« 桑名、夕景 | トップページ | 今日は、ふくよかな女性に縁あり »

2012年6月 6日 (水)

出会いと花菖蒲、金星の太陽面通過……本日の散歩は結構忙し

Rimg00012 朝一番は曇っており、噂の「金星の太陽面通過」が見えるのかどうか、気にRimg0004 なりましたが、7時半くらいからでしょうか、無事晴れてきました。先日の金環日食のために用意した「日食グラス」を使って、何度か、金星が太陽面を通過していくのをみておりました。とはいえ、本当に、太陽面に小さなほくろがポチッとあるようなイメージでした(笑)。家内にも見せたのですが、「はっきり分からない」と。近眼ではないはずですが、小生の近視用の眼鏡を無理矢理かけさせたら、「この方が見える! えーっ、どういうこと?! 最近老眼も進んだのに、近眼もあったの?」と、何やら別の問題を引き起こしそうでありました。とにかく、小生も、家内も、無事にこの目で見ることができました。さて、ご覧のような「超晴天」でしたので、何はともあれ、散歩であります。

 さて、その散歩は、例によって、代わり映えもしない住吉神社~九華公園コースでありましたが、今日は、途中で、「金星の太陽面通過」も見ようと「日食グラス」を持参。さらに、また、あちこちで出会いも楽しめ、結構忙しい散歩でした。

Img_1672  まずは、住吉神社の前で、小生よりも10歳ほど年長の男性が、一眼デジカメを三脚に固定して、レンズを太陽に向けておられました。小生も首からカメラをぶら下げておりましたので、どちらからともなく、カメラの話と、「金星の太陽面通過」の撮影の話題になりました。

 その男性は、一眼デジカメに、NDフィルタ(Netrural Densityフィルタ、減光フィルタ)400を2Img_1694 枚装着して撮影に当たっておられました。本格的です。NDフィルタ400は、光量を1/400にしてくれますので、2枚で、400×400=160,000となり、太陽の明るさは、1/160,000になります。覗かせてもらいましたが、新聞やテレビで見る写真のように見えます。

Img_1701  この方、金環日食の時には、三重県南部の御浜町まで遠征されたそうです。胃がんの手術もなさったということで、かなり細身の方でしたが、結構エネルギッシュです。負けられませんねぇ。30分近く話し込んでしまいました。

Rimg0094  次いで、九華公園の菖蒲園で花菖蒲を撮っておりましたら、生後5~6ヶ月くらいの男の赤ちゃんを連れた、若いお母さんが、お子さんと花菖蒲の写真を撮っておられました。次いで、コンパクトデジカメをどこかにおいて、お子さんと二人、花菖蒲をバックに写真を撮りたい風でした。そこで、「写真、撮りましょうか?」と声をかけたら、「お願いします」ということに、相成りました。

 この赤ちゃんが、また、愛想が良くて、「こっちだよ」と声をかけると、ニコニコと笑って視Img_1732 線を向けてくれるのです。首はしっかり据わっていましたし、こういう「社会的微笑」が見られますから、たぶんこれくらいの月齢だろうと推測したのです(小生のアタマのボンヤリもかなり軽減して、元の働きが戻りつつあるのかも知れません……笑)。

Img_1738  しかしそれにしても、お借りしたカメラ、コンパクトデジカメ(いわゆる、コンデジ)ですが、顔をきちんと捉え、しっかりそこにピントが合い、また、色合いまで調整してくれますから、侮れませんねぇ。

 それはさておき、お母さんに、撮った写真(5~6枚、ズームアップなども含め)を確認してもらって、無事、役目を果たせました。しゃしゃり出て失敗していては、ギャグにもなりませんので、ホッと一安心でした。

Img_1727  ところで、花菖蒲の方ですが、今日は、かなり暑くなっていましたので(11時に、28.6℃!)、少々元気がない感じなのは残念でした。その意味では、早く梅雨に入って、雨が降った方がよいのでしょうが、散歩という点では、やっぱり雨はねぇ……となります。難しいところです。この写真、花菖蒲にモンシロチョウが止まったのが取れました。もう少ししますと、イトトンボの仲間がたくさん出てくるはずです。

Img_1772  本日の新顔ですが、まずは、「麗月<れいげつ>」。肥後系の品種です。本丸Img_1774 跡に近い方の菖蒲園に咲いています。あくまでも小生のイメージですヶ、肥後系にしては珍しく、白が勝った色合いです。これもまた良し。そして、「麗月」とは、良い名前です。

Img_1776  そして、もう一品種。これも、肥後系ですが、「吉野山<よしのやま>」です。こImg_1778 れも、本丸跡の方に咲いておりました。この色合いもなかなか、微妙なものがあって良い感じです。

 今日までで、まだ咲いていなかった品種は、あと3つです。「鶴の手衣<つるのてごろも>」(江戸系)、「潮来<いたこ>」(江戸系)、そして、「紅椿<べにつばき>」(肥後系)です。いずれも、本丸跡に近い菖蒲園に植えられているものです。見た目、本体自体が細くて、やや元気に欠けるかな、という印象があります。

Rimg0076  前半に書きましたが、気温はかなり高くなってはいましたが、九華公園は、揖斐川沿いにあるということもあって、風が通ります。この写真を拡大していただいて、よく見ていただきますと、堀の水面にさざ波が立っています。これからお分かりいただけると思いますが、気持ちのよい風が通っています。こうして、少々屁理屈ではありますが、風も写真に撮れるんですねぇ(微笑)。

Rimg00472  オマケの2枚。こちらは、九華公園内野球場を撮ったものです。今日の良い天気、整えらRimg0136 れた芝生を見ますと、何やらどこかの立派な野球場という雰囲気ですね。アメリカでは、野球場をball parkというそうですが、まさにそういう雰囲気です。気持ちの良い風景です。

 ということで、あれこれといろいろと楽しめた今日の散歩。九華公園内をあちこち歩き回りましたので、4.6キロほどです。あの男性、「金星の太陽面通過」の写真、無事撮れたでしょうね。「どうせ撮るなら、中央あたりに金星が来た写真がいいね」とおっしゃっていました。

 明日は、1ヶ月ぶりの精神科受診。振り返りますと、波はありましたが、全体的な傾向としては、徐々に薬の副作用は抜け、さらに、勝手に「残存効果」と名付けた、おそらく抗うつ薬を長期に服用し続けたことによる脳機能の低下からも、脱却してきているように思えます。少なくとも、悪化を示す主観的な印象はありません。むしろ、元気を取り戻しつつあるように思えます。何といっても、細かい、ちょっとしたこともスムーズに取り組め、始められるようになりましたし、本を読むスピードが回復して来て、以前のように早く読めるようになって来た感じもしています。

 したがって、小生の素人的・主観的判断では、「薬なしでさらに1ヶ月、様子を見る」であります。

|

« 桑名、夕景 | トップページ | 今日は、ふくよかな女性に縁あり »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさんと同じ頃、菖蒲園にいましたね、きっと。
それにしても、暑いくらいでした。花菖蒲もバテていましたね。
ところで、カメラと写真のお話。他人様にエラそうに講釈を垂れるほどのスキルではありませんが、コンデジでも、ズームと、マクロを上手に使うと、ひと味違う写真になるかと思います。あとは、なるべくメインに写したい被写体に近寄るのも良いかと思います。アングルも工夫すると良さそうだというは、私も最近気づいて、最近の花菖蒲も、ローアングルで撮ってみたりしています。

投稿: mamekichi | 2012年6月 6日 (水) 21時36分

今晩は、今日は天気が良くて暑いくらいの陽気でしたね。
私が九華公園に行ったのは午前10時ぐらいの時間でした。
天気がいいのは写真を撮るのにはいいけど、
あんまり暑いと花菖蒲もバテてしまいますよね。
mamekichiさんのカメラはいい物だからやっぱり写りが違いますね。
私のはコンデジなので平面っぽいです。

投稿: ミリオン | 2012年6月 6日 (水) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑名、夕景 | トップページ | 今日は、ふくよかな女性に縁あり »