« 九華公園お堀巡りと、桜の開花状況 | トップページ | 民主党≒AIJ? »

2012年4月 5日 (木)

今日の野鳥は、飛んでいるところばかり

Img_7022 あまりスッキリとして晴れてはくれません。午前中、8時台から10時台くらいは、晴れていたのですが、それ以降、また薄雲がかかっています。風は比較的弱く、気温も午後になって、13℃を超えたようですが、あまり暖かいとは感じられません。新年度を迎えておりますが、大学なども入学式のシーズンです。前の職場も、本日、入学式だったようです。新入生の皆さんには、希望に溢れた大学生活を送ってくださるようお祈りしたいと思います。

 桜の写真ですが、最初のものは、市立修徳小学校の校門脇の桜。2枚目は、諸戸氏庭園前の桜です。諸戸氏庭園前の桜は、かなり咲いてきました。

 さて、小生はといいますと、相変わらずの日常であります。体調は、身体的にはさほど悪くImg_7047 はありません。夜間に一度くらいは目覚めますが、まあまあ眠れます。ただ、先日来、とくに、あの春の嵐からこちら、どうも、アタマの霞、モヤがあまり晴れないでおります。そのためか、ふらつき(動揺性めまい)もあり、気分的にも何となくモヤモヤしています。モチベーションが湧かないという感じはあまりないのですが、読書やブレインワークなどが進まず、困ります。

 今月末になりますと、退職半年を迎えることもあり、そろそろ「桑名発達臨床研究室」をもう少しきちんと稼働させる準備を進めたいのですが、進捗状況ははかばかしくありません。まぁ、これで「大儲け」できる訳でもありませんし、そうするつもりもありませんから、慌てなくてもよいのが救いであります。

 というような状況でありますが、いずれにしても、天気は悪くありませんし、さほど寒くもありませんから、とにかく散歩です(笑)。今日は、雑誌が欲しかったので、三洋堂桑名店まで歩いて行ってくることにしました。往復でだいたい4㎞と、ちょうどよい散歩コースです。いつもとは、逆コースで、福島ポンプ場、福島地区の水田から三洋堂、修徳小学校、サーKと回ってきました。

Img_6978 野鳥達も、冬鳥の姿はもうほとんどありません。ポンプ場では、カワセミがいないかと思ったのですが、10時半と、彼の出勤時間にはやや早いようでした。福島地区の水田の中をあるいていますと、甲高い、「ケリッ」というか、「ケケッ」というか、特徴的な鳴き声が聞こえてきました。声の方を見たのですが、なかなか見つからず、結局、飛び去るシーンだけが撮影できました。

 ケリは、3月くらいから繁殖期に入っているようです。7月くらいまでが、抱卵期で、この間、3回ほど営巣するといいます。巣は水田内や畦などの地面に藁をImg_6980 敷き作るといいますので、ひょっとするとこのあたりに巣があるのかも知れません。しかし、元来警戒心の強い鳥ですから、見つけるというのは、多分かなり難しいでしょう。

Img_6983  ケリがいってしまった後、頭上を悠然と飛んでいったのは、こちら、アオサギです。南から北へ飛んでいきましたが、あるいは、諸戸氏庭園に棲むと思われる個体かも知れません。あちこちでひょんなところで遇いますが、神出鬼没という感じがすることもあります。

 このときは、曇ってしまっていましたので、かなり黒っぽい画像になっています。絞りをもうImg_6984 少し開くか、絞り優先のオートフォーカスにすればよいのでしょうが、とっさにそこまで対応する能力は、まだありません(苦笑)。カメラの修行が、なかなか進んでいないことが、こういうところでバレてしまいますね。

Img_7049  三洋堂で雑誌を買い、マンション前まで帰ってきましたら、珍しく、諸戸水路(惣構堀)の上空をユリカモメが、1羽だけ、回っていましたた。ユリカモメは、冬鳥なのですが、まだ、九華公園あたりに少し残っています。ただ、この諸戸水路にまで出没するのは、あまり見かけなかったことです。

Img_7004  そして、こちらはセントレア(中部国際空港)に行く途中のANAのジェット機であります。アオサギと同じ頃、すぐ上空を通過していきました。雲が出ていましたので、その成果、いつもより低く飛んでいるように思われました。もちろん、野鳥ではありませんから、あくまでも「オマケ」ですが……。

 それにしても、冒頭にも書きましたが、もう少し、頭の中のもや、霞が晴れてくれて、クリアになってもらいと思います。生活リズムを整える、服薬を続ける、運動の時間を作る、日光に当たるなどは続けているのですが、これだけではなかなか思うようには行っておりません。気温や、気圧など気象状態の影響を受けていると思うのですが、それに負けないほどに、自律神経系が安定していないということなのか、と自分では理解しています。しかし、「分かっちゃいるけど止められない」ではありませんg、「分かってはいても、あまりに頭が働いてくれない」となりますと、ちょっと気分的にも重くなりかけることがあります。

 そうそう、ボンヤリしているといえば、忘れるところでした。今朝のことです。6時に起きて、「今日も寒いかな?」とベランダに出てみたとき、すぐ前の4階建てのアパートの屋上あたりから、「テッペンカケタ」というような鳴き声が聞こえてきました。それも、2度、3度と。空耳や、聞き間違いではないと思います。間違いがないとすれば、ホトトギス? 夏鳥で、日本には5月中旬くらいにやってくる、山地で多く見かけると図鑑には書いてありましたが、どうなのでしょう? 眼鏡をかけていませんでしたので、姿をはっきりとは見られませんでしたが、やや濃いめのグレー、ハトより幾分スマートという印象でした。

|

« 九華公園お堀巡りと、桜の開花状況 | トップページ | 民主党≒AIJ? »

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 九華公園お堀巡りと、桜の開花状況 | トップページ | 民主党≒AIJ? »