« まな板の上の鯉……A man left to his fate | トップページ | 阪神大震災を精神科医はどのように戦ったのか……中井久夫氏の手記が電子書籍でよみがえる »

2011年4月 7日 (木)

桜を歩く(続編)

P4070045  昨日の内視鏡検査も無事終わり、ホッとしております。ホッとしたせいもあるのか、今日は、さすがに検査疲れのような感じで、1日が終わろうとしています。何となく、疲れた感じがするのと、まだ、お腹がグニュグニュしているような気がします。ただ、体重は、検査前に比べますと、マイナス1.5㎏ほどとなっていました(笑)。ときどきは、プチ断食を行うとともに、下剤で排泄を促すとスッキリするかもしれません(苦笑)。

 それはさておき、午前中から気温がかなり上昇し、春というよりも初夏の雰P4070046 囲気が漂っていました。それもそのはず、最低気温が9.7℃もありましたし、14時には、19.1℃を記録しています。絶好の外出日和です。ただし、はじめに書きましたような体調で、ちょっと電車に乗っての外出リハビリをするほどの元気はありませんでしたので、近所の桜巡りをすることにしました。といいますのも、これら最初の2枚の写真(いずれも、拙宅の周囲です)のように、いよいよソメイヨシノも本格的に咲いてきましたので。

 ということで、住吉入り江、桑名別院、南寺町の常信寺、精義幼稚園&精義小学校と、近いところを回ってきました。途中、ついでに、アピタや銀行に立ち寄って、用事を済ませるというコースで、2.8㎞ほど、ゆっくり、1時間半あまりかけての散歩です。名付けて、“桜を歩く(続編)”ということです。4月1日の“桜を歩く”に続くものであります。

P4070058  こちらは、2枚目の写真のすぐ右(東)、玉重橋の袂にありますエドヒガンP4070054 ザクラの一種だろうと思います(100%の自信はありませんが)。ピンク色が濃いのが、その特徴です。花が下向きにつきますので、どうしても下から見上げるというアングルになります。まだ、咲き始めです。2分~3分咲きといえるかどうか、というくらいです。

P4070074  4/1にも行っていますが、浄土真宗大谷派桑名別院・本統寺の桜です。P4070079 ちょうど寺町商店街からの入り口から、山門と、その前の桜を眺めています。個人的には、なかなかいい眺めだと思っています。右は、山門に近づいて撮りました。山門には、「桑名別院」の文字が見えます。さらに、門から派、境内にある桜の木も覗いています。

P4070082  その境内、本堂前に咲いている桜の木です。青空に淡いピンクの花がよく似合います。桑名別院は、近くを通ると必ずお参りに立ち寄ります。そして、本堂の向かい側にあるベンチで一休みするというのが、私の個人的な“お約束”となっています。落ち着ける場所の一つなのです。今日も、その恒例にしたがって、一息ついてきました。このように、私の散歩は、ウォーキングのようにひたすら歩くというものではなく、ブラブラと気ままに、デジカメをぶら下げて歩き、ちょくちょく休憩を取ったり、写真を撮ったりというテキトーなものです(笑)。

P4070095  さて、こちらも、先日行ってきたばかりですが、常信寺の境内です。ここの桜の木もけっこう古いものですが、それだけに味のある感じが醸し出されています。静かな境内です。四季折々に、いろいろな花が咲きますので、ちょっと立ち寄るというのが楽しみなところです。この後、アピタと銀行に立ち寄りましたが、やはり人の多いところはちょっと疲れます。

P4070102  次は、精義幼稚園の園庭にある桜の木です。幼稚園は、精義小学校に併設されています。2~3年ほど前には、入園希望の子どもの数が少なく、休園したこともあります。今日は、どうやら入園式だったようで、着飾った子どもたちとお母さんたちが、桜の木の下のあちこちで、話をしていました。子どもたちの賑やかな声が聞こえるのは、良いものです。ここの桜の木は立派です。背後にあるのは、小学校の体育館です。

P4070116  そしてこちらが、精義小学校の正門前の桜です。これもなかなか風格のP4070114 ある桜の木です。私たちが子どもの頃には、まだどの小学校にもあったと思いますが、今でも、二宮金次郎さんがいらっしゃいます。爛漫の桜には目もくれず、相変わらず、読書にいそしんでおられました(爆)。学問の道の端っこにいるものとしては、是非とも、見習わなければなりません。

P4070118  散歩の終わり、我が家の近くまで戻ってきましたら、民家のお庭に2種類P4070123 の桜が咲き始めていました。これも、ヒガンザクラの系列なのでしょう。濃いピンク色の桜です。また、右の写真のように、ヤマザクラというのでしょうか、白い花をつけたものも開花し始めていました。

 ということで、本日は、桜のオンパレードであります。もう十分、堪能したという気もしますが、やはり、この季節、なんといっても桜を眺めないことには、気が済まないというところです。週末には、九華公園の桜も満開となるでしょう。また、ここ2~3年、ご無沙汰してしまっていますが、市内の走井山の桜も見に行きたいものです。リンク先は、akarisanの雑記帳です(勝手にリンクしました m(_ _)m )。走井山の桜は、名前の通り、小高い山一帯に桜が咲いており、見事なのです。

 明日は、愚息の大学の入学式です。天気はどうも下り坂のようですが、門出を祝ってやりたいと思います。もちろん、我が家では、親がついて行くなどということはいたしませんので、ご安心ください(苦笑)。娘の高校も、始業式があり、早くも高校生活2年目のスタートとなります。そろそろ、卒業後の進路についても、真剣に考えてくれないと……。

|

« まな板の上の鯉……A man left to his fate | トップページ | 阪神大震災を精神科医はどのように戦ったのか……中井久夫氏の手記が電子書籍でよみがえる »

季節」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

散歩」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

花・植物」カテゴリの記事

コメント

そうそう、花祭りは、今日(4/8)の午前中に開催されたようです。こちらに、別院のサイトがありました(今まで知りませんでしたが……)。http://www.betsuin-987.com/

投稿: mamekichi | 2011年4月 8日 (金) 12時13分

ミリさん、ありがとうございます。ブログには勝手にリンクさせていただき、申し訳ありません。
さて、おっしゃるようにあちこちで桜の開花が進みましたね。我が家のベランダから眺めても、そこかしこに桜が見えます。あいにく、先ほどから雨が降り始めましたが、まだ花散らしの雨にはならないと思います。明日には雨が上がるようですから、週末にめいっぱい楽しみたいところですね。

投稿: mamekichi | 2011年4月 8日 (金) 12時09分

市内の桜もそろそろ見頃になってきたようですね。
お寺や小学校とあちこちに桜の木がありますね。
今日は雨が降ってきそうなので明日以降私も出かけてみようと思います。
今日はお釈迦さまの誕生日だそうですが、
花まつりは今日あるのかどうか?
最近桑名別院に行ってないので詳細はわかりません。
イベントは日曜日にあるのかな?

投稿: ミリ | 2011年4月 8日 (金) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まな板の上の鯉……A man left to his fate | トップページ | 阪神大震災を精神科医はどのように戦ったのか……中井久夫氏の手記が電子書籍でよみがえる »