« 夏と秋の同居、こちとらは病と老化の同居か? | トップページ | 先行きは、やはりちょっと不安……体調ではありません、野田内閣です »

2011年9月 8日 (木)

諸戸氏庭園、修復工事再開

 今朝も19.4℃と20℃を割っていました。昼も、最高気温は、29.2℃とまぁ、過ごしやすい1日でした。

 体調は相変わらずです。昨日のエントリーにチーママさんがくださったコメントがかなりピッタリとはまる感じです。チーママさん、公開前庭でいただいたコメントですので、引用させていただきます m(_ _)m

つまり活性が低いんですよね。以前のようにドンと下りはしないけれど、低レベルで落ち着いちゃっているというか。
エンジン温めようとアイドリングしているけど、いつまでたっても調子っぱずれなアイドリングのままなんですよね。
昔はそこからスイッチonができたのですが、だんだんとスイッチが入りにくくなるというか、入ってもすぐに切れちゃうというか。
まさに活性が鈍っている。
きっと体や頭がそのレベルで維持モードになっちゃっているのでしょうが、そこからどう起動したらいいのか分からない。
やりたいこと、やらなくてはいけないことがあるのも分かっているけど、なんとも体が動かない。頭は動いているんですよね。
だから、思考と体のずれに、不安や違和感がある。
これ 本当に何とかしたい。起きて着替えて食べて、それだけで疲れちゃうんですから、いやになっちゃいます。
何かが不足。それが薬などで後押しできるものなのか、無理でも体を動かすことでスイッチが入るものなのか、思いっきり好きなことだけして気分を緩めることで逃れられるものなのか・・・

それと、もう一つ、回らぬアタマで考えたのは、先週処方された、半夏厚朴湯が合っていないのではないかということです。処方が変わったときは、アタマもスッキリして「良い感じ」と思ったのですが、その後の体調の変化を見てみますと、排便困難が再び出て来ていますし、よく寝たと思うのに、1日中眠気が強く、また、ふらつきも大きいのです。この薬の効能の一部を抜き書きしますと、次のようになります:

めまいなどをともなう次の諸症:
不安神経症、神経性胃炎、つわり、咳、しわがれ声、神経性食道狭窄症、不眠症

いわゆる「証」としては、「体力中等度以下の人で、顔色がすぐれず、神経症的傾向があり、咽喉がふさがる感じ(いわゆるヒステリー球)を訴える場合に用いる」で、「気分がふさぎ、不眠、動悸、精神不安などを訴える場合」(他にもあります)となっています。顔色がすぐれないとか、咽喉がふさがる感じというのはありませんから、やはりちょっとあわないのかもしれません。

 漢方薬があわないというのはあり得るとは思っていましたが、さほど気にしておりませんでした。また、漢方薬の副作用ということはほとんど考えていませんでしたが、認識が足らなかったかもしれません。この半夏厚朴湯、ちょうど1週間服用しましたが、いったん中止して様子を見ようと思います。

Rimg0004  さて、以上のことは午後から考えたことでしたが、午前中は、「それでも、Rimg0001 外に出て、陽に当たってくるか」ということで、諸戸氏庭園の前まで、ノロノロと出かけてしばらく陽に当たってきました。惣構堀の端では、ヒナバッタが2匹、つるんでおりました(笑)。

Rimg0006  ツユクサもたくさん花を咲かせておりました。という流れですと、気分もよくて転々となりそうであり、なるべきところですがどうもイマイチでした。眠いし、フラフラですし、お腹の気持ちは悪いしでありました(爆)。早々に退散してきました。

Rimg0011  ところで、本日のお題をここまで引っぱってしまいましたが、諸戸氏庭園、どうやら本日から修復工事を再開のようであります。朝から、何やら物音がしていたのには気づいておりましたが、このようにクレーンも入れて、御殿の建物(写真中央、上部)の修復も始まったようです。

Rimg0013  作業員の方達も何名か出ておられました。1枚前の写真をさらにズームアップしたものです。地上に降りてしまいますと、塀やら、庭の木々やらに覆われてしまい、見えませんので、9階の我が家の玄関前から、「のぞき見」する以外に手がありません。念のためにお断りしておきますが、単なる「覗き」ではありません。勝手にフォローさせていただこうと思っています。

 体調の話の続きを思い出しました。眠くてたまらなかったのですが、結局、午後からは、宅配で起こされたため、2回に分けて、計3時間あまりも惰眠をむさぼっておりました。ただし、その後は、眠気は解消致しました。昼間、寝過ぎてはいけないと思っていますが、ここまで眠気があるのならば、寝た方がよいのでしょうか? 疑問は残りましたが、眠気は解消しましたので、結果論的には、「まぁ、良いか」であります。

|

« 夏と秋の同居、こちとらは病と老化の同居か? | トップページ | 先行きは、やはりちょっと不安……体調ではありません、野田内閣です »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

チーママさん、ご心配をおかけしております。
どうもお腹の調子がかなり影響しているようです。健康なときでも、お腹の調子がよくないと元気がなくなると思いますが、それと同様の面があるようです。半夏厚朴湯を止めましたら、ちょっと戻った感じです。それと、眠気は、「ええい!眠いときは、寝てしまえ」と、開き直りで対処しています。
それと、ベランダ書斎、最近また、夕方に時々、ボンヤリとするようになっています。
季節の変わり目が過ぎて、気候が安定したらまた、落ち着くような気もしています。まぁ、ここまで来ましたら、少々のことでウロウロしても始まりませんし(笑)。

投稿: mamekichi | 2011年9月10日 (土) 12時28分

そういえば、もうひとつ思いつくことがありました。
疲れです。
センセ 今回は結構長くなっていますよね。それも以前のように、時々大学へ行ったりということもできずに。
毎日体調が思わしくなく、何だろう、どうしたらいいのかなぁと考えていますとね、病気であることに疲れちゃうんです。
毎日同じように不調で、同じような生活をしている。
その状態にうんざりというか、疲れてしまうのです。
転地療養にお出かけも難しいようなら、そろそろ暑さもひと段落してきますので、思い切ってベランダで読書出来るように、小さなテーブルと椅子でも持ち出して、アウトドアライフを計画してはいかがでしょうか。もちろんお茶つきで。
開放された空間と、秋空をながめてというのは、ちょっとした気分転換になるかもしれませんよ(^^)

投稿: チーママ | 2011年9月 9日 (金) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏と秋の同居、こちとらは病と老化の同居か? | トップページ | 先行きは、やはりちょっと不安……体調ではありません、野田内閣です »