« 菅首相のありようと、この扱われよう……早く何とかしてくれよ | トップページ | 学び方-その基礎の基礎- »

2011年7月30日 (土)

やっぱり二尺玉はすごい!【追加あります】……桑名水郷花火大会2011

Rimg0249_2  水郷花火大会、無事、本日(7/30)開催されました。いつも思うことですが、Rimg0176 やっぱり二尺玉は、すごい! これに尽きます。我が家から400mほどの,揖斐川と長良川の中州から打ち上げられますので、あの音は1秒ほどのギャップがあるだけで、ほぼリアルタイムに響いてきます。今、「響いてきます」と思わず書きましたが、マンションの建物本態に音というか、空気の振動が響き渡りますので、マンションそのものが揺れる感覚が味わえます。まさに、水郷花火大会のためにあるマンションです(爆)。この2枚は、二尺玉ですが、RICHOのCX-3のレンズを広角側いっぱいの28mmにして撮影して、このサイズに映ります。目の前の空いっぱいに花火が広がっていて、何度見ても感激します。

Rimg0143  パンフレットを見たときには、いつもよりもショボイような感じがしたのですが、そうではありませんでいた。良い方向に期待が裏切られました。ひょっとしたら、これまででもっとも良かったかもしれません。この写真は、玄関前の廊下で取ったのですが、右上に、マンションの非常階段の部分が映っています。多少は、花火の大きさが実感していただけるかと思います。

Rimg0146  水中スターマインです。揖斐川を遡りながら、花火を次々と水中に落としRimg0218 ていき、花火は川面で花開くのです。いつもの年は、下りながらと、上りながらの両方がありましたが、今年は上り長良だけでした。

Rimg0152  プログラムでは、スターマインばかりでつまらないか? という気もしていRimg0155 たのですが、そのスターマインの打ち上げ方も,今年は趣向が凝らされていました。打ち上げが、斜め方向であったり、打ち上げ箇所数が多かったりとけっこう楽しめました(微笑)。

Rimg0157  花火が始まる前は、ちょっと気分も乗りかねていたのですが、いけませRimg0266 ん。あの音が聞こえてくると、とてもとても落ち着いてはいられません。そそくさとカメラを三脚にセットし,今年このために購入したケーブルスイッチ(RICHO CA-1、Amazonで¥2,036なり)を装着して、玄関前の廊下や、非常階段を移動しながら、結局、トータル266枚も写真を撮っておりました(爆)。このケーブルスイッチ、作りは安っぽくて、今にも壊れるかという気がする純正品なのですが、案外強力な助手となってくれました。いつもの年に比べ、ぶれた写真が激減しました。

Rimg0170 Rimg0174 Rimg0181 Rimg0237



 いやぁ,今年の水郷花火大会、よかったですねぇ。とくに、二尺玉が14発というのには、大満足です! NTNグループの皆様に感謝しないと、罰が当たります。

Rimg0075  ということで、NTNグループの仕掛け花火を追加致しました(7/31)。「いくぞ日本 NTN」と出るはずですが、私の写真では、最後の「N」が写っておりませんでした(ひょっとして、うまく着火しなかったのでしょうか?)。また、一つだけ講釈。二尺玉は、花火本体の直径は約60cm、重さ70kg、打ち上げられる高さは500m、開花半径が240mだといいます。また、上空での開花時間は、10秒にも及ぶということで、確かに、開いている時間も長く,音も響き渡りますので、余韻を十二分に味わえます。

 規則によって、場所によって打ち上げられる花火の大きさには制限があるようです。以下は、「日本の花火をもっと知りたい」の「花火の大きさのいろいろ」にある説明です。

その花火大会で打ち上げることができる最大の玉の大きさは「保安距離」によって限定されます。これは打ち上げ場所から観客や付近の建物まで玉の大きさに合 わせて、一定の距離(10号で半径290メートルなど)を置かなければならないという安全距離で、法律で定め、都道府県により規定が違っています。より広 い保安距離が確保できる場所では予算の範囲内で大きな玉が打ち上げられますが、逆に大都市近郊では「打ち上げ場所が狭い」ために小玉ばかりになってしまう のです。

|

« 菅首相のありようと、この扱われよう……早く何とかしてくれよ | トップページ | 学び方-その基礎の基礎- »

季節」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

MM21さん、初めまして。
水郷花火大会では、毎年、二尺玉が上がるのですが、このとき14発というのには、私たちも驚きました。私などは、パンフレットを何度も見直したくらいです(笑)。すごい迫力です。
新潟の長岡かどこかの花火大会でも、大きな玉が打ち上げられているのではなかったでしょうか?

投稿: mamekichi | 2012年5月29日 (火) 08時12分

こんにちわ はじめまして。

2尺玉14発ですか?凄いですね。
そんな夢のような話今までに聞いた事ありません。
もし、それが本当だとしたら凄すぎます。

投稿: MM21 | 2012年5月28日 (月) 22時31分

らくださん
線香花火も、日本の伝統的な情緒でよろしいかと思いますが、この二尺玉もすごいですよ。一度、ぜひお越しになってください。来年辺り、いかがでしょうか?

投稿: mamekichi | 2011年8月 1日 (月) 05時07分

これは大迫力ですね。らくだが昨日やってきた線香花火とは雲泥の差です。
新潟片貝町の4尺玉や大阪PLの花火も1度見てみたいのですが、あの人出を考えると・・・。
今週末は大阪淀川の花火見物なんで、長良川中止の分も楽しんでこようと思います。

投稿: らくだ | 2011年7月31日 (日) 21時49分

ミリさん
お疲れ様でした。人出もたいそうだったようですね。お陰様で我が家は、失礼ながら「高みの見物」をさせていただいております(微笑)。よろしければ来年は、9階へご招待致しましょうか?
さて、カメラは、私もコンパクトデジカメです。よろしければ、こちらをご覧ください→http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx3/。今回は、三脚とケーブルスイッチを使いましたので、ピンぼけ作品がかなり減りました(爆)。

投稿: mamekichi | 2011年7月31日 (日) 05時24分

こんばんは、もう花火の写真の編集を終えられたんですね。
花火大会の会場まで家から徒歩で片道25分ほどかな、
疲れたので編集は明日にしようっと(笑)
今年の花火大会良かったですね、二尺玉が14発あがって迫力がありましたねNTNさまさまですね。
マンションの9階からだと水面もちゃんと見えますね。
住吉神社の西側にいましたが会場にはたくさんの人でした。
写真上手く撮れてますね、私のカメラはコンパクトなのでしょぼいです(爆)

投稿: ミリ | 2011年7月30日 (土) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 菅首相のありようと、この扱われよう……早く何とかしてくれよ | トップページ | 学び方-その基礎の基礎- »