« 享栄学園校長解任問題……和解案受けて、提訴保留 | トップページ | チュウサギも煽られる強風かな »

2012年7月 6日 (金)

もう蝉の鳴き声かいな!?……梅雨の九華公園点描

Rimg0020 今日はまた、いかにも梅雨という空模様であります。ただし、昨晩は、途中覚醒もせず、かなりしっかりと眠れた感じで、5時に目が覚めました。何といっても、毎晩ほとんど、22時に就寝しております故……。年寄りみたいですが、このペースが、今のところはベストのようです。よく眠れたせいもあり、また、先週、頭をフル回転させた研究会からほぼ1週間経ったということもあってか、ようやくアタマの調子は元に戻った気がします。元に戻ったとは言え、先週の研究会前のレベルに、ということです。誤解なきように願います(笑)。

0706cloud  さて、アタマの調子も戻り、身体的にも、梅雨時にしては程よい感じでしたので、雨は降りそうではありましたが、午前中、散歩に行ってきました。九華公園一回りですが、出かけたのが、9時半過ぎでしたので、本日は、峰崎部屋の朝稽古には間に合いませんでした。出がけに今日は、何となく降られそうな予感がしましたので、折りたたみ傘を持参したのですが、大正解でした。10時40分くらいから雨が降り始め、11時半頃にはかなり強く降っておりました。藤原岳の方で雷が鳴っているのが聞こえてきました。

 こんな天候でしたから、今日はあまり成果と言えるような写真はありませんでした。まぁ、点描ということでご容赦ください。そうそう、その前に、九華公園の中を歩いておりましたら、奥平屋敷跡では、早くも蝉の鳴き声が聞こえておりました。「えぇっ、もう蝉かよぉ!?」と思ったのですが、毎年、7月10日前後には、諸戸氏庭園からも蝉の合唱が聞こえ始めますから、とくに早いわけではなさそうです。蝉の姿を探し回りましたが、残念ながら、セミ自身も、その抜け殻も、出て来た地面の穴も見つけられませんでした。

Img_4017  まずは九華公園に行くまでの道すがらで撮った写真です。アオスジアゲハは、諸戸氏庭園のすぐ近くで舞っておりました。このブルー、いつ見てもきれいです。

Img_4035  そして、アオサギ。九華公園内にあります、桑名市民プール近くの揖斐川Img_4037 と長良川との中州に見えました。揖斐川の堤防上から撮影しましたので、およそ200mの距離だと思います。250mmズームで撮影し、さらにトリミングしていますので、余り鮮明な画像ではありません。オマケの話ですが、市民プールは、7月1日から営業していますが、さすがに今日は、お客さんの姿はありませんでした。しかし、監視員の方たちはきちんと働いていましたし、園内の放送(休憩時刻を告知したり、準備運動のためのラジオ体操を放送したりです)も、行われていました。

Img_4047  公園内、野鳥の姿は少なかったのですが、チョウや、トンボはかなり見らImg_4077 れました。ツマグロヒョウモンのメスと、シオカラトンボのメスだけ、撮影できました。このほかにも、アゲハチョウの仲間、モンシロチョウ、オニヤンマ、コシアキトンボなど多数飛んでいました。

Img_4057  野鳥が少ないと書きましたが、スズメや、ムクドリはたくさんおりました。それ以外には、こちら、居残りを決めたらしい、キンクロハジロ(オス)(手前)と、カイツブリ(奥)が寄り添っていました(本当かどうかは、分かりません。たまたま近くにいたというのが、正解でしょう)。カイツブリは、久しぶりに姿を見ました。九華公園では、カイツブリは冬によく見ますが、Wikipediaや図鑑の説明では、留鳥ということですから、どこか近くに棲息しているのでしょう。揖斐・長良川の中州あたりでしょうか。

Img_4081  カワウさんは、いつものように羽根を広げて乾かしていますが、シャッターを押している間に、たまたまこちらを振り向いたところが撮れました。毎度思うことですが、鳥や、魚の顔を正面から見ると、何とも剽軽な表情に見えて、笑えてきます。しかし、鳥、魚の顔の正面写真を狙って撮るというのは、難しそうです。難しいからこそチャレンジのしがいがあるかも知れませんが、まぁ、うまく撮れたらご紹介する、くらいに留めておきます。

Img_4097  そして、本日の真打ち登場です。「真打ち」というのは、珍しい鳥ということImg_4099 ではありません。小生が撮影にさんざん苦労したという、自己チューのような意味で、真打ちであります(笑)。コゲラです。花菖蒲園脇の、背の高い松の木です。スズメや、カワラヒワもいたのですが、どうもそうではなくて、シジュウカラのような、また違うような鳥も見えたのが、コゲラでした。その場では分からず、帰宅して、PCに画像を取り込み、修正ソフトで明るさをかなり変更した結果、コゲラの姿が浮かんできました。どうやら、九華公園に棲息しているコゲラがいそうです。そんな気がします。

Img_4105  ところで、花菖蒲の季節は、既に終わってしまっていますが、園内3箇所の菖蒲園のうち、1箇所では、すべてを刈り取って、その後、ご覧のように、新しい株を植える作業が進んでいました。われわれの気が付かないところで、こういう来年を見越しての、作業をしていただいているということですね。感謝しなければなりません。

 このエントリ、昼を挟んで書いているのですが、昼過ぎからは、雷が激しくなってきまし0706thunder た。右は、中部電力の雷情報(13時09分現在)です。桑名あたりに、赤いマークもあります。わが家の、アタマの上でも、大きな雷鳴と、稲光が炸裂していました。飛び上がりそうになりました(爆)。それに、先ほど、13時過ぎには、瞬間的に停電しました。パソコンは、停止しませんでしたので、このエントリも、どこかへぶっ飛んでしまうこともありませんでした。

 午後からは、小休止の後、研修会の資料のパワポの最終的な整理でもすることにしましょう。

|

« 享栄学園校長解任問題……和解案受けて、提訴保留 | トップページ | チュウサギも煽られる強風かな »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん
そうなんですよ、もう蝉の鳴き声でした。私も、耳を疑ったのですが、確かに聞こえていました。
チーママさんは、今年はお父様のことなどもあって、本当に慌ただしくお過ごしですが、ときどき、立ち止まって周りをご覧になり、季節の移ろいを楽しんでいただけるとよろしいですね。じっくりと楽しむという風には行かないかも知れませんが、そのときどきなりの楽しみ方もあるという気がしています。

投稿: mamekichi | 2012年7月 7日 (土) 06時15分

まぁ もうセミですか。夏なんですねー。
今年はあわただしくて、季節を楽しむ間もなく終わりそうですが、仕方ありませんよね。まだきっと来年があるんだし?(^^;;
楽しみが先に待っていると思えばいいのですよね。
まだしばらくは季節を楽しめるのだと思えば、なんともありがたいと思えるようになりました。

投稿: チーママ | 2012年7月 6日 (金) 20時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 享栄学園校長解任問題……和解案受けて、提訴保留 | トップページ | チュウサギも煽られる強風かな »