« DN-CAS講習会(2012年度)と、実施ガイドDVDについての情報【保険点数について付記しました(4/19)】 | トップページ | わが家はファクトリーか?! そして、昨日の散歩余談 »

2012年4月19日 (木)

町屋川(員弁川)でキジを発見

 昨日と同じくらい暖かいのですが(正午で、19.8℃)、薄雲が広がっています。天気予報では、どうやら下り坂のようです。

120419  九華公園や、福島地内ばかりの散歩では、なかなか目新しいものにも出逢えなくなってきたなと思っておりました。冬に、水鳥を求めて、町屋川(員弁川)あたりでも散歩に行くと良いな、と思っていましたが、体調がスッキリしなくなって、そのままでした。昨日、たまたまブログ友達の「ミリオンの雑記帳」さんが、町屋川の散歩写真を載せていらっしゃいましたので、「やっぱり、一度行ってみよう」ということにしました。ちょうど今日は、家内が、イオン四日市北ショッピングセンターに行くといいましたので、途中の町屋大橋近く(桑名市安永)まで車に乗せてもらって行って来ました。

 上のグーグル・マップに示したのが、今日の実際の散歩コースです。予定では、三岐鉄道北勢線の西別所駅まで(グリーンの○を付したところ)ブラブラ3㎞ほど歩いてこようと思ったのですが、途中から、ダイサギなどに誘われ、予定コースからそれてしまい、町屋川を渡り、東金井に行ってしまいましたので、帰りはまた、家内に拾ってもらって来ました(笑)。

Img_8195  さて、今日最大の、そして、まったく予想外の獲物は、こちらです。町屋川の対岸に近い中州に、何やら黒っぽい鳥がいるように見えました。地図上では、100m弱の距離がありました。撮影しているときには、何だかさっぱり分かりませんでしたが、帰宅してパソコンに画像を取り込み、拡大して見てビックリ! 大きな声を上げてしまいました。

Img_8194  これをご覧ください。これは、もう雄のキジに間違いはありません。「こんなところにいるんだ!?」と思ったのですが、「生きもの出会い図鑑 日本の野鳥(久保田修著)」(学研教育出版、2011年)によれば、「最近は、河川敷で増えている」ということでした。また、「周囲に複数のメスがいることが多い」「一度見かけた場所で連続して観察できる」(同図鑑、p.17)とありましたから、これは、また何度も行ってみる価値がありそうです。場所は、JR関西線と、近鉄名古屋線の町屋川に架かる鉄橋の近くです。

Img_8200  これで調子が出て来ました。このあたりには、三重県企業庁の工業用水の取水口がありますが、その近くには、数羽のダイサギがおりました。これはそのうちの1羽です。背の高さや、足が黒いことからダイサギで間違いはないでしょう。写真を撮っているのを気づかれたのか、このダイサギ、すぐに飛び立ち、川の中央の方へ移動していきました。連続して撮影できましたので、ご覧くだされば幸いです。

Img_8202 Img_8203 Img_8204





Img_8206 Img_8207





Img_8230  このあたりには、アオサギもいるようで、ご覧のように悠然と飛んでいきました。よく見ますと、枝のようなものを口に咥えています。Wikipediaの説明によれば、以下の引用のように、ちょうど繁殖期のようですから、巣を作る材料を運んでいるのかも知れません。

同科他種を含めた集団繁殖地(コロニー)を形成する。雄が巣材を集め、雌が樹上に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作り、日本では4-5月に1回に3-5個 の卵を産む。巣は同じ巣を使いつづける。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は23-28日。育雛は雌雄共同で行う。雛は孵化してから50-55日で巣立つ。

Img_8285  ところで、今日は、もう1種類、黒っぽい、割と大きめの鳥も見かけました。こちらも、けっこう距離がありましたので、詳細は不明です。足の形、色や、姿、身体の色などからは、カワウのような気もしますが、どうでしょう?

Rimg0007  ということで、「目先を変えよう」ということだけであまり期待はしなかったのですが、思わぬ好成果でした。車で出かけるとちょっと不便ですので、自転車で行くとちょうどよいかも知れません。歩き始めたのは、国道1号線と、同じく258号線の交差点からですが、そこから町屋川に突き当たるところに、この写真に示した「安永の常夜燈」があります。


Rimg0002  もう少し引いて撮った写真ですが、この常夜燈の手前側(東側)を南北Rimg0011 (写真では、左右)に、旧・東海道が通っています。この写真を拡大して見ていただくと、表示の石塔が建てられています。この常夜燈のすぐ南(左手)に、旧・東海道の町屋橋が架かっていたところがあります。最初にお示しした散歩ルートで、国道258からいったん南に入ったところです。

 今日のように、歴史&野鳥探索の散歩、私が気に入っているスタイルです。

|

« DN-CAS講習会(2012年度)と、実施ガイドDVDについての情報【保険点数について付記しました(4/19)】 | トップページ | わが家はファクトリーか?! そして、昨日の散歩余談 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリオンさん
キジが撮れたのは、ある意味、ミリオンさんのお陰です。ありがとうございます。
図鑑の記述によれば、巣があって、同じ場所で見られるということですから、ときどき出かけて行きたいと思いました。
昨日は、まだ様子がよく分かりませんでしたので、河川敷には降りず、堤防の上や、橋から撮影していました。少しずつ、もう少し上流や、東金井側にも行動範囲を広げてみようと思います。
ますます「鳥撮り」に嵌まりそうです(笑)。

投稿: mamekichi | 2012年4月20日 (金) 10時12分

チーママさん、おっしゃる通りです! oneshotさんの域にはとてもとても、足下にも及んでいませんが、ラッキーだったことは確かです。数年前は、揖斐川の堤防道路(岐阜県内)を走っているとき、河川敷で見かけたことがありましたが、それ以来でした。
これでますます「鳥撮り」に嵌まりそうです(笑)。どうやら、「天の声」はその方向を指し示しているのですかねぇ?

投稿: mamekichi | 2012年4月20日 (金) 10時09分

mamekichiさんも町屋川へ行かれましたか。
たまにはいつもと違う所を散歩もいいですね。
多度辺りで何年か前にキジを見かけたことはあるけど、
キジが川原にいるんですね~。
近くに巣があるならまた見に行く楽しみができますね。
ダイサギの飛び立つ瞬間の姿は白くて優雅ですね。
黒っぽい鳥は何でしょうね?後姿かな、やはり鵜でしょうかね?

投稿: ミリオン | 2012年4月19日 (木) 22時15分

まぁ! なんと素敵な出会い!!
これはもう oneshotさん並に、鳥の神様に好かれているとしか思えませんよ♪
野にいる雉をみたのは、はるかむかーしに一度だけチラッと。
存在感がありますよね。
これからまた、楽しみが増えましたね(^^)v

投稿: チーママ | 2012年4月19日 (木) 21時34分

クロさん、お越しくださり、ありがとうございます。
もう少し色がきれいに出るとよかったのですが、あいにく、このときは曇り空で、100mほど離れていましたので、これくらいにしか写りませんでした。
図鑑にも、キジの雄は、同じ場所で見られると書かれていましたので、また、折を見ていってみようと思います。
よろしければ、またどうぞ、小生のブログの方にもお越しください m(_ _)m

投稿: mamekichi | 2012年4月19日 (木) 20時10分

雉見に来ましたね^^v
見事に写っていますね
雉はあまり遠くまで飛ばないので近くに巣が有るかもしれませんね^^
もう少ししたら雌がヒヨコを連れているかもしれませんね^^

投稿: クロ | 2012年4月19日 (木) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DN-CAS講習会(2012年度)と、実施ガイドDVDについての情報【保険点数について付記しました(4/19)】 | トップページ | わが家はファクトリーか?! そして、昨日の散歩余談 »