兼ねています。「蟠龍」は、天に昇る前のうずくまった状態の龍のことだそうです。龍は水を司る聖獣として中国では寺院や廟などの装飾モチーフとしても広く用いられています。蟠龍櫓についても、航海の守護神として、この櫓にも据えられています(ただし、この写真では、櫓の右側にありますので、写っていません)。

Img_6302  さて、今朝も、7時20分くらいから9時半過ぎまで、九華公園まで往復してきました。公園内をウロウロしましたので、合計4.0キロ、またまた汗びっしょりになりました。しかし、朝一番に汗をかくのが、却って体調には好影響を及ぼしているようで、今のところ、夏バテには至っていません(もっとも、普通の皆様のように、普通に仕事に従事している訳ではありませんので、比較は無理です)。散歩の帰り、吉之丸コミュニティパークでは、写真のように散水が行われておりました。ここに水浴びに入りたい……。

Img_6179  暑くなってからは、野鳥の類いに出逢えることはほとんど期待しないで散Img_6193 歩をしておりましたが、今日は、珍しく、アオサギがいました。その場所は、地元の方にしかお分かりいただけませんが、堀の南、立教小学校に近いところです。久しぶりでしたので、ちょっと粘って、アオサギのいろいろな様子を撮ることにしました。

Img_6217  しかし、このアオサギは、冬でもそうですが、じっとしていて、余り動き回るということがありません。左の写真は、私が見たときに最初にいた岩から、すぐ近くに移動を始めたところです。私が、アオサギを見つけたのが、8時40分ころ。移動を始めたこの左の写真を撮影したのが、8時59分でした。実に我慢強いというか、何というか。動きません。

Img_6258  上の写真のすぐあとくらいに撮ったものです。ここでも、多少キョロキョロImg_6292 したり、身繕いをしたりで、大きな動きはありません。私もずっと診ているのも疲れるものですから、途中で、カメを捕ったり、オニヤンマウチワヤンマを撮ったりしながら、観察を続けます。しかし、木陰だったところがドンドン日向になっていき、暑さも増してきます。

Img_6294  「もう限界!」と思って、私の方が、帰り支度をして、歩き始めたとたん、ご覧のように、アオサギも飛び立ちました。まるでこちらの様子を見ていたかの如く、であります。やられました。アオサギと根比べをして、見事に負けた、という感じです。この間、40分ほどです。今度からは、小さな椅子と、カメラの三脚をもってきた方がよいかも知れません(笑)。何だったら、弁当や、おやつも……。

Img_6124  ところで、今日は、夏にしては珍しく他にも鳥たちが撮れました。まずは、Img_6129 九華公園の管理事務所あたりでは、カワラヒワです。当初、肉眼では、カワラヒワに似てはいるけど、羽根の色が違うような気がしていました。夏で、冬バージョンとは異なっているのかも知れません。PCに取り込んで、拡大して見て、カワラヒワに間違いないだろうと判断した次第。

Img_6322  カワラヒワと言えば、時間的に前後してしまいますが、散歩の終わりかけ、諸戸氏庭園まで戻って来たとき、頭上から鳴き声が聞こえてきました。例によって、あの涼やかな、美しい鳴き声です。電線に一羽のみ。真夏には数は少ないものの、このあたりにもいるということです。

Img_6142  話を戻して、九華公園の野球場。今日は試合はないようです。外野にImg_6120 は、ムクドリの群れが集まって、食事中のようです。この写真は、部分的で、実際には、この3~4倍はいました。右は、この野球場に行く前に公園内の別の場所で見かけました。ムクドリが、カエルか、虫か何かを咥えています。ちょっと判別がつきません。お嫌いな方は、決してクリックしないでください。写真が拡大されますから m(_ _)m

Img_6112  公園内では、数は多くありませんが、ハクセキレイ達もよく見られます。Img_6137 左は奥平屋敷跡で、右は、公園内野球場で撮りました。野球場で撮った方は、外野のフェンス越しに撮りましたので、よく見ますと、フェンスの水色の金網ガボンやりと映り込んでしまっています。ご容赦ください。

 このところ、いつもワンパターンの散歩で、写真もワンパターンだなぁと思っておりましたが、今日は野鳥達に助けられました。

Img_6253  アオサギを捕っているとき、目の前を何度も、オニヤンマウチワヤンマが飛んでいました。どうやら、雄のオニヤンマウチワヤンマと、雌のオニヤンマウチワヤンマのテリトリーの境目に小生は立っていたようでした。見るともなくみていますと、ときどき、雄と雌がであって、じゃれ合っているように見えました。それと、最近気づいたのですが、どうやらテリトリー内をまるでパトロールするかのように、往復飛行をしているように見えます。

Img_6284  このオニヤンマウチワヤンマ、飛んでいるところを何とか撮れないものかと挑戦してみImg_6285 ました。EOS kiss x-5には、スポーツ・モードがあります。それに設定して、トライした結果が、これらの2枚です。これらはもちろん、「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」方式で、数10枚撮影した中から選んだものです。といいますか、この2枚しかピントがあったものはなかった、のです(笑)。それにしても、オニヤンマウチワヤンマの飛び姿、喩えが余りよくないのですが、戦闘用のヘリコプターか、ちょっとした爆撃機のイメージです。重量級にして、かつ、飛行性能抜群というイメージであります。

 今日は、このほか、セミは案外よく、木から木へと移動するというシーンも撮れないかとチャレンジしたのですが、こちらはうまく行きませんでした。またトライしてみます。

 ということで、初めの方にも書きましたように、散歩時間を早め、いろいろと活動する前に一汗も、二汗もかいて、さっぱりするということが、今のところはプラスに作用してくれているようです。とくに夏バテ、という感じはしていません。このままのペースで、暑さを乗り切りたいと思います。

 ただ、アタマの働きは、暑さのせいでやや鈍っているようです。アタマの働きが鈍りますと、まだ、少々フラついたり、ちょっと込み入ったことを考えたり、専門書や論文を読もうと思うと、まだまだ昔のようにはスムーズにはいきません。この点は、遠慮せずにエアコンを使いますと、かなり解消されます。去年の夏のtこを思い出しますと、かなり調子はよいといえるでしょう。

【付記】 この日のトンボ、オニヤンマのメスと信じ込んでいましたが、チーママさんのご指摘により、ウチワヤンマであることが判明しました。いつもながら、まだまだ修行が足りません。過去数回のブログでも間違えたままですので、可能な限り訂正をしたいと思います。他にもミスを犯しているかも知れません。お気づきでしたら、ご指摘くだされば、ありがたく存じます。チーママさん、ご指摘、ありがとうございました(2012.08.03)。

 ウチワヤンマについては、昆虫エクスプローラや、こちらをご覧ください。

|

« 一日早々うっかり | トップページ | 祭直前、散歩では、トンボとアオスジアゲハ、ハトの水浴び »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、ご指摘ありがとうございました。
オニヤンマのメスと信じ込んでいましたが、改めて調べてみましたら、ご指摘通り、ウチワヤンマのようでした。単純に知識不足、確認不足なのですが、「奥が深い」と思えてしまいます。
それと、毎日毎日同じところをウロウロしていますが、よくよく見ると、また、多少とも見る目が出来てきたのか、いろいろ新しい生き物たちにも出会いますし、既知の生き物でも新しい面に気づくようになりました。どういう訳か、私の行動範囲では、同趣味の方には、出逢えていません。身近に先達がいてくださるとありがたいと思うのですが、まあ、まだまだ先はありますし、間違いも犯しながら、学んでいくのもありかという気持ちでいます。カメラの使い方も、同様です。少しでも進歩できるよう、見守ってください(苦笑)。

投稿: mamekichi | 2012年8月 3日 (金) 05時17分

みーお嬢様
私もそうでしたが、調子がよいとついついやり過ぎてしまうんですよね。どうも、うつの方にある程度共通する行動パターンのようです(性格とまで言えるかどうかは、分かりませんが)。お休みになるのも、小生の経験からは、なるべく「早寝早起き」の方が、よろしいかも知れませんよ。慎重に体調を見極め、少しスローかも知れないと思うくらいが、私の場合、ちょうどよかったと思います。
みーお嬢様のところからも飛行機がよく見えますか。わが家と同じく、飛行コースの下あたりになるんですね、きっと。
ところで、うつ本の件。こういうことが知りたいというようなことはありませんか?せっかくの機会ですから、当事者や家族の方、そして、専門家にも、本当の苦しさ、つらさ、必要な支援の一端について知ってもらえるものにしたいと思っています。

投稿: mamekichi | 2012年8月 3日 (金) 05時10分

おやおや? ひょっとしてウチワヤンマではないかしら? 
ちょっと検索して、画像を比べてみてくださいな。お尻の先がポイントです。 
イヤーなかなか良い人たちとお会いになりますねぇ。
カメラの腕もますます御上達ですし(いくら性能が良くても、頓着しなければただのカメラと同じですから)、楽しみが膨らむばかりですね。

投稿: チーママ | 2012年8月 2日 (木) 21時56分

最近、調子が良かったせいか断捨離を一生懸命してました。
最近、寝るのも遅かったし、昨日は5時までお昼寝してしまいました。ダーリンに、自分で加減して仕事しなさい。と起こらました。つい調子が良いと、いろいろ出かけたりしてしまうから、駄目なんですね。夏バテもあるのかな。
セントレアに変わってから、我が家から飛行機が良く見えます。
先生、綺麗に飛行機とれてましたよ、さすがです。先生のうつ病の本の出版、秘書・患者として楽しみにお待ちしております。久しぶりに頓服薬飲んでおきました。

投稿: みーおばさん | 2012年8月 2日 (木) 20時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一日早々うっかり | トップページ | 祭直前、散歩では、トンボとアオスジアゲハ、ハトの水浴び »