« 歯は「脱臼」で、抜歯という顛末 | トップページ | うつ病を支えたことば……ことばには力があります »

2012年3月 6日 (火)

いよいよ春到来か……雨上がりの散歩から

120306weather 雨は、8時頃には上がってしまいました。いや、それにしても、急に暖かくなImg_4906 りました。朝も、昨晩からずっと、10℃くらいの気温が続いていましたが、日中には、最高16.9℃(15時)にもなりました。桑名の最高気温の平年値を見ますと、これは、4月上旬並みの暖かさです。すでに桜が咲いていそうな気温ですが、さすがに早咲きで知られる河津桜も、まだ2~3輪だけで、あとは蕾がいっぱいに膨らんでいただけでした(右の写真、寺町商店街)。ご覧のように、寺町商店街の八間通側の河津桜は、もうじき、開花しそうです。

Img_4800  午前中、散歩で通った揖斐川沿いの堤防では、左の写真のような光景が見られました。道路にたまった水分が、日光で暖められて、水蒸気となって蒸発していたようです。珍しい光景かと思います(奥に見える橋は、国道23号線の揖斐長良大橋です)。

 さて、その散歩ですが、9時半過ぎから2時間ほどかけて、ゆっくりと住吉神社から、九華公園にかけて一回りしてきました。「ゆっくりと」というのは、暖かくて、あまりせかせか歩くと、汗をかきそうだったからであります(笑)。ことほど左様に、暖かく感じられたということです。

Img_4798  揖斐川沿いにある、蟠龍櫓の近くでは、カワラヒワが珍しく、こんな低いところに止まっておりました。堤防に生えた草の上です。普通であれば、木のてっぺんあたりにいるのですが、何か物思いにでも耽っていたのでしょうか

Img_4807  暖かさに誘われてでショウガ、カメの甲羅干し場(と勝手に命名しました)Img_4876 は、今日はかなりの賑わいでした。冬眠から冷めてきたのでしょう。一方、冬鳥達の姿は、減ってきているようです。お立ち台のユリカモメたちも、最盛期の半分以下くらいに見えました。代わって、揖斐川の上空を飛んでいるユリカモメが多かった気がします。

Img_4883  カモたちもどうでしょうか、半分以下くらいの数でしょうか? 多いときには、3~4羽いたはずのカイツブリも、今日は姿が見えませんでした。大寒以降のもっとも寒いときには、体長がやや停滞気味でしたので、散歩をサボりがちで、せっかく開拓しつつあった、両ヶ池、伊坂ダムなど「遠征散歩」が、何とも中途半端に終わってしまい、ちょっと残念な気が、今になってしています(笑)。寒いと文句をいって、早く暖かくなれと願っていましたが、まぁ、勝手なものですが……。

Img_4886  今日は、久しぶりにアオサギが姿を見せていました。いつもなら、素知らImg_4810 ぬ顔をして、一カ所に留まっていることも多いのですが、今日は、いろいろの姿を見せてくれました。「お久しぶり」ということで、サービスデーだったのかも知れません。右のような、フィギュア・スケートまがいのポーズもありました。

Img_4901 Img_4902  また、何カ所か、飛び回ってくれたのですが、こういう飛Img_4891 翔姿もありました。さらには、正面からの顔まで見せてくれました。それにしても、正面から見ますと、細いですねぇ。「ひょろ長い」ということばがよく当てはまる感じです。

Img_4826  ところで、九華公園内の鎮国守国神社の周囲の梅の開花も順調に進んImg_4833 でいました。鳥居をくぐって、境内に足を踏み入れますと、梅の香りが、かなり漂ってきます。小生、どうも、このピンク色の枝垂れ梅が、気に入ってしまいました(笑)。白梅では、ちょっと物足りない気がしますし、本殿の前にある紅梅は、花が真っ赤で、ちょっと毒々しい感じがするからかも知れません。

Img_4838  雨上がりでしたので、花びらに水滴がついているところでも、と思ったのですが、なかなかうまくは行きませんでした。もう少し早い時間帯に出かけていれば、また少しは違ったかも知れません。カメラだけいいものにしても、ダメですね。

Img_4853  こちらは、お堀の周りの周回道路で撮って来ました。またまた、手抜きをしImg_4855 て、名前も調べておりません。覚えられなくなってきておりますし、以前、覚えたものも、記憶が怪しくなっていて、思い出しません(正確には、「思い出せません」です)。「まぁ、いいか」ということで、ご容赦ください(爆)。

 ということで、4.1㎞の散歩でした。出かけるときは、晴れてきていたのですが、歩いているうちに、だんだんとまた、曇り空に。ちょっと怪しげな雲行きでしたが、幸い降られることもありませんでした。ゆっくり歩きましたので、汗はかきませんでしたが、マフラーも、手袋もいりませんでした。

 昨日抜歯したところも、幸い、特に痛みもなく、化膿などもして来ておりません。明日は天気は回復するようですが、週末にかけてはまた崩れ、来週は、またちょっと寒くなるようです。まさに、三寒四温の頃です。今月後半には、もう少しあれこれと活動ができるようになれば、と思っています。

|

« 歯は「脱臼」で、抜歯という顛末 | トップページ | うつ病を支えたことば……ことばには力があります »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリさん
昨日は、一気に暖かくなりましたね。「早く暖かくなれ」と思う一方で、急に気温が上がりますと、体調を崩しかねないと思ったり、人間は勝手なものです(笑)。
九華公園の鳥やカメたちも、春モードに変わりつつあるようです。それと梅がかなり咲いてきて、香りが楽しめました。
アオサギに限らず、鳥の写真は、図鑑を見ても横からの画像がほとんどですが、正面を見ると、「別人か?」と思えますし、飛ぶときの羽の色や姿は、図鑑的な写真から想像されるものとは、かなり違います。
花の画像、2枚目のものは、同じ木に花が、かなり連なって咲いていましたので、おっしゃるようにアセビ(アケボノアセビ)かなと思います。
ミリさんに教えていただいて、「そういえば……」とだんだん記憶が戻ってきました。確か、前にも写真を撮って、調べたことがあるはずです。こうなると、もう笑っているしかありません。「しっかりしろよ」と自分に向かっていいたくなります(爆)。

投稿: mamekichi | 2012年3月 7日 (水) 09時17分

今日の昼間は暖房もいらないくらい暖かでしたね。
寺町の河津桜ももうじき咲きそうで楽しみですね。
九華公園の亀さんたちがたくさんいますね。
アオサギの羽根を広げた姿は優雅ですが足が細くてスリムですね~。
画像2枚目の花はアセビ(馬酔木)の花でしょうか?
アセビの花はまとまって咲いていることが多いので違うかもしれません、
自信がありません間違ってるかもしれません。

投稿: ミリ | 2012年3月 6日 (火) 21時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 歯は「脱臼」で、抜歯という顛末 | トップページ | うつ病を支えたことば……ことばには力があります »