« 散歩には行き、その後は、リカバリ継続中【写真追加しました(8/19、19時)】 | トップページ | 少年の心に戻れる光景 »

2012年8月20日 (月)

朝夕はやや涼し、アオサギ2羽、中学生の野球大会に、藁の楯ロケ(大沢たかおさん来る)【フィルムコミッションのメッセージ(写真)を追加しました、8/24】

Img_8668 日中は相変わらず暑いものの(15時に32.5℃でした)、朝夕は過ごしやすくRimg0149 なってきました。今朝は5時に起きましたが、24.4℃だったようです。気温もさることながら、風が涼しくなった感じがします。最初の写真は、この涼しさとはちょっと合いませんが、揖斐川沿いの、旧本陣である船津屋さんの裏手で撮影したウチワヤンマです。別にウチワヤンマが好きだということでもありませんが、このところやたら目にするようになりました。2枚目の写真(右)は、散歩から帰ってきて、我が家の前にある諸戸氏庭園を、惣構堀越しに撮ったものです。我が家のマンションは、このすぐ左手であります。

Rimg0088  さて、今日も、散歩でスタートいたしました。7時半から10時前まで、4.6キロです。いつもより時間が、少し長めでしたが、これには理由があります。後で取り上げますが、九華公園の野球場で中学生の大会が開かれており、それに見入ってしまっていたからです。コースは、七里の渡し跡から、いつもとは異なり、旧東海道を通って、歴史を語る公園に出て、そこから九華公園に回ってみました。左は、その歴史を語る公園ですが、是非ともクリックして、拡大の上、よくご覧ください。

Img_8513  私自身、上の3枚目の写真を撮ったときには全く気づかなかったのですが、民家の上に、アオサギが2羽、そろい踏みでした。3枚目の写真を撮った後、いつものようにトンボでも撮ろうと思い、木陰のベンチに腰を下ろして、ふと見上げましたら、ビックリ!でした。アオサギが2羽いるのを見たのは、初めてでした。

Img_8517  オスとメスのペアかとも思ったのですが、残念ながら、性別まではわかりImg_8532 ません。普通の野鳥図鑑を見ても、見分け方は書いてありません。いやぁ、しかし、2羽同時にいるところを見たのは初めてでしたから、ちょっと感激でした。

Img_8557  このアオサギ、5分ほどしたら、相次いで飛び立っていってしまいました。Img_8645 「ハッハァ、これは、九華公園に行ったな」と思われましたので、そちらに急ぎました。実はすぐ近くです。角2つ分、行くと、九華公園の堀のところに出ます。案の定、おりました。それも、2羽。ですが、先ほどと同じ個体かどうかは、わかりません。野球場の向かいと、二の丸庭園跡の二カ所にいました。ほぼ同じ時刻に別のところにいましたら、これらは、別々の2羽だろうと思います。たぶん、歴史を語る公園で見た2羽だろうと思いますが、確信は持てません。

Img_8646  このうち、二の丸庭園跡にいた個体には、すぐに小生に気づいたようで、揖斐川の方へ飛び立ってしまいました。

Img_8581  もう一つ、鳥の話題。野球場近くの堀の端っこで、カワウが2羽、羽を広Img_8590 げておりました。「ひょっとしたら、近くで見られるかも」と思い、急いでいきました。そうしましたら、ほんの数mという近距離で、写真が撮れました! それが右の写真です。いつもなら、「なんだカワウか?」と思うのですが、近くで見ると、案外いいですね。目のブルーの色が、とても印象的でした。ただし、この目の色、人によって好き嫌いがありそうです。

Img_8613  ところで、その九華公園野球場では、中学生の試合が行われていましImg_8618 た。右の写真にありますように、「くわしん理事長杯争奪桑員地区中学校野球大会」です。「くわしん」は、桑名信用金庫です。「桑員」は、桑名、員弁ということで、この地方を指しています。

Rimg0118  今日は、朝8時過ぎから、光陵中学校と、員弁中学校の試合が行われていたのです。この試合に見入ってしまっていたので、散歩時間が延びたのです。野球場は、九華公園内にありますが、こちらの辰巳櫓跡からご覧のようによく見えますし、この櫓跡は、ちょうど木陰になっており、堀を渡ってくる風で涼しいのです。

Img_8607  熱戦が繰り広げられていましたが、右の写真のように、この試合では、光Img_8652 陵中学校は、2回までに8点を取っていました。もともとは、どちらが強いかいうことは詳しくはありませんが、見た限りでは、員弁のピッチャーがよく打たれ、四死球もよく出しているようでした。歩いていたら、スコアボードの係をしてた、光稜中学校の生徒さんから声をかけられました。なかなかいい感じの中学生でした。

Img_8537  トンボをもう一種類。こちらは、九華公園、いつもならウチワヤンマが休んでいる木です。コシアキトンボでしょう。コシアキトンボが木に止まっていルところは、あまり見かけないような気がします。

Rimg0131  このほか、ハトの水浴び、イチモンジせせりチョウなども見てきましたが、印象に残ったのは、アオサギ2羽と、カワウ、野球大会ですね。こちらの写真は、三の丸公園です。この頃、すでにかなり暑かったのですが、見るだけなら、結構いい感じ、と思えます。

 パソコンのリカバリは、ほぼ終了しました。あとは、スキャナを使うための、OCRソフトが必要です。これは、やむなく新しいものを購入し、水曜日に届くはずです。そうしましたらほぼ完全に復活となります。しかし、それにしても、この3日ほど、パソコンにかかり切りでしたので、目と脳とが疲れました。目はしょぼしょぼです。脳は、まさに、「脳疲労」という感じです。いささかふらつくような感じもします。身体的には大丈夫で、まったくどうこうありません。

Rimg0162  もちろん、仕事の方も、忘れずにやっております(と威張るほどの量でもなく、稼ぐことができる仕事ではありませんが……)。以前、Iさんと書いて、先だって、査読結果が返ってきた論文。チェックして、先週送ってありましが、今朝、Iさんから修正された原稿が送られてきました。査読では、痛いところを突かれたという印象はありませんでしたので、たぶんこれでオーケーが出るのではないかと期待しています。そうしますと、いよいよ学会誌に掲載となります。

 おまけの話。今日、拙宅マンションでは、大沢たかおさん主演の映画「藁の楯」のロケをしていました。主演の大沢たかおさんがこられていたようです。撮影は、マンションの11階にある空き部屋(分譲ですから、持ち主はあるのですが、現在はお住まいではないようです)を借りて、撮影が行われていました。、昨日から設営の方がいらっしゃり、荷物を運び入れていました。今日は、電源車などもきたりして、かなりの賑わいでした。撮影場所は、我が家の斜め上、最上階の部屋でした。ただし、のぞきに行こうと思っても、スタッフの方が要所に配置されていて、それは不可能でした。1階に、画像や、音声をチェックする場所がもうけられており、そこにはモニタがあって、それを見せてもらえたようです。

 明日は、日帰りで家内の実家へ出かける予定です。新名神高速道路が開通してから、東名阪自動車道の渋滞が半端ではありません。お盆期間などは、20~25㎞渋滞するのが、恒例化しています。ですから、お盆や、正月の期間にはとても行けないという状態なのです。ですから、このところずっと、混雑期間を避けて帰省しています。便利になるということは、どこかで不便が生じるということのようです。

【付記:桑名フィルムコミッションのメッセージを追加しました(8/24)】

Rimg0005  マンションの掲示板に掲げられていた、桑名フィルムコミッションからのメッセージです。掲示板のガラス越しに撮影しましたので、今ひとつですが、ご参考までに。この日、午前には、市内の鬼頭商店のギロチン工場でも撮影があったという話題がありました。また、これ以外にも、七里の渡し跡でも撮影があるという情報もあります(ただし、未確認)。

|

« 散歩には行き、その後は、リカバリ継続中【写真追加しました(8/19、19時)】 | トップページ | 少年の心に戻れる光景 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

季節」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

匿名様
コメントありがとうございます。
大沢さんのサインがいただけたんですか? それはよかったですね。握手模していただけて、大喜びなさったでしょうね。
小生は、自宅内でおとなしくしていました。出て行っても、会えないだろうと思い込んでいました。

投稿: mamekichi | 2012年8月28日 (火) 21時23分

大沢さんにサインいただき娘と握手してもらいました

投稿: | 2012年8月28日 (火) 19時34分

ミリオンさん、お久しぶりです。
お元気でいらっしゃいますか。
映画のロケ、「最上階」は、たまたま、現在住んでいらっしゃらないところがそこにあったということのようです。ギロチン工場というと、鬼頭商店ですね。あの「ギロチン工場」という表示は、何度見てもびっくりします(笑)。
木内一裕さんという方の小説の映画化のようですね。粗筋などは、http://news.walkerplus.com/2012/0731/2/にありました。
8月19日にクランクインしたばかりのようですね。

投稿: mamekichi | 2012年8月22日 (水) 11時36分

桑名で映画のロケをしているんですね。
マンションの最上階だとお金持ちの家の設定なのかな?
某掲示板では昨日は23号線沿いにあるギロチン工場でロケが行われていたと書いてありました。
ギロチン工場て聞くと怖い映画かと思っちゃいそうですね (ジョークです)(笑)
映画は来年のGWに公開らしいですね。

投稿: ミリオン | 2012年8月21日 (火) 22時08分

みーお嬢様、おはようございます。
大沢たかおさんに直接会えた(見られた?)人は少ないのではないでしょうか。聞くところでは、撮影はすべて室内で、設定は、外出から帰ってきて、仕事の話を携帯でしているシーンだということでした。
撮影現場は我が家の2階上でしたが、階段を上がって除けないかと思ったのですが、階段の踊り場にスタッフの方がいて、阻止されてしまいました(笑)。
それ故、写真が撮れたのは、道具を運ぶトラック、電源車、スタッフが乗ってきたワゴン車3台というありさまでした。
撮影があるというのは、数日前に自治会長名の文書が配られてわかっていましたが、マンション内、ということは、個人の家の中ということでしたので、ブログには書きませんでした。ご容赦くださいね~。
このほか、名古屋市内や、桑名市内でも撮影が行われるようです。桑名では、七里の渡し跡なんかでも撮影があるという話です。「桑名フィルムコミッション」のサイトに、エキストラ募集が載っていますよ。
http://www.kuwana-fc.info/

投稿: mamekichi | 2012年8月21日 (火) 08時18分

いいなぁー!
私も、大沢たかおさんに会いたかったです。先生は、全然会えなかったのですか?家族の方も?
私、テレビドラマのじん好きでした。
うーん、いけず。わかってたら、行ってたのに。ミーハーですから。先生のデジカメもとれなかったのですね。sad

投稿: みーおばさん | 2012年8月20日 (月) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 散歩には行き、その後は、リカバリ継続中【写真追加しました(8/19、19時)】 | トップページ | 少年の心に戻れる光景 »