« 大人のADHDと二次障害……中日新聞の連載から | トップページ | パキシルの徐放剤発売と、ジプレキサの適応拡大 »

2012年1月25日 (水)

公園巡りのつもりが、大山田第三公園だけ……メジロ、カワラヒワ、シジュウカラ

1201252 今日も、寒い1日です。桑名では、最低06℃、最高は6.6℃と気温が上がりませんし、風も5m/sとやや強く吹いていました。昨日の散歩が散歩だっただけに、今日は、距離は短くとも、なるべくフツーの散歩をと思っていました。少々考えた末、「桑名・大山田公園巡りツアー」なるものをでっち上げました。が、1カ所だけでかなり時間を使ってしまい、「巡り」にはならず、という始末。行き先は、大山田第3公園としました。

120125  この公園のある大山田団地は、江戸時代には、大山田新田と呼ばれていました。一帯は灌木の茂る山で、桑名藩の藩有林となっていたそうです。その中に手水溜池(ちょうずためいけ)が作られて、西汰上の用水として使われたといいます(この地図内上部の池)。明治時代には、国有林となったのですが、開発されるに至ったのは、昭和30年代に大規模な住宅開発が計画され、払い下げられたという歴史があります。地籍上では大字播磨・蓮花寺・額田・嘉例川にまたがる194ヘクタールが開発され、昭和51年11月から第一次分譲申込み受付け、入居開始は昭和54年3月でした(1998年の「広報くわな」連載記事「郷土史を訪ねて」を参照しました)。ちょうど小生が、大学院博士前期課程を修了したときです。

Rimg0003  さて、講釈はここらあたりまでとして、この公園、我が家から6㎞ほどと近Rimg0006 いのです。さほど大きくはないのですが、「大山田団地の野鳥達」さんのホームページによれば、結構な種類の野鳥が見られるということで、期待して出かけたという次第です。実のなる木がけっこうありましたので、そのため、鳥が集まって来ているのでしょう。

Rimg0012  公園北側には、上記の講釈にありますように、「手水溜池」が残っていまRimg0020 す。ただ、今日は、水はかなり少なく、水鳥の姿はありませんでした。丘陵地帯を開発しましたので、右の写真からもお分かりいただけますが、公園内にはかなりの高低差があり、歩いた距離は短かったものの、しっかり運動してきました(笑)。

Img_2026  最初の鳥は、こちらメジロです。公園内の東南の隅あたりに、かなりの数の群れをなしていました。結構賑やかだったのですが、ご覧のように枯れ枝の間をあちこち飛び回ってくれましたので、なかなかきれいに撮れませんでした。しかし、それでも、今シーズン、これだけのメジロを見たのは初めてでしたので、楽しませてもらえました。

Img_2034  メジロたちが去って行った後、今度は、カワラヒワの群れが、ちょうど同じImg_2048 あたりに現れてくれました。枯れ枝に残った好みをついばんで、これまたしばらく楽しませてくれました。空模様が曇りがちでしたので、あまり明るい写真にならず、残念でした。カワラヒワは、一昨日(1/23)にも拙宅前で見たのですが、これまた、これほどの数は、昨年の晩秋以来です。左右とも、写真の色が今ひとつですが、ご容赦ください。

Img_2071  そして、少し歩いたところでは、こちら、シジュウカラが群れていました。どImg_2075 うも、大山田第3公園では、市街地にある、九華公園などとは異なって、種々の鳥たちが、群れをなしているという特徴がありそうです。これまた、枯れ枝がかぶってしまい、撮影には少々苦労しました。

 その他、小生の目で確認できたのは、ヒヨドリ、スズメなどでした。ちなみに、上述の「大山田団地の野鳥達」さんの記録では、例えば、「キジバト、コゲラ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ツグミ、ヤマガラ、ホオジロ、シロハラ、ツグミ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス」が見られたといいます(2010.12.10)。小生、まだまだ修行が足りません、というか、「鳥見」としては、まだ初心者の入り口くらいなのでしょう。

Img_2092  ところで、こちら、手前の枯れ枝にピントが合ってしまい、超ピンぼけ写真に仕上がってしまいましたが、何なのでしょう? カワラヒワのようにも見えますが、分かりません。

Rimg0042  この大山田団地、桑名に引っ越してきてから、ときどきは出かけてきまRimg0043 す。旧・マイカル桑名(現・イオン桑名)がありますし、ユニクロ、書店、家電量販店、洋服店、ジェームズなど(今は、移転した店も含まれていますが)などに来ていました。桑名市コミュニティプラザ(2つ目の地図で、四角で囲んだところ)では、研修会の講師を務めたこともありました。今では、精神科に出かける通り道でもあります。この一帯は、本当に大規模な住宅団地になっています。左の写真は、大山田市民センターの裏から見た多度山と、その前は、「陽だまりの丘」という、さらに新しく開発された住宅地です。

 ということで、「公園巡りツアー」のつもりが1カ所で終了してしまいました。次回は、今日立ち寄ることができなかった、「藤が丘デザイン公園」の鳥を見てこようと考えています。こちらは、もう少し我が家に近く、東名阪自動車道のすぐ脇にあり、子どもたちの遊び場になっています。

|

« 大人のADHDと二次障害……中日新聞の連載から | トップページ | パキシルの徐放剤発売と、ジプレキサの適応拡大 »

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリさん
本文にも書きましたが、小生が、大学院を修了した年に入居が始まりました。その頃は、東名阪からは、まだ多くのところで造成工事をしているのが見えた記憶がありますが、かなりのスピードで大型団地になりましたね。
新興団地や、マンションは、入居者の年齢層がほぼ同一ですから、団地とともに入居者も年齢を重ねるということが多いですね。拙宅のマンションなども同様の傾向があります。
ところで、ご主人の実家が、近くにおありなんですね。昨日もたくさんの野鳥の鳴き声が聞かれましたよ。見上げてよく見ますと、結構見つけられるんじゃないでしょうか? もちろん、そーっと歩かないといけません。
メジロは、木の実や花の蜜をエサにします。梅の花が咲き始めると春が近いという気持ちになります。この頃のように寒いと、梅の花が待ち遠しいですね。

投稿: mamekichi | 2012年1月26日 (木) 07時19分

大山田第3公園は団なの実家へ行った時にたまに散歩する所です。
旦那の両親も昭和54年頃土地を買って入居した組です。
この辺りに住む人の年齢層も高くなってきました。
野鳥もけっこういるんですね。
この間実家に行って車を止めておいたら、
鳥の糞かなにか木の実の汁か何か知らないけど車にたくさん落とされました(>_<)
メジロは梅とかの木で見かけますが、
梅の咲く季節も近いということでしょうか。

投稿: ミリ | 2012年1月25日 (水) 21時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大人のADHDと二次障害……中日新聞の連載から | トップページ | パキシルの徐放剤発売と、ジプレキサの適応拡大 »