« 日本版WISC-Ⅳテクニカル・レポートが、#2まで公表されています | トップページ | カメの悲劇……凶暴カラスに襲われるも、命拾いした模様 »

2012年3月10日 (土)

河津桜はかなり咲きました、ホトケノザやオオイヌノフグリも……春の花たち

Img_4926 朝一番は、曇っていましたが、時間が経つにつれ、晴れてきました。それに、気温も、13時には、13.0℃に上がってきました。ということで、体調も、お陰様で復活してきております(喜)。やはり、暖かくて、しかも日光に当たることが必要なようです。どうやら、ドラキュラの仲間ではないことは確かなようです(笑)。

 さて、高血圧の薬が来週初めの分までしかありませんでしたので、今日は、まずはいつもの内科へ。前回から、プロブレスという薬が1種類減りましたが、幸いなことに、血圧は、とくに変わりはありません。上が微妙に(平均で2くらい)高いような気もしますが、主治医に測ってもらっても128/70で、「よろしいよ」ということでした。内科は空いていて、受付をして、ジャンパーを脱ぐか脱がないかのうちに、すぐに診察してもらえました。デジタルガジェット大好きの主治医は、iPhoneを操作しておられました(笑)。

Img_4921  調剤薬局で薬をもらって、そのまま散歩に回ってきました。動揺性めまいは残ってはいますが、昨日までに比べ、体調はよい感じです。まずは、寺町商店街へ、河津桜野崎具合を見に行ってきました。昨日夕方、家内も来たようですが、「だいぶ咲いていたよ」ということでしたから。

Img_4925  いつも、商店街の北の端、八間通沿いの3本の開花が早いのですが、今Img_4928 年も同様に、この3本だけ、すでに花が開いています。商店街の方の手により、雪洞もつり下げられて、いくらか花見気分を味わえます。小生、毎年、ここの河津桜が開花しますと、「春だなぁ」という気持ちになります。今年も、ようやく春が来たという感じです。お近くの方は、是非ご覧になるとよろしいでしょう。

Img_5017  このところ、散歩コースがワンパターン化していますが、このあとは九華公園へ。どことなく、春めいた気がします。ユリカモメや、カモたちの姿はさらにまばらになって来ています。北へ旅立っていったのでしょう。カモも、キンクロハジロが大半です。九華公園では、衝撃の場面! を目撃しましたが、それは、後ほど、もう一つのエントリにしたいと思います。

Img_4970  ふと見ましたら、何とあのアオサギが2羽、いるではありませんか!? Img_4997_2 いつも同じアオサギがいると思い込んでいましたが、実は、2羽だったのかも知れません。気が付かないものですねぇ。これからは、よく見てみないといけません。左は、奥平屋敷跡から、また右は、立教幼稚園の北から見たところです。

Img_5055  今まであまり気づきませんでしたが、首の前面には青黒色の縦斑が、さImg_5056 らに、胸や腹にも青黒色の縦斑がありました。この左の写真は、2枚前の写真では右奥の、1枚前の写真では左の個体です。右は、もう1羽の写真です。「鳥撮り」も、なかなか奥が深いものがあります(笑)。まだまだ修行が必要ですねぇ。

Img_5180  ところで、4㎞以上歩いて(いつもとは、逆回りです)、諸戸氏庭園前にImg_5187 戻ってきました。今朝のテレビで、「ホトケノザが咲いていました」といっていましたので、探してみようと思ったのです。咲いておりました。「春の七草」に含まれているホトケノザは、コオニビラコという別の種のようです。葉が、対生となっていますが、それを「蓮座」に見立てて、「仏の座」と名付けられたといいます(花色でひける野草・雑草図鑑(成美堂出版)による)。

Img_5191  こちらは、オオイヌノフグリです。わずか1cmにも満たない大きさの花でImg_5195 す。西洋では、この花の色(瑠璃色)から、バーズ・アイ(鳥の目)とか、キャッツ・アイ(ネコの目)と呼ばれるそうですが、和名は、実の形からこの名前がついてるそうです。

Ooinunofuguri  これが、「雑草のはなし(中公新書#1890)」に載っていた、オオイヌノフグリの実のイラストです。「オオイヌ」は、「大きな犬」で、「フグリ」は、この形からお分かりかと思いますが、陰嚢、つまり、金玉です(声を潜める代わりに、文字を小さくしてみました)。花の可憐さからすると、いくら何でも、ちょっとかわいそうな名前をつけられてしまっています。

 ということで、内科受診のついでに、午前中2時間、4.3㎞の散歩でした。九華公園では、散歩をする方以外にも、ジョギングや、ランニングをする方の姿も目立っていました。

 帰ってきてからも、まだ、動揺性めまいは残っており、アタマのもやも幾分ありますが、それでも体調は回復してきた感じです。やれやれです。まだまだ、体調の波はあります。が、暖かくなってきましたので、この波についても何とか対処する方法を考えていこうと思っております。

|

« 日本版WISC-Ⅳテクニカル・レポートが、#2まで公表されています | トップページ | カメの悲劇……凶暴カラスに襲われるも、命拾いした模様 »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

ミリさん
河津桜、いつも早く咲き始める3本が、かなり咲いてきましたよ。河津桜のピンク色、いいですよね。
それから、ホトケノザや、オオイヌノフグリも、見過ごし勝ちですが、私にはこういう小さな花を見つけるのも、春の楽しみになっているんですよ。
ところで、カラス対カメ。カラスも遊び目的ではなく、食べようとしたような気がするのですが、どうなのでしょう?カメもひっくり返されて、あちこち転がされ、突っつかれと、まさに手も足も出ない状態で、かわいそうでした。

投稿: mamekichi | 2012年3月11日 (日) 10時28分

河津桜は大分咲いてきましたか。
今日の午後旦那が散歩で寺町と鎮国守国神社の方へ行った様で、
私に河津桜と梅の花の携帯写メを送ってきてくれました。
河津桜の鮮やかなピンク色は春を感じていいものですね。
九華公園では亀の衝撃の場面に出くわしましたね。
他に食べる物はなかったんですかね。

投稿: ミリ | 2012年3月10日 (土) 22時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日本版WISC-Ⅳテクニカル・レポートが、#2まで公表されています | トップページ | カメの悲劇……凶暴カラスに襲われるも、命拾いした模様 »