« 桑名に相撲の季節到来……峯崎部屋のちびっ子相撲 | トップページ | お千代保稲荷へ、梅干しを買いにですが…… »

2012年6月25日 (月)

「遅すぎた!」話と、ツバメの二番子

Img_3077 朝方は、雨模様でしたが、すぐに上がってしまいました。それでも、午前中Img_3080_2 は、いわゆる「梅雨空」で、アジサイが似合う感じでした。しかしながら、午後からは、晴れ間も見えてきました。写真のアジサイは、旧・東海道沿いの「歌行燈」本店で撮影してきました。

Img_3072  さて、少々早めに、9時過ぎから、「もう降らないだろう」と見込んで、散歩にRimg00181 出て来ました。実は、「峯崎部屋の朝稽古が、まだ続いているかも知れない」と、いささかの期待があったのです。しかしながら、遅すぎました(笑)。ご覧の通り、誰もいません。世の中、「早すぎる」ということはあまりありませんが、「遅すぎる」だけでなく、「遅い」ということは、よくあります。その典型でした。九華公園を一回りしてきたところで、自転車で出かけるお相撲さん、2~3名に出会ってしまったくらいです。

Rimg00201  しかしながら、「遅すぎた」がために、このように土俵の様子を間近で撮影しRimg00221 てこられました。「転んでもただでは起きない」というところです(笑)。というのは、負け惜しみ、屁理屈ですね。たぶん、朝稽古が終わり、このようにきれいに整備し、塩を盛り、御幣を飾ってあるのでしょう。しっかりと見てきました。

Rimg0028  土俵の側には、峯崎部屋に所属する力士の方たち、行事さん、呼び出しさん、床山さんといった、メンバーの一覧が掲示されており、散歩に来られた方が見入っていました。ということで、屁理屈を重ねましたが、朝稽古の見学は、出直しであります。

Img_30901  ところで、九華公園からの帰り道、旧・東海道沿いから、本町あたりを歩Img_3090 いていましたら、何か、鳥の雛の鳴き声らしきものが聞こえてきます。辺りを見回して見ますと、いました。こちらです。ツバメの子どもたちでした。船津屋さん近くのお宅の車庫の奥です。ちょっとピントが合わせにくいところで、しかも、車庫の奥ですから、やや薄暗いため、あまりクリアな写真にはなっていません。右は、この左の写真をトリミングして拡大したものです(自動修正も施してあります)。

Img_3094  親が帰ってきて、餌を与えようとすると、大騒ぎです。どうやら、雛は5羽くImg_3107 らいのようです。この時期ですから、二番子なのかも知れません。親は、まさにひっきりなしに戻って来ては、餌を与えています。親がいないときは、たいていは静かなのですが、それでもときどきは、大騒ぎをしていました。

Img_3121  親がホバリングをしながら、餌を与えているところも撮れました。たまたま、偶然です(笑)。


Img_3096  あまりにも何度もシャッターを切っていましたので、見つかってしまったようです。しかし、それでも、餌やりに忙しいのか、気にせずに、餌を撮りに行っては戻ってくるというのを繰り返していました。全国的にツバメが減っているといいますから(日本野鳥の会「消えゆくツバメ」プロジェクトをご覧ください)、この雛たちも元気に育ってもらいたいものです。

Rimg0035  閑話休題。「何でしょうか?」ということではありません。見ればお分かりいただけますが、キノコです。問題は、「どこに生えているのでしょうか?」です。

 その答えは、こちらです。何と、九華公園内の野球場のグラウンドです。私が見たのは、Rimg0036 外野、ライト側のファウル・エリアです。ちょっと笑えてしまいます。まさか、栽培しているのではないと思いますが……。それにしても、何だか、とんでもない田舎の野球場、というイメージを与えてしまうかも知れません(笑)。梅雨の雨の影響なのでしょう。家内に話したら、「食べられるのかなぁ?」だそうです。



Rimg0038  上のように、キノコが生えていたすぐ近くにも、この左の写真のように、結構たくさんキノコが生えていました。サークル状になっていますが、何か理由があるのでしょう。

 昨日は、実家へ行って来ましたが、お陰様であまり疲れはありません。夜、よく寝られたためかと思います。むしろ、久しぶりに母親の元気な顔を見て、安心したせいか、こちらも元気が出て来た気がします。その証拠に、九華公園一周、3.7㎞を歩いて帰ってきてすぐに、今度は、クルマで三洋堂桑名店、さらには同じく、三洋堂の星川店まで行って来たくらいです(笑)。ただし、これで調子づいてはいけません。ボチボチと、地道にやることが一番です。

|

« 桑名に相撲の季節到来……峯崎部屋のちびっ子相撲 | トップページ | お千代保稲荷へ、梅干しを買いにですが…… »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

チーママさん
そうでした、フェアリーリングといいましたね。「確か何とか言ったな」という気がしていたのですが、思い出せませんでした。これでスッキリしました。それと、おっしゃるように、菌糸が放射状に広がってこうなるんだろうとは漠然と思っていました。
ひたすらマジメに歩くという方もたくさんいらっしゃるのですが、私はどうもそういうのはあまり好きではなく、「何科面白いものはないか」とキョロキョロしながら、ウロウロしていますが、たまに珍しいもの、面白いものを見つけられています。フェアリーリングを見つけられたのも、そのお陰で、ラッキー!ということですね(笑)。

投稿: mamekichi | 2012年6月26日 (火) 06時05分

きのこの中には、菌糸が放射状に広がって、その先にきのこが生えるので、輪っかに生えるそうですよ。英語でフェアリーリングっていうんですって♪ 
いいもの見つけちゃいましたね。きっと良い事があるかも!
あ、フェアリーリング見れただけでもラッキーなのかしら?

投稿: チーママ | 2012年6月25日 (月) 22時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桑名に相撲の季節到来……峯崎部屋のちびっ子相撲 | トップページ | お千代保稲荷へ、梅干しを買いにですが…… »