« 脳トレの効果について、ついに科学的論文が登場 | トップページ | 体調はまあまあ、レクサプロは半錠で継続中 »

2012年1月18日 (水)

5.4㎞歩けば、アオサギとヌートリアに出遭う

 朝は、空気が冷たかったですね。最低気温が、-0.9℃(4時)だったようですが、夜中0時から8時まで、ずっとほぼ0℃だったようです。陽が昇るにつれて、気温も上がり、14時には8.6℃になっています。

120118  さて、今日は、たくさん歩きました。ご覧のルートだったのですが、5.4㎞でImg_1201 す。珍しく、揖斐川沿いを北に向かい、国道1号線の伊勢大橋(右の写真)を超えて、大山田川をNTN桑名製作所あたりまで行って戻ってきました。帰りも、ちょっと遠回りをして、桑名高校衛生分校、東方、津田桑名幼稚園、修徳小学校のところを通ってきました。揖斐川沿いの1号線までや、しまむらから東方あたりは、ずいぶん久しぶりに歩きました。

 大山田川で、カモやサギ、カワセミがいないかと思ったのですが、これらに関しては、期待はずれでした。代わって、面白い写真が撮れましたし、思わぬ動物にも出遭いました。2つご紹介します。

Img_1204  まずは、その1つ。何の変哲もないアオサギですが、写真を撮っているのにImg_1210 気づかれ、却ってそのお陰で、飛び出しから、飛翔姿まで撮影できました(喜)。場所は、伊勢大橋の北、大山田橋あたりです。

Img_1211 Img_1212 Img_1214





Img_1217 Img_1218 Img_1221





Img_1222 Img_1226 Img_1230





Img_1232  ちょっとくどくて、恐縮です。最後は、揖斐川を越えて、長良川の方まで飛んでいったようでした。


Img_1252  今日、散歩に行って、このアオサギを捕ったあたりからは、昨日と同じ、藤原岳が見えますが、こういう感じです。近鉄特急アーバンライナーを入れて写してみました。少しズームアップして、わずかにトリミングしてあります。

Img_1452  ところで、ぐるっと回って、津田幼稚園横の踏切までたどり着きました。相当疲れていたのですが、ちょうど良い具合に養老鉄道がやってきて、遮断機が閉まり、一休み。ふと、脇の水路を見ますと、何でしょう? 最初は、動物の死骸でも浮いているんだと思ったのですが、どうやらヌートリアのようです。こんなところにいるんですねぇ。南アメリカ生まれで、「半水性で、池沼や流れの弱い河川の岸辺の土手などに巣穴を掘り、普通は雌雄のペアで生活をする。結氷するような寒冷地では生息できない」のだそうです。まぁ、桑名では、しかもこのあたりでは、まず氷は張りませんから、生き延びているのでしょう。

Img_1477_2  見つけたのは、この通り、まさに養老鉄道の踏切の線路の真下でした。Img_1493 しかし、さすがに、右の写真のように、真上を電車が通過するところです(ただし、右の写真は、この踏切付近では、養老鉄道に並行して、すぐ東を走っているJR関西線の電車です)。「こんなところなのに」なのか、「こんなところだからか」は、よく分かりません。この踏切のある道は、決して広くはないのですが、車は結構通るところです。

Img_1485  案の定といいますか、養老鉄道の電車が通過してすぐに、自らあがってきて、すぐ南の線路と土手(近鉄名古屋線の高架)との間の溝を、スタコラサッサと、逃げるように、行ってしまいました。写真はピンぼけになってしまい、恐縮です。ただ、ヌートリアに特徴的な太い尻尾が見えましたので(笑)。

 ということで、お陰様で、このところ、散歩写真では、野鳥に関しては結構成果が上がっています(一部、ヌートリアなる「環境省指定特定外来生物」クンでありましたが)。この成果の陰で忘れそうになりますが、体調の方も、フットワークも軽くなった気がしますし、決して悪くはありません。退職して2ヶ月半あまりですが、むしろ、少しずつ良くなっていることを実感しています。やはり、「辞めて良かった」ということなのでしょう。

 明日は、年が変わって2回目の精神科受診ですが、この調子では処方変更もなしでしょう。今の体調を維持し、さらに改善できるよう、「淡々と飽きもせず」やることにします。

 そういえば、ずっと、1月17日は、小生にとっては「プッツン記念日」というエントリを書いてきましたが、昨日は忘れているくらいでした。これくらいがよろしいようです。

|

« 脳トレの効果について、ついに科学的論文が登場 | トップページ | 体調はまあまあ、レクサプロは半錠で継続中 »

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

野鳥」カテゴリの記事

コメント

ミリさん
アオサギは、成鳥になると、90cmを超え、確か日本にいるサギでは、最大だと思います。鳴き声はあまりよろしくないのですが、姿はなかなか優雅なものですよね。ふわっと舞い上がるという言葉がまさにピタリの感じでした。
それから、ヌートリアの主食はマコモやホテイアオイなどの水生植物の葉や地下茎だそうです(Wikipedia)から、作物は荒らさないのではないかと思います。それにしてもあんなところで遭遇するとは、思ってもみませんでした。

投稿: mamekichi | 2012年1月18日 (水) 20時54分

アオサギって結構大きい鳥なんですね飛び出す姿は優雅ですね。
ヌートリアが桑名にもいるんですね。
線路の下の騒々しい所にいるんですね。
水の中のヌートリアは目をつぶって温泉にでも入ってるよう。
餌は何を食べるんでしょうね農作物とかを荒らしたりしないか心配ですね。

投稿: ミリ | 2012年1月18日 (水) 19時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 脳トレの効果について、ついに科学的論文が登場 | トップページ | 体調はまあまあ、レクサプロは半錠で継続中 »