« 近大高専移転2年目、校長インタビュー……中日新聞「あの人に聞いてみよう」から | トップページ | ツバメの幼鳥、カワウ、そして居残りを決意したか、キンクロハジロ君 »

2012年6月 4日 (月)

九華公園の花菖蒲、そろそろ見頃になって来ています

Rimg0035 先週末は何となく、今ひとつという体調でしたが、どうやら少し良くなってきました。今日は、朝の天気予報では、「洗濯日和」ということでした。ということは、小生にとっては、絶好の「散歩日和」になってくれるはずです。それに、気温も27℃まで上がるということでしたので、「これは、午前中に出かけなくては」と思い、9時半から12時までしっかり散歩に行ってきました。

Rimg0047  コースは、この時季ですから、もちろん九華公園であります。土日は混雑しRimg0006 ていたと思われますが、さすがに今日は、いつもよりは人出は多かったものの、空いておりました。いささか蒸し暑い感じで汗をかいてしまいましたが、堀に近いところや、橋の上では、心地よい風が通り過ぎていきます。帰りには、久しぶりに珈琲タイムと洒落込んで、アピタへ「大寄り道」。5㎞近く歩いて来ました。

Img_1462  さて、九華公園ですが、期待通り、花菖蒲がかなり咲きそろってきていました。そろそろ「見頃」になって来ているといってもよいでしょう。最初の写真も、この写真も、上野公園内案内図の黄色い○をつけた菖蒲園の様子です。ここは、種類がランダムに植えられていますので、「参のツボ 配置が魅する群生の美」が楽しめます。

Img_1441  では、今日のニューフェースを順次、4種類、ご覧に入れます。まずは、Img_1443 「尾花の梅雨<おばなのつゆ>」です。肥後系です。小生の肥後系のイメージは、紫系の色なのですが、これはかなりの淡色になっています。

Img_1559  次は、「吉野山<よしのやま>」です。こちらも肥後系です。そういえば、今日Img_1560 のニューフェースはすべて肥後系の花菖蒲でした。これもまた、小生の勝手な肥後系のイメージとはかなり異なる色合いを呈しています。あくまでも「勝手なイメージ」という亞、思い込みなのでしょうね。今年最初にみた数種類の肥後系の花のイメージによる、「刷り込み」なのでしょう。

Img_1566  続いて、これも肥後系の「稚児舞<ちごまい>」です。そういわれてみれば、Img_1568 「稚児」というイメージのような気がしてきます(笑)。しかし、余談になりますが、イメージというのは、勝手な思い込みだと、あらためて思いました。右の花を見ますと、ちょっと離れたところに咲いていて、あまり大きく撮れなかったこともあるのですが、いかにも可憐な子どもという風にも見えてしまいます(笑)。

Img_1576  ニューフェースの最後は、「元禄<げんろく>」(肥後系)です。くどいようですImg_1572 が、イメージにこだわりますと、いかにも「元禄」という感じがしないでもないです。今日の一連の肥後系に比べますと、何となく派手、というのがその理由です。

Img_1581  ところで、5月14日以来、九華公園の花菖蒲をみて、ご紹介してきましたImg_1434 が、小生の好みとしては、やはり、この「野花菖蒲」がもっともきれいなように思えます。原生種としての、品といいますか、気高さのようなものが感じられるように思えます。

Img_1582  うん、やはり、「花菖蒲は、野花菖蒲に始まり、野花菖蒲に終わる」という気がします。NHK「美の壺」による、花菖蒲の鑑賞のポイントに一つ付け加え、その第4ポイントにしたいくらいです(笑)。

Rimg0036 Rimg0040  こちらは、公園案内図では黄色の○をつけた菖蒲園のよ様子です。ややローアングルで撮りましたが、この方が、さまざまな色合いの花が咲いているのがよくわかるかと思います。ここはすでに結構楽しめます。初めの方にも書きましたが、「参のツボ 配置が魅する群生の美」が、です。

 また、こちらは、緑の丸を付した、本丸跡に近い菖蒲園の様子です。ここは、咲き始めがRimg0053 もっとも遅かったのですが、次第に他の2カ所に追いついてきていました。



 ここまで、九華公園ですでに1時間ほどを過ごしました。だいぶ汗をかきましたので、冷たいものでもと思い、しばし考えたのち、本屋もあるということで、アピタ桑名店まで足を伸ばすことにしました。徒歩、10~15分くらいです。本屋を覗いたあとで、小生にしては珍しく、一人でカフェ・ショップへ。一人で喫茶店に入れない、ということでは決してありません。一人で喫茶店に入るのは、何となくもったいない気がするのです(笑)。貧乏性かも知れません。

 ということでしっかり歩き、陽にも当たり、花菖蒲も楽しめ、汗もかき、体調もややよくなった感じです。午後からは、しばしの午睡ののち、「勉強」しております(笑)。金曜に依頼されている研修の準備も兼ねて、です。準備した研修内容の復習ということで、WISC-Ⅳの実施方法などを見直しております。

9784821063666  それから、週末に、「WISC-Ⅳの臨床的利用と解釈」が届きました。税込みで、\6,300もしますが、何といっても、本が分厚い! 590ページあまりの大著です。厚さは、3cmもあります。かなり読み応えがありそうです。これも、少しずつ読み進めたいと思っています。

|

« 近大高専移転2年目、校長インタビュー……中日新聞「あの人に聞いてみよう」から | トップページ | ツバメの幼鳥、カワウ、そして居残りを決意したか、キンクロハジロ君 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん
おっしゃるとおり、花菖蒲もかなり咲いてきました。5月半ば過ぎに係の方が、「6月10日頃が見頃」とおっしゃっていましたが、ほぼその通りになりそうですね。花菖蒲は、江戸時代から品種改良が盛んに行われたようで、いつぞや書きましたように、Wikipediaによれば、5,500種にも上るとか。私のような素人には、とても区別できそうもありません。
私も、淡色系の花菖蒲の方が好みですが、原種の野花菖蒲は、別格のように感じています。
ところで、喫茶店ですが、新しいところを開拓したり、散歩途中で立ち寄れるお気に入りの店を見つけたいと思いますね。

投稿: mamekichi | 2012年6月 5日 (火) 08時16分

6月に入って花菖蒲もだいぶ咲いてきましたね。
花菖蒲の種類もたくさんありますね。
私は優しいピンク色の吉野山や、やや薄い色の花が好みです。

喫茶店は私は新しい喫茶店やカフェを開拓してあちこち行ってみたいです。
と言ってもたまにしか行けないんですけどね。

投稿: ミリオン | 2012年6月 4日 (月) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近大高専移転2年目、校長インタビュー……中日新聞「あの人に聞いてみよう」から | トップページ | ツバメの幼鳥、カワウ、そして居残りを決意したか、キンクロハジロ君 »