« いよいよ冬鳥の季節か? | トップページ | 愛しの「恋人」と、至福の20分!? »

2011年12月20日 (火)

強欲な?!カワウさん

 先のエントリ「いよいよ冬鳥の季節か?」で、1枚だけ写真を載せて、「予告」しましたが、本日の散歩の途中、九華公園のお濠で遭遇した、カワウさんのことであります。ちょっと欲の皮が突っ張りすぎではないかと思えるような、無謀な漁に挑んでおられました(爆)。50mほど先の光景を、コンパクトデジカメ(SP-560UZ)の、18倍光学ズームで撮影し、さらにトリミングした写真を載せます。ピントがうまくあっていないものもありますが、ご容赦のほどを m(_ _)m

Pc200051  公園内の野球場の南にある堀に架かる橋を渡っているときに、太西を見て、気づきました。最初のショットがこれです。遠くて、肉眼でもよく見えなかったのですが、どうやらカワウが魚を捕らえようとしているようだということは分かりました。また、それがけっこう大物を狙っているとも見えました。詳細は、帰ってから、写真をPCに取り込んで、要約事態が飲み込めたということです。

Pc200052  その相手は、どうやらかなり大きな鯉のようです。さすがのカワウにも、Pc200056 ちょっと飲み込むのは無理だろうと思えますし、そもそもそれ以前に銜え込めるのか?、はなはだ疑問でしたが、成り行きを見守ることとしました。右の写真は、形と写り具合がヘンですが、画面の下の端にやっと映り込んでいたものです。

Pc200057_2  いったんはこれらの写真のように、鯉を押さえ込んで、咥えたか、と思われたのPc200064 ですが、事はそう容易には運ばないのが、世の常です。もう少しご覧ください。


Pc200065  左の写真では、鯉の尾のあたりを咥えられたようです。ところが、ところPc200068 が、次に撮った写真を見てみますと、口には何もなく、カワウは、何となく残念そうな目つきをして、堀の中をのぞき込んでいるようです。たぶん、落としてしまったのでしょうねぇ。

Pc200069  さらにしばらく見ていますと、次の瞬間には、また潜って、浮き上がってきPc200070 たと思ったら、再び先ほどの鯉を捕まえたようでした。これで一安心と思いきや、ところがギッチョンチョン。残念でした。またまた、逃げられてしまったようです。右の写真の通りです。

Pc200072  その後、このカワウさん。どういう心境かは、測りかねますが、水面でこのように羽を広げながら、あらぬ方を向いて、去って行ってしまいました。「逃した魚は大きい」とよくいいますが、本当でした(爆)。さすがにちょっとあのサイズでは、無理でしょうねぇ。よほど腹が減っていたのか、あるいは、もともと強欲だったのでしょうか。いずれとも分かりかねますが、なかなか面白いシーンを見せてもらいました(笑)。カワウさんには、悪いのですが、寒い中の散歩のご褒美として、楽しませてもらいました。

|

« いよいよ冬鳥の季節か? | トップページ | 愛しの「恋人」と、至福の20分!? »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

みーおばさんさま
あれはちょっと大きすぎますね、いくらなんでも。カワウは、獲物の大きさを考えないのでしょうか?もう少し近ければ、もっとクリアな写真が撮れたかも知れません。
ところで、白いカラスのニュース、私もたまたま見ていました。アルビノといって、黒い色素が生まれつき欠けているんでしょうね。私は、実物は見たことがありません。シロウサギとか、実験用のマウスとかもアルビノですね。余談でした(笑)。

投稿: mamekichi | 2011年12月20日 (火) 19時45分

先生、またまた凄いショットですね。しかし無理ですよね?あれだけ大きいと。
この間、三重テレビで白いカラスがうってました。先生は、散歩の途中で目撃した事ございますか?

投稿: みーおばさん | 2011年12月20日 (火) 19時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いよいよ冬鳥の季節か? | トップページ | 愛しの「恋人」と、至福の20分!? »