« 河津桜はかなり咲きました、ホトケノザやオオイヌノフグリも……春の花たち | トップページ | 賢いアセスメント……A.S.Kafuman先生の講演から »

2012年3月10日 (土)

カメの悲劇……凶暴カラスに襲われるも、命拾いした模様

Img_5017_2 九華公園であります。このところの暖かさで、カメたちも冬眠から目覚めて、Img_4955 活動を始めたようです。管理事務所の東にある小屋に上がっていく通路は、いつも、カメの甲羅干しの名所になっているのですが、先日よりもまた、その数が増えています。今日は暖かでしたので、カメたちもノンビリしているように見えます。

Img_5019  お堀の水面では、こちらのカメさんのように、ノンビリと、小生が近づいても逃げもせず、プカプカと浮いたままのカメさんもおりました。冬眠から目覚めたばかりで、まだ寝ぼけているのでしょうか。

Img_5029  さて、先のエントリ(河津桜はかなり咲きました、ホトケノザやオオイヌノフグリも……春の花たち)にも書きましたが、アオサギが2羽おりましたので、その写真を一生懸命撮っているときに、カラスがやってきて、石垣のところから何かを引き上げました。

Img_5037  変な話ですが、その時は、「何? あんなところにメロンパンか何か落ちてImg_5043 いたのか?」と思ったのですが、よくよく見てみますと、どうも違います。右の写真をご覧ください。何と、カメさんを捕まえたのです! 右の写真では、裏返しになり、左下にアタマが見えますから、どうやら左の後ろ足のあたりをつついているようです。

Img_5045  ひっくり返したりして、つついています。どうもエサにしようとしているようでImg_5051 す。いやぁ、カメはひっくり返っておりましたが、小生は、ビックリしました。カメも、さぞビックリしたことでしょう。右の写真、おいや出なければ、クリックして拡大してご覧いただくと、カメが大きな口を開けて、まるで悲鳴を上げているかのようです。

Img_5097  お堀を挟んで対岸から見ておりましたが、カラスが嘴でカメの甲羅をつつく音が、カツカツと響いてきていました。このカラス、アタマのところの形などから、ハシボソガラスと思われます。しかし、それにしても、カメなんかを食べようとするものなのでしょうか? Wikipediaでカラスを調べて見ましたら、食性のところには、次のように書かれていました。

食性

雑食性で生ゴミや動物の死骸をついばんでいるところがよく目撃される。都市部では食物を得るためにごみ集積所を荒らすという行動や、農耕地では農作物を食害するという行動が問題となっている。その他にも昆虫類、小動物(小型哺乳類、鳥類の卵や雛、爬虫類、両生類、ザリガニなど多数)果実、種子、動物の糞なども食べる。ハシブトガラスは動物食傾向、ハシボソガラスは植物食傾向が強い。獲得した食物を物陰に隠し、後で食べるという貯食行動も行う。

Img_5058  何だか、往年のプロレスか何かで見た技(ストンピング:足の裏を相手のImg_5067 体に踏みつけるように叩きつける技)を繰り出しているようでもあります。カラスも必死なのでしょうね。しかし、カメも堪らないようで、ちょっと見ているのも忍びない気がします。


Img_5100  しばらく見ていますと、足か何かに食いついて、甲羅から引きずり出そうImg_51001 としています。「あイタタ」とカメの悲鳴が聞こえてきそうです。

Img_5109  今度は、頭に食いつかれたようにも見えます。カメさん、さんざんな目にImg_51092 遭っています。右は、同じ写真ですが、部分的にトリミングを施してみました。

Img_5114  しかし、それにしてもなかなかうまく行かないようで、カラスも少々途方に暮れているようでした。写真を撮っていると、かなり長時間の出来事だったように思ったのですが、写真のプロパティで確認しますと、この戦い、11時ジャストにスタートし、ここまで6分ほどでした。

Img_5117  そして、結末はあっけなく、しかも突然やってきます。この写真をよくご覧ください。手前側に石が並んでいるのが見えます。ここは、もうお堀の石垣のすぐ近くなのです。カラスが苦戦している間に、ついついカメを転がしてしまって、ここまでやってきてしまったのです。しかも、堀端ですから、写真では、はっきりとは分かりにくいかも知れませんが、この場所、傾斜がついています。

Img_5118  残念なことに、その決定的瞬間にシャッターを切ることはできなかったのですが、「チャポン!」という水音とともに、カメさんはお堀の中に転落していったのでありました。この写真の左下に、渦が見えますが、ちょうどここにカメが転落したのです。カラス、何となく呆然としているようにも見えます。

Img_5120

 ただし、このカラス、諦めきれなかったのか、すぐ近くにいた別のカメにもちょっかいを出していました。が、こちらはうまく行かなかったのか、何か気に入らなかったのか、すぐに諦めてしまいました。

 ということで、わずか数分の出来事だった訳ですが、大変珍しい場面を見せてもらえたのであります。残念ながら、狙われたカメさんが、どうなったかまでは、確認はできませんでした。ケガくらいはしたかも知れませんが、命拾いはしてくれたものと思います。

 いやぁ、散歩をしていると、いろいろな場面に出遭うものです。

 

|

« 河津桜はかなり咲きました、ホトケノザやオオイヌノフグリも……春の花たち | トップページ | 賢いアセスメント……A.S.Kafuman先生の講演から »

散歩」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

らくださん
食べようとしていたように見えましたが、遊んでいたのでしょうかねぇ? カラスは雑食ですから、何でも食べるのかも知れません。

投稿: mamekichi | 2012年3月11日 (日) 17時38分

カラスって何でも襲うんですね。

投稿: らくだ | 2012年3月11日 (日) 16時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 河津桜はかなり咲きました、ホトケノザやオオイヌノフグリも……春の花たち | トップページ | 賢いアセスメント……A.S.Kafuman先生の講演から »