« お気に入りのサラセン……サラリーマン川柳 | トップページ | 未来の希望は子どもたち……それに引き替え、この大人たちは救いがたい »

2011年5月22日 (日)

再生への希望

Rimg0008 一時は、我が家随一の『成長株』とたたえておりました、こちらのゴムの木。昨冬、ちょっと冷たい仕打ちをしてしまい、寒い中、ベランダに放置してしまうという失態を演じ、その後は、ゴムの木であったとも判じがたい、「ゴムの木のなれの果て」になってしまっていました。葉っぱはすべて、また、幹もかなりを切ってしまい、様子を見ておりました。

Rimg0005  ところが、今日になって、よくよくみてみましたら、この写真のように、根元から新しいRimg0007 芽というか、葉というか、出てきているのを発見しました! 右のように、別の角度からさらに探ってみますと、別に新しい芽吹きもありました。いやぁ、「捨ててしまわなくてよかった」というのが、正直な感想です。もともとは、ダイソーで買ってきたものを、大切に育ててきたのです。などと書くと笑われますが、そうなんです、もともとは100円ショップ出身です。

Rimg0016  それにしても感激ものです。もっとも、我が家だけのストーリーでしかないというのは、重々承知しています。ベランダの草花たちにつきましては、このところ、とんとご無沙汰でした。そもそも、小生自身が世話をサボっておりまして、ずいぶん規模も縮小してしまっていますが、それでも一部は花をつけてくれています。これを機会に、もう一度きちんと世話をするようにしないとと思っています。

 さて、体調の方です。5月20日(金)のエントリー“これで素の状態かなぁ”と書きましたが、昨日くらいで、抗うつ薬抜きでのフツーの状態になったと思います。ルボックスを飲んだときにも耐えがたいものがありましたが、抗うつ薬なしも結構辛いものがありました。

 詳細は割愛しますが、これで、ヤク抜き状態での現状が一応分かりましたので、昨日からは、飲み残しの「パキシル10mg」を1錠、就寝前に服用して体調をみることにしました。次の診察日は、今週木曜ですから、5日ほど飲んでみた状態で診察が受けられます。

 しかし、ヤク抜き状態も結構辛いものでした。再確認できたのは、まだまだ寛解状態ではないということで、抗うつ剤のhelpは必要であろうということです。ここ2年ほどの間で、もっとも悩まされてきたのが、ふらつきです。うつの症状なのか、抗うつ薬の副作用なのか、それとも他のものか、区別がつきません。血圧の影響ではないだろうということは、まず間違いはないと思います。このふらつきがどのように変化するかについても、じっくりと観察をし、できればその由来を知りたいと考えています。

 あれこれと薬を使ってきましたし、複数の抗うつ剤を併用したりもしてきましたので、いったん何もない状況に戻して体調を観察し、必要な薬を処方してもらおうというのが、ルボックスをやめて以来のプランでした。confuseしたら、スタートもしくは基本に戻れというのが、やはり重要でしょう。

 ここから、100円ゴムの木のように、“再生”といければよいと思っています。再生ですから、元の状態に戻ることが目的ではないということだけは、ここで書いておきます。56年間生きてきて、身も心もかなり垢など余分なものやことをため込んできているような気がしています。幸い、雨露をしのぐことのできる家はあります。ローン、借金の類いはありません。子どもたちも、曲がりなりにも育ってきて、娘も高校2年生ですから、今後、二人ともそれなりにやってくれるでしょう。家内のところに、田畑がありますから、食べることもなんとかなるでしょう。

 ときどき書きますが、我々の父親の世代でしたら、とっくに定年退職を過ぎた年齢です。男性の平均寿命がほぼ80歳と考えれば、残りの時間は普通に考えて、24~5年でしょう。そろそろ、いろいろな意味で身軽になって、自分と家族のためを中心に据えて、名声・浮利は望まず、役にも就かず、借金の保証人にもならず(?)、楽しみながらやっていくことができれば、ありがたいものだがなぁという思いが、最近、頭の中にちらついておりまする。

 別に確固たる方針が、今の時点で定まっているものではありませんし、現時点で、何かを宣言するつもりもありません。頭の中にボンヤリと浮かんでいることを言葉に書き留めてみました。そうすることで、少しは考えが深まるかということを、自分で自分に期待しているだけです。読者諸賢も、解釈はご自由にどうぞ(ロールシャッハのごとく、投影法の心理検査です……なぁんちゃって)。ただ、あまり高等なことや、複雑なことを考えているのではありませんから、深読みはされないことをお勧めします。

 何かご示唆、ご助言があれば、歓迎いたします。ご質問につきましては、気が向いたらお答えします(恐縮ですが)。さて、そろそろ雨も上がって、外は多少明るくなってきたようです。

|

« お気に入りのサラセン……サラリーマン川柳 | トップページ | 未来の希望は子どもたち……それに引き替え、この大人たちは救いがたい »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

らくださん
おっしゃるとおりですね。この冬は、割と暖かい日が多かったものですから、ついつい気を許してしまったのが、失敗でした(笑)。しかし、まぁ、105円ですからね。それにしても、ゴムの木、なかなか侮れません。今度こそ、枯らさないようにしてやらないと、罰が当たります。

投稿: mamekichi | 2011年5月23日 (月) 06時59分

暖かい地方の植物は、冬の時期の管理が大変ですよね。
らくだもこの冬は、育てていた植物がいくつか枯れてしまいました。
mamekichiさんと違って購入費は無料なので(食べ終えた果物の種)、あまりショックはなかったんですが。

投稿: らくだ | 2011年5月22日 (日) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お気に入りのサラセン……サラリーマン川柳 | トップページ | 未来の希望は子どもたち……それに引き替え、この大人たちは救いがたい »