« 梅雨明けだそうな……油照りとは、今日のような日のことか? | トップページ | 今日の散歩は、アピタ桑名店(?) »

2012年7月17日 (火)

ナツアカネ、シオカラトンボそして、ツマグロヒョウモンの吸蜜……夕方の散歩から

Img_5088 梅雨明けの今日、群馬県の館林では、39.2℃を観測したといいます。猛暑の競争など、願い下げにしたいものです。桑名は、たまに日本一の暑さになることもありますが、今日のところは、14時の32.7℃で勘弁(?)してもらえたようで、ありがたいことです。

 お陰様で体調がよいせいか、散歩をしないとどうも落ち着かない気がして、夕方といいますか、15時半過ぎから1時間半ほど、揖斐川堤防、福島地内の水田と、2.8㎞ほどを歩いて来ました。揖斐川と、長良川の中州では、7月28日(土)の「水郷花火大会」に向けての準備作業でしょう、草刈りや整地作業が行われていました。この時間でも、30~31℃とかなり暑かったようですから、作業に当たってくださっている皆さんには大変だと思います。

Img_5081

 揖斐川沿いで、中州にいる鳥を見ているとき、ふと空を見上げましたら、サギが4羽、そろって飛んでいました。川上から来て、川下の方へ飛び去りました。ちょっと離れていましたので、残念ながら、サギの種類までは判然としませんでした。ちなみに、中州にいたのも、白いサギでした。最近、このあたりで見られる白いサギは、チュウサギが多かったので、今日見られたのもチュウサギか、という気がします。

Img_5163  さて、福島地内の水田に回ってからは、鳥といえば、スズメか、ムクドリ、ツバメくらいでしたが、今日は、トンボがたくさんいました。中でも、こちら、眼から尻尾までが真っ赤ですから、ナツアカネです。アキアカネよりは小型で、アキアカネよりもやや数は少ないとされます。実物よりも、なおいっそう真っ赤に写ってしまっている気がします。

Img_5172  もう一種類は、おなじみ、シオカラトンボ(オス)であります。このアングルから見ますと、まさに、童謡「とんぼのめがね」を思い出させてくれます。♪とんぼの めがねは水いろ めがね 青いおそらを とんだから とんだから♪ であります(笑)。

 このほかにも、イトトンボの仲間や、アキアカネ、シオカラトンボ(メス)も見かけましたが、残念ながら、写真は撮れませんでした。

Img_5237  ところで、一回りしての帰り道、諸戸苑の住宅団地内の道路を歩いていましたら、ツマグロヒョウモンのオスが、蜜を吸っているところに遭遇しました。写真では分からないのですが、かなりせわしなく、あちこちに口先を移動させて、挿入しては蜜を吸っていました。

 しかし、この時間でもけっこう暑かったですね。汗びっしょりになりました。それでも、やはり、軽いとはいえ体を動かして、汗をかくことが出来るのはありがたいと思います。

 

|

« 梅雨明けだそうな……油照りとは、今日のような日のことか? | トップページ | 今日の散歩は、アピタ桑名店(?) »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 梅雨明けだそうな……油照りとは、今日のような日のことか? | トップページ | 今日の散歩は、アピタ桑名店(?) »