« 48万アクセス、御礼……午前中の散歩は、水田地帯へ | トップページ | 「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」……けっこうよくできていて、楽しめる虚構新聞 »

2012年5月14日 (月)

いよいよ花菖蒲が咲き始めました……九華公園、オマケはスズメの砂浴び

Rimg0031 ゴールデンウィークが終わったな、と思っていましたら、早くも5月も中旬になっていました。半隠居生活を送っておりますと、「世の中の動きは速いなぁ」と感じていましたが、それだけではありませんでした。「光陰矢のごとし」とか、「歳月人を待たず」の言葉通り、そもそも時間がたつこと自体が速いです。

 さて、九華公園も、まだ「つつじまつり」の期間ではありますが(明日、5/15まで)、やはり、盛りはRimg00122 過ぎつつあります。代わって、いよいよ、まだその兆しという程度ではありますが、花菖蒲が咲き始めていました。ご覧になってお分かりでしょうか(右の写真)? わずかに3つだけですが、花が咲いておりました。

Img_9681  何となくコスモスの花に似ているようなイメージもありますが、「曲水の誌Img_9682 <きょくすいのうた>」という名前がついていました。「肥後系」の一種であるようです。下にWikipediaからの引用を示しましたが、花菖蒲は、5,000種類もあり、それを大別すると、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類されるようです。九華公園内の菖蒲畑には、右の写真のように、列ごとに品種が異なり、そのそれぞれに名札が掲げられていますので、小生のような知識のないものにはとても助かります(笑)。

ハナショウブはノハナショウブ(学名I. ensata var. spontanea)の園芸種である。6月ごろに花を咲かせる。花の色は、白、ピンク、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれている。大別すると、江戸系、伊勢系、肥後系の3系統に分類でき、古典園芸植物でもあるが、昨今の改良で系統色が薄まっている。他にも原種の特徴を強く残す山形県長井市で伝えられてきた長井古種や、海外、特にアメリカでも育種が進んでいる外国系がある。

近年の考察では、おそらく東北地方でノハナショウブの色変わり種が選抜され、戦国時代か江戸時代はじめまでに栽培品種化したものとされている。これが江戸に持ち込まれ、後の三系統につながった。長井古種は、江戸に持ち込まれる以前の原形を留めたものと考えられている。

Img_9683  もう一種類咲いていましたのは、こちらの2本です。紫のもので、「筑紫路Img_9685 <つくしじ>」という名札が付いた列に咲いていました。やはり、肥後系です。右の写真は、左の写真にある、手前の方をズームアップして写したものです。それにしても、きれいですねぇ。「花菖蒲まつり」は、6月1日~15日の予定です。「公園内には3つの菖蒲園(820平方メートル)があり、約4000株の花菖蒲(伊勢系、肥後系、江戸系)が咲き誇ります」と、花菖蒲まつりのサイトに書かれています。

Rimg0028  今日は、9時半から、歯科の定期検診でした。前回は1ヶ月前でしたが、Rimg0039 その直前に歯肉が腫れたりしていましたので、念のために「1ヶ月後に診せてください」となったのです。そのついでに散歩をしてきたという次第ですが、実は、駅西の照源寺や、大福田寺の方へ行こうか、と迷ったのでしたが、九華公園を選んで正解でした。こんなに早くから花菖蒲を見られて、ラッキー!ということです(笑)。

Img_9706  ところで、九華公園では、小生にとっては珍しいものも見られました。それは、こちらの写真に写っています。何だかお分かりになるでしょうか? 写っているのは、おなじみのスズメです。ケガをして苦しんでいるのでも、ヘンなものを食べてお腹が痛くなったのでもありません(例がよく意味が分からないかも知れませんが……)。

Img_9707 Img_9730 Img_9711  こうやって、連続写真および、連続写真風にしてみると、お分かりでしょう。砂浴びをしているのです(前のパラグラフにあるものから3枚は連続しています。4枚目は、少し時間をおいて撮影しています)。

Img_9736  これなどは、砂埃が立っているのが見ていただけるかと思います。小生が座っていたベンチから、ほんの数メートル先に突然舞い降りてきて、しばらく砂浴びをしていました。虫か何かがついて痒かったのでしょうか?

 ちなみに、その途中で、何度か我に返ったように、こちらを向いておりましたが、「砂浴びImg_9710_2 をしたい」という欲求が強かった、もしくは、「痒い!」というのに耐えられなかったのか,定かではありませんが、小生の存在に気づいて、砂浴びを止めでしまうとか、逃げるという余裕はなかったようです(笑)。

Img_9770_2  花菖蒲のそのまたオマケという感じで、楽しめました。同じところへ行ってImg_9773 も、それなりに違った楽しみはを見つけられるようです(笑)。そのまたオマケを1つ。まず、カメさんの甲羅干しですが、実は、この中央のカメ、やたらデカかったのです。驚くほどです。周りに群がっているのが、普通にその辺にいるカメの成体のサイズのものなのです。堀の中ですから、比較するものが難しいのですが、右の写真に写っている、杭の太さと比べてみていただければと思います。

 ということで、9時過ぎから、歯医者を経て、九華公園を一回り、住吉神社に立ち寄って、4.1㎞という散歩でした。体調は、お陰様で、まあまあです。午後は、ちょっと休んでから、心理アセスメントの勉強と、発達臨床研究室の開業準備をすることに致します。

|

« 48万アクセス、御礼……午前中の散歩は、水田地帯へ | トップページ | 「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」……けっこうよくできていて、楽しめる虚構新聞 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん
狙って行った訳ではありませんが、たまたま花菖蒲が3輪、咲いていました。得をした気分でした。
おっしゃるように、いつも丁寧に手入れがされていますよね。その他、最近は、公園内の清掃も行き届くようになっていますね。昨日(5/14)は、草刈りなどもしてくださっていました。

投稿: mamekichi | 2012年5月15日 (火) 18時07分

花菖蒲が咲きだしましたか。
ここはいつも熱心に手入れがされているので綺麗に咲いてありがたいですね。
私も咲き揃うのが今から楽しみです。

投稿: ミリオン | 2012年5月15日 (火) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 48万アクセス、御礼……午前中の散歩は、水田地帯へ | トップページ | 「橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」……けっこうよくできていて、楽しめる虚構新聞 »