« 第25回サラリーマン川柳ベストテン入賞作を味わう | トップページ | 心理テストによるアセスメント(心理テストアセスメントにおける実際的問題) »

2012年4月28日 (土)

今日は、揖斐川あたりで、ヒバリとケリの競演……オマケはフジとハナミズキ

Img_8683 今日もまた、行楽日和です。今日は、半袖Tシャツに長袖シャツを羽織ってImg_8732 散歩してきました。途中から汗ばむくらいで、半袖シャツだけでも良かったかも知れません。今日は、揖斐川沿いから、福島地内を、2.6㎞ほど歩いてきました。多度山も青々しており、まさに、「目に青葉」の季節です。途中、長良川河口堰の目の前で、しばし休息しておりました。川面も静かで、ご覧のように河口堰の姿が水面に写るくらい穏やかでした。

Img_8650  さて、揖斐川の堤防を歩き始めてすぐ、目の前を鳥が横切って、降りてきまImg_8653_2 した。こんな舗装された路面に降りることは珍しいような気がします。ヒバリです。エサでも探しに降り立ってきたのでしょうか? 歩き回っております。

Img_8670  さらにこのように、草むらを覗き込んでいました。Wikipediaによれば、「食性Img_8656 は植物食傾向の強い雑食で、主に種子を食べるが昆虫、クモなどを食べる。地表を徘徊しながら採食を行う」ということですから、おそらく想像通り、エサを探しに来たのでしょう。それにしても、こんなところで、しかも、目の前といってよいほどのところでヒバリを見たのは初めてでした。

Img_8712  上述のように、河口堰の目の前で小休止をしておりましたら、アタマの上Img_8718 を何やら、聞き覚えのある鳴き声が横切っていきました。それもたびたび、しかも複数の鳴き声です。よく見ますと、この2枚の写真のように、ケリが、西の方(福島地内)と、河口堰の南あたりを、揖斐川を越えて往復しています。

Img_8754 Img_8757  これは、福島の水田も見てこないといけないということで、重い腰を上げて、福島の水田に向かいました。あれこれ見ておりますと、2組のつがいがいたようでした。この2枚、どちらがオスで、どちらがメスか分かりませんが、互いに鳴き交わしていましたので、ペアだろうと思います。30mくらい離れて水田の中に佇んでいます(まだ、このあたりは、水も入っていません)。

Img_8756  しばらく、何枚もシャッターを切っていましたら、こちらの存在に気づかれImg_8771 てしまいました。ケリは、もともと警戒心が強い鳥ですし、繁殖期に入って気が立っているのかも知れません。軽快するような鳴き声に代わり、こちらに向かって、威嚇するように何度も飛んできました。さすがに襲ってくることはありませんでしたが、頭上を飛んでいきます。

Img_8772  もちろんケリの方は、真剣なのでしょうが、こちらとしては、お陰様で、ケリが飛ぶ様子を何枚も写真に収めることができました。ただ、あまりやり過ぎるとケリたちに申し訳ありませんから、ホドホドのところでこの場を離れてきました。このケリさんご夫婦には、迷惑をかけましたが、割とクリアな写真が撮れました(微笑)。

Rimg0011_2  ケリのあとは、いつものサークルKの方へ回ってきました。というのも、わが家の近所の、とあるお宅のフジがいつも、見事に咲きますので、それを見てこようという次第です。それがこちらのお宅です。一軒のお家全体が藤木に覆われているくらいです。

Img_8810  ほぼ毎年、勝手に拝見しておりますが、いつ見ても見事です。惚れ惚れImg_8808 してしまいますし、風流といいますか、符がといいますか、そんな感じさえしてきます。

Img_8822  もう一軒のお宅。こちらはさらにわが家のマンションに近いところにありまImg_8825 す。ピアノ教室をしていらっしゃるようですが、このハナミズキも、いつもきれいに咲いており、こちらも、勝手ながら、楽しみにさせてもらっています。良く晴れた青空に、ピンク色の花がよく映えています。

 ということで、「安近短」の極致を行くような散歩でしたが、近場でもそれなりに楽しく2時間ほどを過ごしてきました。身体的には、昨日と同様、午前中は少々キツイ感じもありましたが、ふらつきや、モヤは昨日の午後くらいの感じでした。つまり、かなり軽減しています。身体的には少し疲れた感じですが、感覚的には、これからしばらくゴロゴロしていれば、また回復してくれそうな気がしています。引き続き、昨晩も断薬しましたが、お陰様で今のところ、調子が悪くなっているという感じはありません。

|

« 第25回サラリーマン川柳ベストテン入賞作を味わう | トップページ | 心理テストによるアセスメント(心理テストアセスメントにおける実際的問題) »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第25回サラリーマン川柳ベストテン入賞作を味わう | トップページ | 心理テストによるアセスメント(心理テストアセスメントにおける実際的問題) »