« 花菖蒲からアジサイへ、そして相撲の季節も | トップページ | 享栄学園問題その後……中高への補助金も流用? »

2012年6月13日 (水)

予定通り名古屋へ……帰りには、面白い経験とハプニングあるも、無事乗り越えました

 1日中晴れるという予報は、ややハズレでした。朝から雲が広がっています。しかし、雨は降りませんでした。今日は、前からの予定通り、午後から名古屋駅近辺まで出かけてきました。小生が若い頃からお世話になった先生に会うためです。

 この先生には、小生が、大学院の博士前期課程を修了し、病院に就職した翌年に、とあるローカル学会で話題提供を依頼されたときに司会を務めてくださって以来、お世話になっています。学習障害の研究や、未熟児の知的発達研究で業績を上げてこられた先生です。現在は、大学からはリタイアされていますが、愛知県内のある都市の特別支援連携協議会の委員をお勤めの傍ら、巡回相談にも携わっていらっしゃいます。今日お聞きしましたら、80歳を超えられたということでしたが、なお矍鑠としていらっしゃり、特別支援教育や、心理アセスメントへの情熱を熱く語ってくださいました。

 この先生に会いに行ったのは、愛知県で、新しく心理アセスメントの勉強会を立ち上げたいということで、相談やら、確認したいことやらがあるというご連絡をいただいたからです。この新しい研究会については、発起人を予定している先生方で現在、相談をしています。9月以降に立ち上げとなる見込みです。その際には、またお知らせしたいと考えていますので、お待ちください。

 今日は、JRセントラルタワーズ12階にある喫茶店で、1時間あまりお話をしてきましたが、上述のように、80歳を超えてなお矍鑠としていらっしゃることや、また、発達障害のある子どもたちに適切な支援をするには何が必要かを熱く語られるほどの情熱をお持ちで、小生もまだまだ見倣うところが大でした。

 さて、今日も名古屋への往復には、JRを使いました。行きは、「快速みえ」に乗りました。桑名を出ますと、次はもう名古屋なのですが、関西線にはまだ単線区間が残っているため、列車のすれ違い(正式には何というのでしょう? 名鉄では昔は、「行き違い」と言っていましたが、よく分かりません)の必要があり、途中、永和、蟹江、八田などで停車しました。こういうことがなければ、近鉄の急行並みに、桑名-名古屋間はほぼ20分なのですが、今日乗った快速みえは、28分ほどかかり、「普通電車」並みでした(笑)。

 帰りに面白い経験をしました。帰りは、「区間快速亀山行き」(四日市までは快速で、その先は各駅停車)に乗車したのですが、車掌さんの「検札」があったのです。近鉄を利用していたときは滅多になかったのですが、聞くところでは、午後の比較的空いている時間、JR関西線ではよくあるようです。

 「面白い」というのは、小生、この頃、ICカードの「トイカ」を利用するようになっています。車掌さんは、「乗車券を拝見致します」と言って回ってこられたので、一瞬、「どうしよう?」「乗車券はありません」などと言ったら、トラブルになるかと思って、恐る恐る「トイカ」を出しました。車掌さんの手持ちの機械を使ってチェックするのかと思ったのですが、何もそういうことはなくて、トイカをもっていることだけを確認され、パスでした。ちょっと拍子抜けであります。

 ところで、もう一つのハプニングがありました。帰り道、桑名駅でJRを下車し、駅横のビルを回ったところで、小学生の女の子が、わんわん泣いていたのです。小生の他にも道行く人はあったのですが、誰も声をかけません。

 小生のような、中高年のオッサンが声をかけたら、不審人物と思われるような気がして、「誰か、女の人でも声をかけてくれないかな」と思ったのですが、最近は、こういうことに関わりを持ちたくないとでも思うのでしょうか、そういう奇特な方はありませんでした。

 やむなく、「どうしたの?」と聞いてみました。いい年をして恥ずかしいのですが、ちょっとばかり勇気が要りました(笑)。しばらくあれこれ聞いたり、なだめてあげたりして分かったのは、小学校4年生で電車通学をしているようですが、いつも迎えに来るお母さんが、30分以上待っても来ないために途方に暮れていたようでした。

 携帯電話も今日はもっていないと言うことでしたので、小生のものを貸して、自宅に電話してもらったのですが、あいにく不在の様子。困ったなぁ、近くの交番にでも連れて行くかと思っていましたら、お母さんが徒歩でやってこられました。どうやら、いつもとは違うところにクルマを止めて待っていたのに、「いつもより遅くなっても子どもが帰ってこない、いくら何でも遅い」と思って、探しに来られたのでした。

 いやぁ、安心しました。その女の子にとっても一件落着で、良かった訳ですし、もう少しあのままでしたら、今度は、危うく、小生が途方に暮れるところでした。

 と言うことで、この件、たぶん「不審人物」とは思われないで済んだかと思います(爆)。

 それにしてもあれこれと、いろいろ普段できない経験をして参りましたが、さほど疲れもせず、無事に帰ってきました。そうそう、三省堂では、欲しかった新書も2冊、無事入手してきました。相変わらず、都会へ行きますと、いささかアタマはクラクラしますが、今日は、フラフラになるには至りませんでした。やはり、外出や、他人様に会うということでも、リハビリは必要なようです。

|

« 花菖蒲からアジサイへ、そして相撲の季節も | トップページ | 享栄学園問題その後……中高への補助金も流用? »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 花菖蒲からアジサイへ、そして相撲の季節も | トップページ | 享栄学園問題その後……中高への補助金も流用? »