« 小生の博士論文が、インターネットで見られます(恥?) | トップページ | 今日は、会議……市の特別支援連携協議会 »

2012年5月16日 (水)

再建された北桑名神社の総門を見に行く

Img_9846 天気予報の通り、初夏の陽気が戻ってきました。とくに、今日は、25℃を超えるということですが、正午には25.1℃、そして14時には26.7℃と、夏日を記録しました。ということで、「晴歩雨読」、午前中、散歩に行ってきました。今日は、町中をブラブラする散歩でした。

Img_9807  さて、その第一の目的地は、というと少々大袈裟になります。わが家から、Img_9811 直線距離にして、約300m、道を辿っていったとしても、400mという近いところにあります「北桑名神社」であります(こちらにも、北桑名神社を紹介したブログがあります)。この春先から、ここで何やら工事をしていたのは知っていたのですが、いったい何をしているのかまでは知りませんでした。そして、5月13日の日曜日、周囲の町内から、石取祭の祭車が出て、鉦太鼓の音が響いていました。「いったい何だろう?」と思っていましたら、昨日の中日新聞朝刊の三重版に、「北桑名神社総門 再建され完成式」という記事が載っていて、納得したという次第です。石取祭の祭車がでたのは、「祝い曳き」ということです。

桑名市堤原の北桑名総社北桑名神社で、太平洋戦争の空襲で焼失した総門が再建され、13日に現地で完成式があった。

総門はヒノキ製の瓦ぶきで、高さ5.1メートル、幅3.5メートル、奥行き2.7メートル。合わせて参道もバリアフリー対応に改修した。

Img_9809  今まで余り意識していませんでしたが、正式名称には、「北桑名総社」という名称がつくようです。新設された、この由緒書によれば、この神社は、江戸時代初めから現在地に鎮座し、「三崎神明社」とも、「今一色神明社」とも称された今一色の産土神<うぶすめのかみ>だということです。明治41年(1908年)、太一丸にあった「太一丸神社」、「宝殿町」にあった「佐乃富<さのふ>神社を合祀し、「北桑名総社北桑名神社」と改称したとあります。しかし、太平洋先生ですべて焼失してしまったということでした。本殿、拝殿等、逐次再建され、今日に至ったということであります。

Img_9819  ちなみに、御祭神は、天照大神、須佐之男尊<すさのおのみこと>、 鵜葺不合尊<うがやふきあえずのみこと>(神武天皇の父)、高水上命<だかみなかみのみこと>(伊勢の豪族)、天児屋根命<あめのこやねのみこと>、持統天皇、大山祇命<おおやまぎのみこと>です。それにしても、神様の名前は、難しいです(苦笑)。

Img_9815  また、鳥居の左には、「持統天皇御舊跡<ごきゅうせき>」とありますが、「舊跡」は、「歴史上の事件や建築物などがあったあと」です。天武天皇、持統天皇は、白鴎元年(672年)、大海人皇子(のちの天武天皇)と后(のちの持統天皇)の時に、壬申の乱の際、吉野から伊賀を経て、桑名に来られ、桑名郡家に泊まられたといいます。持統天皇の御物である、鏡と硯とを伝えていた持統天皇社(宝殿町にあったとされます)がここに合祀されたため、「持統天皇御舊跡」とされています。なお、天武天皇社ものちに作られ、現在は東鍋屋町(伝馬公園の南)にありますし、天武天皇が足を洗われたという、「御洗足井」が、新屋敷にあります。

 すぐ近くにこういう歴史に出てくるような話が伝わっており、それに由来する旧跡があるというのは、楽しいものです。

Img_9823  境内から見ますと、この通りです。檜造りというのは、神社としては普通とImg_9827 いうか、当然なのでしょうが、真新しい檜造りの建物は、また一段と気持ちがよいものです。見上げてみますと、小振りとはいえ、立派なものです。

 ところで、散歩の方は、もう一つ目的があり、100円ショップで、USBケーブル、それも、両端ともAタイプのオスのケーブルがないか探すということでした。VAIOと、ENDEAVERの2台のパソコンを直結して、ファイルを転送したいのです。そのため、ここに来る前には、バローの100円ショップ、この後はアピタの100円ショップと、巡っておりました(笑)。しかしながら、パソコンと携帯オーディオプレーヤーをつなぐタイプは、100円でも売っていましたが、小生の欲しいタイプはありませんでした。

 アピタでは本屋も覗きましたが、これというものもなく、ついでに近くの中央公園で一休み。ここには、保育園の子どもたちが遠足に来ており、早々と弁当を食べていました。北桑名神社にも、近くの保育園の子どもたちが散歩に来ていました。最近、小中学生など、子どもたちが集団で歩いているときに車が突っ込むという事故が多いように思えます。子どもたちは、私たちの未来ですから、健やかに育ってもらいたいものです。

Img_9834  子どもたちといえば、帰り道のお宅で、ツバメの巣を見つけました。こちらです。確認できる限りで、4羽ほどのヒナがいるようです。親は、この写真を撮る直前に1羽がいったん、戻ってきましたが、またすぐに出ていきました。おそらく、ヒナたち、大変な食欲でしょうから、餌探しに大忙しなのでしょう。ヒナたち、このときは大人しくしていましたが、親鳥が現れれば、それこそ大騒ぎになるのでしょう。ちょっと微笑ましくなる感じです。

 小生の体調や、気分は、お陰様で悪くはありません。レクサプロを実際に中断してから、3週間弱ですから、そろそろ身体から、その成分はかなり抜けている頃かと思えます。しかし、どうも、午前中、ふらつきがありますし、眠気もあるのです。まぁ、もう少し様子を見ないといけませんが、降圧剤の影響もあるのか? という気もし始めています。いずれにしても、こういう薬は、長期的に服用するものだけに、その影響も大きいでしょう。本当は、医師にもそのあたり十分気を配っていただきたいと思います。

|

« 小生の博士論文が、インターネットで見られます(恥?) | トップページ | 今日は、会議……市の特別支援連携協議会 »

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小生の博士論文が、インターネットで見られます(恥?) | トップページ | 今日は、会議……市の特別支援連携協議会 »