2020年7月 9日 (木)

ベランダバードウォッチング(微笑)

Img_6499c_20200709170201  大雨は降りませんでしたが、結局、終日雨模様でした。午前中は、遠隔授業の準備。8月に入ってからの授業のレジメ。6月22日スタートでしたから、夏休みはないのです(苦笑)。7~8月の祝日も、旧盆の週も授業。お盆明けの週にオープンキャンパスがありますのでその週は休みですが、9月中旬まで続きます。前期が終わると、1週間おいて後期。午後からは、メダカ水槽の水替え、昨日に続いて、一昨年の市民大学の歴史講座の講義をまとめた資料の修正作業(2020年7月 8日:夜半から朝方にかけてよく降りました)。そして、ベランダからバードウォッチング(微笑)。散歩には出られず、残念でしたが、ベランダバードウォッチングがなかなかでした。

Img_6349c_20200709170101  朝の揖斐・長良川方面、一昨日に続き(2020年7月 7日:研修会資料を仕上げ、アサガオを植え付けた「雨読の日」)、今日もImg_6367c_20200709170101 川に霧が立ちこめていました。左の写真は、諸戸氏庭園、六華苑から長良川河口堰方面を広く見たもの。右は、クローズアップ。左下に見えているブルーの塔屋は、六華苑の洋館のもの。

Img_6338c  埋め草のような内容が続きますが(苦笑、散歩したり、今の時期ですと、万助溜公園でチョウトンボなどを見てこられたらよいのですが)、ベランダ園芸から。万年青(おもと)。その名の通り、常に青々としていますので、縁起がよく、開運のシンボルともいわれる植物。一段と元気になってきて何となくうれしい(微笑)。一度、きちんと育て方を確認しておかないといけません。

Img_6411c_20200709170101  メダカの水槽、水替えをしました。睡蓮鉢も水替えをしました。他の、100均で買ってきた食品保存容器に比べると大きいのImg_6415c で、この水替えにはなかなか手がつけられません(要するに、めんどくささが先に立つのです)。しかし、今日は睡蓮鉢も、メダカ水槽2つも、水替え。ヌマエビとメダカの赤ちゃんが入っている水槽は、大きな食費保存容器に移しました。メダカの赤ちゃんが、まだ小さすぎて水替え作業が困難なのです。夏場にかかりますから、1週間もすると、また水が汚れてくる気がします。

Img_6435c_20200709170201 Img_6455c  いよいよ真打ち登場(笑)。メダカの水替え作業をほぼ終えた頃、道をはさんだ2階建てアパートの方から野鳥のヒナのような鳴き声が聞こえてきました。イソヒヨドリでした。左の写真でいうと、遠目には向こう側にいるのがヒナで、手前は親かと思ったのですが、写真でよく見ると、両方ヒナかと思います。9階にある我が家、ベランダの前をツバメが通過して行くこともありますし、アオサギなどサギが飛んで行くのや、しばらく前にはケリが飛ぶのも見えました。コゲラも諸戸氏庭園にいるようです。ベランダバードウォッチングが楽しめます(微笑)。

Img_6478c_20200709170201  ついでにベランダからの眺め。左の写真は、ほぼ毎日散歩に行く九華公園。向かって左に柿安本社ビルが見えます。ここは、Img_6469c その昔「扇会館」という結婚式場だったそうです。鎮国守国神社で挙式、ここで披露宴というのが定番だったと聞きます。右の写真は、国道23号線揖斐長良大橋(赤い橋)からナガシマスパーランド方面。中央はホテルハナミズキ、ジェットコースターなどもこのようによく見えます。右手前の森は、桑名宗社(春日神社)。そういえば、この夏、ナガシマスパーランドの花火はあるのでしょうか? コロナが気になりますが、ジャンボ海水プールなどの営業は始まっていますから、ちょっと期待したくなります。去年は、今日、梅雨が明けました。しばらく雨続きといいますが、早く梅雨が明け、写真を撮りに出歩きたいと願っています。

| | コメント (1)

2020年7月 8日 (水)

夜半から朝方にかけてよく降りました

07080625cloud  我が家のあたりは、夜半から朝にかけてよく降りました。16時現在の24時間雨量は、71.5mm。冒頭の画像は、今朝6時25分Img_6133c_20200708164701 の雨雲レーダー。この頃、我が家の北西にある、別のマンションも雨に煙っているくらいの降り方でした。九州では、この雨雲レーダーに赤く映るような雲が長時間居座ったのですから、想像を絶する雨だったのだと思います。

Img_6161c_20200708164701 Img_6167c_20200708164801  雨は8時過ぎには上がり、レダーにも雨雲はなくなりましたので、8時50分ころ、勇んで(苦笑)散歩に出かけました。いつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、吉津屋町、京町、常盤町、田町、三崎通と6.1㎞。鳥も、散歩友達も少なくて、2時間弱で帰宅。さすがに、揖斐川も長良川も増水。

Img_6170c  住吉神社の前でカワラヒワの巣立ってきたヒナを目撃。この1羽だけで行動していましたから、すでに自立してきたのでしょう。思わず「頑張れ」と声をかけたくなります。

Img_6209c_20200708164801  九華公園の朝日丸跡では、キノコがニョキニョキ。野球場のグラウンドでも生えてきていました。梅雨時限定の景色。管理事務所の前を通りかかったら、管理人Kさんから「大変なことになった」と呼び止められました。事務所内の土壁(古いのです。築何年かは不明。昔は、市の職員の方が泊まり込みで管理していたそうで、その頃からのもの)が見事に崩れ落ちてしまっていました。屋根瓦も傾いていますので、水が漏れてきたためでしょう。

Img_6180c_20200708164801  鳥はいません。スズメ、ムクドリ、ドバト、カラスくらい。散歩友達も、Wさんに会ったくらい。貝塚公園にも鳥はあまりおImg_6258c らず、カワラヒワ、シジュウカラ、キジバト、スズメ、ムクドリくらい。鳥は撮れず、ツマグロヒョウモンのメスの写真。

Img_6281c_20200708164801  京町の呉服屋さんのツバメの巣には、親がいました。いたりいなかったりしますが、卵はあImg_6296c_20200708164801 るのだろうと思います。常盤町のお宅の巣は、今日は留守。京町公園で一休み。ここでは、鳥のエサにパンくずが蒔かれていることがあります。スズメ、ドバトが寄って来ます。右は、京町公園にいたスズメの親子。

Img_6311c_20200708164801  田町の商店のツバメの巣。何と、誰もいませんでした。日曜日(7/5)には2羽しかいませんでした。無事に巣立って行ったのだと思います。あんなに心配したのに、挨拶もないとは、いささか残念(苦笑)。

Img_6326c_20200708164801  昨日、来週の研修会資料も送り、第3回目の遠隔授業資料もアップロードしましたので、ちょっと一段落。今日午後は、一昨年の市民大学の歴史講座(戊辰戦争150年)のまとめの確認作業。ようやく終えられました。講師の先生が作ってくださった年表がたくさん含まれているため、A4で190ページ近くあります。これから修正して印刷をして、知人に差し上げる(押しつけるといった方が正しいかも……爆)つもり。遠隔授業第3回目、受講状況をまだ確認していません。気にはなるのですが、あまり気にすると、日に何度も見てしまうのです(苦笑)。

Img_6330c_20200708164801  しかし、明日以降もまだ雨が続くという予報。梅雨ですから仕方ありませんが、もう大雨は勘弁願いたいところ。チョウトンボやハスを見て、写真を撮りに行きたいのですがねぇ。ベランダにImg_6334c 置いているメダカの睡蓮鉢も、雨が降り込んで溢れそうになっていました。

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

研修会資料を仕上げ、アサガオを植え付けた「雨読の日」

Img_6086c_20200707145501  今のところ(15時)、アメダスには朝9時台に雨量が記録されているだけです。これなら散歩に行けたかもしれませんが、1週間後に依頼された研修会が迫っていますから、いい加減にレジメを仕上げなければなりません。ということで、「雨読の日」。雨雲レーダーを見ると、菰野から東員あたりまで雨雲が迫ってきています。

Img_6099c_20200707150301  午前中は、マジメに「在宅勤務」(笑)。講義や会議、相談に行くのを除けば、常に在宅勤務です。内容を考えるところからいささか苦労しましたが、ようやくパワーポイントのプレゼン資料を仕上げ、配付資料を印刷して、研修会を担当してくださる先生にメールでお送りしました。「KABC-Ⅱで測れるもの測れないもの。WISC-ⅣやKABCとの違い、どんな場面で用いるのが効果的か、実際の場面でのノウハウ、両方の検査をする方がよいケースについてなど」というご依頼でしたので、CHC理論、CHC理論から見たWISC-Ⅳ、KABC-Ⅱ、WISC-ⅣとKABC-Ⅱのクロスバッテリー分析などについてお話しすることにしました。通級指導教室を担当していらっしゃる先生方を対象にした研修会です。2015年から始まり、今回で5回目。

Img_6065c_20200707145501  午後からは、まず、アサガオの苗を植え付け。土曜日にいただいてきたアサガオです(2020年7月 4日 :九華公園の株分け会で花菖蒲とアサガオをいただいてきました)。鉢、土は昨日、市民大学の帰りに購入してきたもの(2020年7月 6日 :市民大学2回目の講義……余談は、マイナポイントの話)。もっと時間がかかるかと思っていたのですが、あっという間に終了(苦笑)。あっけなし。もっと伸びてきたら、リングつき支柱を使おうと思っています。さぁ、これでこれからの楽しみがまた1つ増えました。この年齢になりますと、楽しみは自分でつくり出さなければなりません。

Img_6082c  アサガオを植えて、ベランダ園芸、あるいは、100均園芸はご覧の通り。100円をはるかに超える元手がかかっているのは、奥にあるシラサギカヤツリのみ。寺町商店街の花甚さんで¥280(2020年6月14日:久しぶりにヒバリ、ノウゼンカズラが咲きそう……止み間散歩で、シラサギカヤツリを買ってしまう)。

Img_6077c_20200707145501  そのシラサギカヤツリ、ずいぶん伸びてしまった茎がありますが、今日、改めてよく見たら、白く色づいてImg_6072c_20200707145501 花に見える「苞(ほう)」ができてきているのを見つけました(右の写真)。これが広がって、細長い三角形の苞が5~7枚できあがります。苞の長さは5~10cm。中心から半分くらいまでが白くなっています。苞は5~7枚、長さ5~10cmで大小があり、中心から半分くらいまでが白くなっています。

Img_6119c_20200707153101  実際の花は小さく、それほど目立ちません。花の部分をクローズアップしてみました。左の写真は茎がかなり伸びてきているものに咲いていたもの。右は、新しくできた苞のImg_6115c_20200707153101 中心にズームインしたもの。いや、なかなか面白い(と、例によって自己満足、自画自賛……爆)。まぁ、自分の楽しみですから、どうぞお気になさらず(笑)。散歩できなくても、楽しみはあるのです。

Img_6047c_20200707145501  ところで、今朝6時過ぎの揖斐・長良川の光景。川面に霧が立ちこめていました。川霧は、水温が気温Img_6049c より高い場合に生じるそうです。夜間の放射冷却で気温が低くなった空気が、弱い風で水面付近に運ばれると、水温が高いため水面から盛んに蒸発する水蒸気が冷却され、霧粒となります。いささか幻想的な気分を味わいました。

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

市民大学2回目の講義……余談は、マイナポイントの話

Dscn3117c  大雨で、熊本ではたくさんの方がなくられたり、行方不明になられたりしています。また、先ほどは、福岡・佐賀・長崎に大雨特別警報が発令されたといいます。テレビで見る光景には、ことばもありません。お見舞申し上げますとともに、くれぐれもお気をつけくださるようお祈りします。我が家あたり、今日16時現在の24時間雨量は36.5mmで、さほどの雨量にはなっていませんが、明日の朝熊では強い雨に注意するよういっています。

Dscn3119c  さて、今日もほぼ終日雨で、「雨読の日」でした。午前中は、第6回目の遠隔授業の録音作業をしていました。幸い、今日は昨日のようなハプニングもなく済ませられました。これで、7月中の授業の準備はほぼ終えられました。あとは、毎回の授業のあと、学生の皆さんから寄せられる質問などへの補足説明を書くことと、課題を課したときには、その評価をすることが必要になります。

Dscn3145c  午後からは、市民大学郷土史学科の講義へ。今年度は「歴史を裏から見る」というテーマで、今日はその第2回目。前回と今回は、「本能寺の変」について。今日は、本能寺の変の前の光秀、光秀が秀吉に敗北した理由、本能寺の変が起きた理由というお話。明智光秀については、必ずしもたくさんの資料があるワケではありませんので、「諸説あり」という状態になっています。一人で調べていると、なかなかアタマの整理ができませんが、こうやって講義を聴くと、よく分かります。次回は、8月。例年なら夏休みなのですが、今年は、新型コロナウイルスの影響で開講が1ヶ月遅れましたので、8月にも開催されます。

Dscn3136c  市民大学が終わってから、Daisoへ行ってきました。土曜日にアサガオをいただいてきたと書きましたが、3本をいっしょに植えられる鉢がDscn3141c ありませんでしたし、土も足りませんので、それらを買ってこようということ。リングつきの支柱も買ってきました。4年前の夏、行灯仕立ての朝顔の鉢を買って、育てたことがありました(2016年8月4日:余談ばかりの今日の記事……暑さ故と、ご容赦ください(笑))。これを自力で再現しようと思っているのです。これで、朝顔も見事and/or無事に「100均園芸」の仲間入り。

Dscn7092_800x600  こちらは、その4年前の朝顔。定価¥1,280のところ、何と¥780ディスカウントの、¥500でゲット(笑)。これは、3色の花Dscn7294_800x600 が咲いていました。さぁ、うまく行くかどうか(微笑)。うまく行ったら、またブログの記事に取り上げます。

Maina1  ところで、余談。6月末で、消費税増税に伴う、キャッシュレスでの支払いの際のポイント還元事業は終了しましたが、7月からは「マイナポイント」という、「マイナンバーカードでマイナポイント」の申込が始まっています。指定されたキャッシュレス決済のうち、1つを選んで最大¥5,000が還元されるというもの。マイナポイントの予約はかなり以前から始まっていて、今月からはマイナポイントの申込が始まったのです。実際には、9月から来年3月の間の利用(チャージまたは買い物)に対して、上限¥5,000分のポイントが付与されます(利用額は、最大¥20,000)。ものは試しと思い、申込をしました。Kips Icocaをいつも使うのですが、それは選択肢にありませんでしたので、au payを選びました。¥20,000のチャージで¥5,000分のポイントが還元されますし、au独自のサービスでさらに¥1,000分のポイントが上乗せされるのが魅力的。つまり、¥6,000分をゲットできるのです。もちろん、マイナンバーカードが必要ですし、指定されているキャッシュレス決済から選ばなければなりません。

Maina2  登録作業は、アクセス集中のため、スムーズに行かないことはあったものの、無事に終了しました。ただし、e-Taxでもそうなのですが、パソコンでのマイナポイントの利用申し込みにおいては、Microsoft Windows8.1または10がインストールされていること、そしてブラウザ「InternetExplorer11」(以下IE11)がインストールされていることが条件となっています(苦笑というべきか、爆というべきか)。国内シェア最大級のブラウザGoogle Chrome(私もこれを使っています)や、Windows 10標準搭載であるMicrosoft Edgeなどでは、申込を行うことができません。ついついChromeからアクセスしてしまうのですが、そのたびにエラーが表示され、エラーが表示されて初めて、「あっ、そうだった」と思い出すのです。総務省では、対応ブラウザの拡張に取り組んでいるそうですが、これでは行政のデジタル化とか、電子政府とか、いったいどこの話しだ?と思えます。ちなみに、この事業では4,000万人分の予算が確保されていて、7月1日時点で約128万人の方がマイナポイントの予約を行っているようです。

| | コメント (0)

2020年7月 5日 (日)

遠隔授業の録音中に恐れていたハプニングが(笑)

Img_6046c  細かい雨がわずかに降ったくらいで、日中は概ね曇り。午後の方が、空は明るい感じでした。予報はあまりよくありませんでしたので、朝、一仕事済ませてから、8時半スタートで散歩。今日は、いつも通り、住吉神社、九華公園、貝塚公園、内堀公園、新築公園、常盤町、京町、田町、三崎通と5.9㎞を歩いてきました。気温は最高28.2℃、湿度が高くやや不快。梅雨の季節で、こんな空模様ですから、大した収穫はありませんでした。しかし、歩くことが重要(微笑)。運動にもなりますし、知り合いにも会えますから。

Img_5971c  九華公園では、今日も花菖蒲の株分け会があり、準備中でした。管理人さんは、忙しそうでしたので、昨日もらった花菖蒲の種類を確認するのは、また後日。花菖蒲園脇では、「スズメの学校」第2弾ともいえる光景が展開されていました(2020年5月22日:ミドリガメの産卵と「スズメの学校」……今年は桑名水郷花火大会も中止で残念至極)。手前の1羽は、親鳥ですが、その剥こうにいる4羽はヒナ。賑やかで、落ち着かず、こんな写真しか撮れませんでした。二番仔たちが巣立ってきたということでしょう。このほかには、ムクドリが見られたくらい。

Img_5987c_20200705172601  貝塚公園では、散歩友達4名と遭遇。しばし話し、雨に降られるとイヤだと思って、早々に次へ。内堀公園の近Img_5992c_20200705172501 くのお宅で、ヒマワリ。最近は休耕田などでたくさん種を蒔くのが多く、普通のお宅ではあまり見なくなった気がします。このお宅では、ムクゲも咲いていました。ムクゲはあちこちで見ます。

Img_5998c_20200705172501  さらに、こちらも。コスモスなのでしょうね。漢字では「秋桜」ですから、秋の花というイメージがあったのですが、調べて見ると、開花期は6~11月とありました(こちら)。リンク先には、さらに「近年は、それほど日の長さに影響されずに開花する早生品種が主流になり、春にタネをまいて夏から開花を楽しむケースがふえている」そうです。なるほど。昔のイメージのままでいると、取り残されそうです(苦笑)。

Img_6000c_20200705172501  常盤町にあるツバメの巣(左の写真)。今日は、親ツバメがやって来て、巣の中をチェックしたあと、巣に就いていました。Img_6036c_20200705172501 京町の呉服屋さんの巣は、私が行ったときは留守。右の写真は、田町の商店の巣。あれっ!?と思ったのですが、ヒナは2羽しかいません。どういうことでしょう? 2羽だけ巣立って行ったということがあるのでしょうか、それとも何かアクシデントでもあったのでしょうか? 不明。気になりますが、たぶん調べようがありません。

Img_5885c_20200705172501  ところで、備忘のために。九華公園の鳥小屋のセキセイインコ、2回目の卵も孵りませんでした。皆さん、祝儀一致するところでは、「無精卵だったのだろう」ということ。それ以外については、両方ともメスかという意見もありますし、高齢化で繁殖能力がないのではないかなど、いろいろ。

Img_5886c_20200705175101  散歩から帰ってからは、7月14日の研修資料の最終的な確認をする一方、遠隔授業第5回目の分の録音をしました。録音中、恐れていたことが起きました(笑)。家族は皆外出しています。来客はたまにしかありません。その上、今日は日曜ですから、よほどの用がないと訪ねてくる方はないでしょう。宅配便が届いたのです。オートロック式ですので、外からの来客や宅配便の配達の方は、インターフォンで連絡してきます。録音中、その「ピロロ~ン」という呼び出し音が! リビングではなく、別の部屋で録音していたのですが、呼び出し音が小さく録音されてしまいました。すぐに録音を停めましたし、聞くのに差し支えありませんでしたから、エイヤッとそのままにすることに(爆)。まぁ、勘弁してもらいましょう。明日は、午後から歴史講座2回目。午前は、遠隔授業第6回の録音をしようと思っています。宅配の方、ご遠慮下さい(微笑)。

| | コメント (0)

2020年7月 4日 (土)

九華公園の株分け会で花菖蒲とアサガオをいただいてきました

 熊本、鹿児島では大変な災害になっており、お見舞申し上げます。新型コロナウイルスも心配な状況である上に、大雨、水害ではさぞ大変な思いをしていらっしゃることと思います。

Happukuwana  今日は、「勝手にハイキング」シリーズの一環として、桑名の八風道ハイキングを計画していたのですが、昼過ぎまでは雨という予報で中止。八風道は、普通は、四日市の富田一色を起点としてすぐに東海道と交差し、大矢知、平津を経て菰野町田光で巡見道と合流する道をいいます。巡見道より西は、八風越の道が八風峠を越え、滋賀県に至り、近江八幡市武佐町(中山道武佐宿)まで続きます。桑名では、町屋川右岸、⻄金井、東金井あたりから、桑部、能部、赤尾、島田、志知を通って、久米に至る道を八風道と呼んだといいます(くわな史跡めぐり)。員弁街道(濃州道)ハイキングが途中ですが、こちらを歩いてみたいと思って計画した次第。国道1号線町屋橋すぐ西から歩こうと思っていました。梅雨明けは猛暑となりそうですから、8月下旬以降に仕切り直しとしました。

Img_5892c_20200704165901  さて、ハイキングは中止したものの、朝8時半過ぎには雨は上がりましたので、散歩に行くことにしました。今日は、九華公園で花菖蒲の株分け会がありますので、そこへ行って花菖蒲をいただこうと考え、いつもとは逆ルートで、株分け会が始まる10時頃に会場の柿安コミュニティパーク駐車場に着こうという次第。住吉入江沿いから、三崎通、田町、京町、入江葭町、内堀南公園、貝塚公園から九華公園へ。株分け会の会場に立ち寄って、七里の渡し跡から住吉神社を通って帰宅。4.9㎞。

Img_5920c_20200704165901  まずは、その株分け会の様子と、いただいてきた花菖蒲。会場は、上記のように、柿安コミュニティパークの駐車場。テントImg_5924c_20200704165901 も張られ、本格的でした。九華公園の管理人さんの他、管理会社の職員の方、九華公園の草取り、清掃に来ておられるシルバー人材センターの方などが待機しておられました。

Img_5946c  花菖蒲は、3個(3株)入ったもの1袋をいただきました。3種類入っているということでしImg_5942c たが、名前をきちんと確認してこず(苦笑)。まぁ、九華公園は散歩コースですから、また管理人さんに聞いてくることにします。プランターでの育てからの資料もいただきました(mamekichiさんは、いらないでしょうと言われたのですが……)。花菖蒲の株は、家内の母親に進呈します。

Img_5955c  「アサガオの苗もあるから持っていって」と勧められ、ありがたく頂戴してきました。いつぞやも書いたかと思いますが、アサガオが欲しかったのです。こちらは、自分でベランダ庭園(俗称100均園芸)の仲間に入れるつもり。

Img_5833c_20200704165901  さて、その他の話題。田町の商店のツバメの巣。親はやって来るのですが、短時間でエサを与えてまた飛び去って行きます。親の姿は捉えられず。京町の呉服屋さんの巣にも親はいたのですが、写真を撮ろうとしたら飛び出して、どこかへ行ってしまいました。警戒されているようです(苦笑)。

Img_5849c  九華公園の南、キッチン寿さんのところのアジサイ。盛りはとうに過ぎ、花もかなり傷んできていますが、色の変化をずっとImg_5851c_20200704165901 見ていました。白から始まり、薄い紫を経て、最終的には薄い緑色になりました。土の酸性度が変化した可能性はきわめて低いと思いますので、これは花の色素が変化したためであろうと思います。

Img_5865c  梅雨空で散歩する人も、鳥も少なく、相手をしてくれるのはスズメくらい。大人のスズメのImg_5871c_20200704165901 中には、エサをもらおうと思うのか、近寄ってくるスズメもいます。

Img_5904c  北門近くの四阿で株分け会の時間待ちをしていたら、ヒナも出て来ました。昨日もこのあたりで見かけました。ヒナは、まだ親にエサをねだっていました。

Img_5828c_20200704171801  ところで、今日は、遠隔授業2回目の出席確認の締切。出席率(聴講率)は、第1回目並みで一安心。散歩から帰ってからと、午後から、質問やコメントへの返事を書き、課題に目を通して評価をつけていました。質問への回答などは、次回の授業資料の末尾につけて、学生の皆さんが確認できるようにします。明日は、5回目、6回目の遠隔授業の録音作業を予定。東京では、新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあり、いったん対面授業を始めた大学でも、遠隔授業に戻したところもあると聞きます。しばらく対面授業が続くかと思います。

 

| | コメント (0)

2020年7月 3日 (金)

赤須賀神明社の茅の輪くぐりと、スズメのヒナたち二番仔か?

Img_5607c  梅雨らしい空。午前中はまだ降らないだろうと思って、8時からいつものコースへ。住吉神社、九華公園、赤須賀神明社、貝塚公園、内堀公園、京町、新築公園、常盤町、寺町、田町と6.9㎞も歩いてきました。最近、梅雨空の下を歩くと、降られることが多かったのですが、今日はセーフ。心がけがよいとか、雨男は返上とかはもうしません。ありがたいことだと思います(ホンとか?)。雨が本格的に降ってきたのは、昼過ぎでした。

Img_5708c  まずは、こちら。相当程度二番煎じという感じもしますが、赤須賀神明社の茅の輪を潜ってきました。6月28日に行ったら、フライング(2020年6月28日:おいおい、もう登場かよぉ!?……早すぎるクマゼミの初鳴き【桑名宗社の茅の輪について付記しました(6/28)】)。6月30日午後4時に夏越しの大祓御神事ということでした。まだそのまま茅の輪が設置してあるだろうと思って、行ったのです。

Img_5715c Img_5716c  赤須賀は室町時代に三河国から渡来した武将たちによって開発された漁業の町です。産土神として、三河より移遷した神明社が祀られています(左の写真)。別宮には一目連神社が寛政3(1791)年に多度大社から勧請されていますが(右の写真)、これは、水難守護のためのようです。

Img_5718c_20200703163701  境内には摂社として恵比寿社と、赤須賀稲荷神社が祀られています。写真は赤須賀稲荷神社。こちらは、昭和41(1966)年、今日との伏見稲荷から勧請しています。恵比寿社の方、写真を撮り忘れましたが、明治39(1906)年、赤須賀村営魚市場の主護神として奉祭したそうです。

Img_5723c  雷様の落ちたと言われる井戸。8年ほど前にも記事に書きましたので、詳細はこちら(2012年6月18日:雷様の落ちた井戸を見に行く……赤須賀神明社へ)をお読みください。井戸に落ちた雷様を助ける代わりに佃煮の作り方を教えてもらい、それが今の蛤の時雨煮になったというお話しです。

Img_5649c_20200703163601  さて、話を戻して、九華公園。散歩する人も少なく、鳥も少ないという、Img_5665c_20200703163601 相変わらずの状況。鳥は、スズメ、ムクドリ、カラスくらい。カワラヒワや、コゲラの鳴き声も聞こえてきます。スズメは、また、巣立ってきたヒナの姿が目立ちました。二番仔くらいでしょうか。まだ自分ではエサは採れませんでしたので、巣立ったばかりと思います。

Img_5672c  体の大きさは親並ですが、これからエサの採り方、食べられるものとそうではないものとの区別など、学ばなければなりません。10日ほどでこれらを学び、自立させられます。

Img_5741c

 このあと、赤須賀神明社、貝塚公園、内堀公園を経て京町へ。内堀公園では、どなたかが植えたと思いますImg_5743c_20200703163701 が、アサガオが咲いています。京町の呉服屋さんのツバメの巣。親ツバメが座っていました。いないこともありますが、今日はマジメに巣に就いていました(微笑)。

Img_5748c  新築公園に行く途中のお宅でユリの花。常盤町のお宅にあるツバメの巣は、近くを親ツバメ2羽が飛び交っていたものの、巣にはおらず、また、巣にはいる様子もありませんでした。私が見ていたから警戒されたのかも知れません。

Img_5756c_20200703163701  常信寺では、ヤマボウシを見てきました。もちろん花(本当は、白い4枚の花弁状のものは、花のかたまりを包む総苞片)が終わっているのは、承知。この球状のところに小さな花がついていたのです。9月頃になると赤い実がつくといいますから、それもまた忘れずに見たいものです。

Img_5777c_20200703163701  ところどころでサルスベリが咲き始めています。新しい梢を伸ばしながら枝先に花芽をつくるので、夏から秋にかけて次々と開花していきます。結果としては長々持ちしますから、「百日紅」。

Img_5793c  田町の商店の巣では、ヒナ4羽が元気。かなり成長してきて、巣から溢れそう。親鳥もエサを運んでくるのですが、今日は20分ほど見ていたものの、これはという写真は撮れず。超望遠コンデジで撮る練習をしなければなりません。

Img_5688c_20200703163701  午後からは、遠隔授業と、7月14日の研修会の準備。遠隔授業は、5回目、6回目の資料を整えました。また、週末に録音作業をしようと思っています。それができあがると、7月中の分の準備が終えられます。今週の第2回授業の出席確認は、今日の17時現在で18名と出席率49%。400字以内の課題は、かなり負担なのかも知れません。しかし、学習成果の評価をしなければなりませんからねぇ……。研修会は、心理アセスメントについて。CHC理論(2015年8月23日:知能のCHC理論(その1))、2015年8月30日:知能のCHC理論(その2))とWISC-Ⅳ、KABC-Ⅱ、これらを使ったクロスバッテリー分析についての予定。

| | コメント (0)

2020年7月 2日 (木)

車検待ちの間に川越町を散歩

3b6cee2f  気温は31.1℃と真夏日になりましたが、湿度が低く、室内にいれば風も通って、過ごしやすく感じます。予定通り、午前中は、愛車コペンの車検。平成17(2005)年に2年落ちの中古車で購入して以来の愛車。2シーター、スイッチ1つでオープンになるという遊びクルマ。64馬力の直列4気筒DOHCツインスクロールターボJB-DETエンジン。大変気に入っていて、乗り換える気はまったくありません(微笑)。写真は平成30(2018)年10月に撮影したものです(2018年10月7日:木曽川でミサゴ、カモたち、長島でトラクター祭……オープンカー日和でした

Dscn2979c  ずっとお世話になっている川越町にある共和モータースさんに今回もお願いしました。立ち会い、短時間の車検ですし、社長さん以下スタッフの皆さんは皆フレンドリーで親切。メカニックの方のスキルも確かで、すっかり頼っています。9時に入庫。30分ほど待つ間に点検をしていただき、その後、説明を受け、整備箇所を決めます。1時間半ほど要するということで、仕上がり予定は11時15分。事務所で待たせてもらってもよいのですが、このあたりは、近鉄ハイキングでも何度か通っていますので(たとえば、2020年2月9日:20200209近鉄ハイキング「酒蔵みてある記 早川酒造部『天一』」へ(完))、散歩してくることにしました。

Dscn2987c  共和モータースさんは、朝明川左岸、朝明橋の下流にあります。ここから左岸の堤防道路を下り、福崎橋をわたって右岸側へ。Dscn2982c 早川酒造部の前を通って、高松八幡社へ。そこからまた朝明川へ引き返し、今度は右岸を上流に向かって朝明橋まで戻ります。朝明橋を渡って、まだ時間があれば、豊田一色の神明神社や、一色薬師堂を見てこようという算段。日当たりを歩いているとさすがに暑いのですが、日陰に入るとけっこう涼しく感じました。空は、大気が不安定なのか、微妙な感じ。歩き始めてすぐ、朝明川にダイサギの姿があったのですが、写真を撮ったら後ろ姿になっていました。今日は、コンデジ写真(Nikon coolpix s7000)。

Dscn2988c  朝明川を下っていく先には、中部電力の川越火力発電所の煙突が見えます。これ、我が家からも南に見えています(この写真Dscn2986c は、東向きに撮っています)。歩き始めて600mあまりで福崎橋に来ます。朝明橋より1つ下流の橋。福崎橋をわたって、朝明川の右岸へ。

Dscn2990c  渡ったところに大きな工場のような建物が見えてきます。このブログをずっとお読みくださDscn2992c っている方にはご記憶がおありかも知れません。天一などをつくっている早川酒造部。近鉄ハイキングの「酒蔵みてある記」で3回も訪ねたところ。直売所もありますが、今日は立ち寄りませんでした。

Dscn2998c  早川酒造部の先、ちょうど1㎞ほどのところを左折すると高松八幡社の参道。ここも3回目。ここは、なかなかよい感じのお宮さん。御祭神は、応神天皇。相殿神は、菅原道真天目一箇神(あめのまひとつのかみ)Dscn3000c 他5柱。この神社の祭は、「足上げ祭」というユニークなもの。ここの境内で一休み。

Dscn3030c  高松八幡社の少し先にあるコンビニまで足を伸ばして、買い物をして戻ります。コンビニはDscn3032c 四日市市。高松八幡社は、川越町。朝明川の福崎橋まで戻って、約2.3㎞。良いペースです(微笑)。

Dscn3038c  朝明川右岸を上流に向かって歩きます。堤防の下に住宅がDscn3042c 並び、遠くには鈴鹿山脈も見えます。雲は何だかヘン。というか、いつの季節の雲かよく分からない感じ。朝明橋に来ました。この橋は、国道1号線。この時点で3㎞あまり、10時45分。まだ30分ありますから、1号線を渡ってもう少し歩くことに。朝明橋を渡って、再び、朝明川の左岸へ。

Dscn3044c  途中、道路にカミキリムシ。ゴマダラカミキリでした。青みがかった黒地に白い点々もようがある、わりとよく見かけるカミDscn3047c キリムシ。さらに行くと、道路沿いのお宅でムクゲ(木槿)が咲き始めていました。これも夏の花です。

Dscn3052c  近鉄ハイキングでこのあたりは通ったはずなのですが、その時には気づきませんでした。狸の置物が玄関脇に並んでいます。もっとも大きいものは、人よりも背が高いくらい。信楽焼なのでしょうね。

Dscn3054c  川越北小学校近くにある里程元標を確認。これも過去に何度も見ています。「元標 三重縣廰 四二・三二七米 十里廿八町 川越村」と記されていました。左側には、「富田町 三・〇五四米 貳拾八町 四日市々 七・五二七米 壱里丗三町」と、また、右側には、「桑名町 七・二〇〇米 一里丗町 富州原町 二・二九一米 弐十壱町」と刻まれていました。この道路元標は、大正13(1924)年、昭和天皇(皇太子時代)の御成婚記念として建てられたもの。ここで3.4㎞。

Dscn3062c  近鉄名古屋線の踏切の手前に豊田一色の神明神社があります。主祭神は、Dscn3065c 天照大御神。相殿神は、大山祇命(オオヤマツミノカミ)。創祀は、社伝よれば天正年間(1573~92)以前といいます。この神明神社では、7月の最終日曜日とその前日(土曜)に石取祭が行われます(今年は、休祭)。ここの石取祭は、桑名の石取祭を取り入れて、約110年前に豊田一色地区が始めたことをきっかけに、現在では町内3地区に広まっています。神明神社で3.6㎞。

Dscn3071c  神明神社は朝明川の堤防上にあり、その堤防道路を北側に降りたところに一色薬師堂があります。ここに安置されている薬師Dscn3073c 像は、天正2(1574)年春、南福崎の利助という百姓が海辺から拾い、山の神へ捨てた仏像が、庄屋の大塚久太夫の夢枕に立ち、お告げをなしたといいます。時を同じくして、希前武右衛門の枕元にも現れ、両人とも驚き、恐れて仏像を手に取ったところ、まさに夢に現れた薬師如来のお姿をしていたそうです。両人、歓喜の涙を流し、直ちに一宇を建立し、敬い奉ったのだそうです。この薬師如来は、聖徳太子の御作と伝わっています。なお、南福崎は、伊勢湾岸自動車道みえ川越インターチェンジと朝明川の間のあたり。

Dscn3077c  境内には、「神明社𦾔跡」という石碑が建っています。碑陰には、「大正十二年五月 氏子中 社當 大塚嘉太郞書」と彫らDscn3087c れています。神明神社がここにあったということかとは思うのですが、調べた限りではよく分かりません。薬師堂からは、堤防下の道路を朝明橋の方に向かって戻ります。途中で「厄除薬師如来参詣道」という石柱がありました。この堤防下の道は初めて通るので、今までは気づかず。

Dscn3098c  堤防下の道路は、里程元標のところで堤防道路に合流。ここで約4㎞。朝明橋左岸北詰交差点で国道1号線を渡って、共和モータースさんに戻ります。1号線を渡ったところに川越町郷土資料館Dscn3107cがあります。平成6(1994)年6月に開館し、農具や漁具、生活用具、伊勢湾台風の時の写真などを展示しているそうです。一度訪ねたいと思うのですが、事前予約が必要ということで実現していません。

Dscn3111c  11時10分、約4.5㎞を歩いて共和モータースに戻って来ました。車検整備は、予定通り11時15分に終了。いやぁ、車検も無事終えられ、散歩までできて、一石二鳥とはこのことなり(微笑)。

 ところで、遠隔授業2回目、課題を課したためか、出欠確認がスローペース(苦笑)。今日、日中はゼロで、現在10名あまり。私としては、400字以内でもあり、さほど難しい課題ではないと思ったのですが、学生諸君にはそうではなかったのかも知れません。とくに1年生の皆さんには、まだハードルが高いのでしょうか。ちょっと気になっています。

| | コメント (4)

2020年7月 1日 (水)

今日も降られました(微苦笑)

Img_5542c_20200701155001  午後の方が天気がよいという予報でしたので、午後から散歩に行けばよかったと思っています。8時頃は小雨が降っていましたが、8時半くらいには止みましたので、エイヤッとばかりに散歩に出てしまいました(苦笑)。午後からですと、どうしても億劫になるのです。住吉神社から九華公園まで行って、鎮国守国神社にお参りする頃から雨。参集殿でしばらく雨宿り。小降りになってきましたの再スタート。京町あたりでまた明るくなってきましたから、新築公園、常盤町を回って、寺町商店街を通過。アーケードがありますから、暑いときや雨のとき、助かります。田町に回ってツバメの巣を見て、三崎通から帰宅。2時間、5.1㎞。雨に降られたわりによく歩きました。

Img_5552c_20200701155001  揖斐長良川の中洲に、久しぶりにサギの姿が見えました。ダイサギです。この1羽のみ。今日は、ここまでスズメやムクドリもいませんでしたので、ダイサギでも見られてうれしい(苦笑)。写真はありませんが、柿安コミュニティパークではグラウンドゴルフの皆さんが集合していました。「雨にも負けず」のようです。

Img_5554c  九華公園は、静か。野鳥もいませんし、こんな天気では散歩する人もあまりありません。写真は、管理事務所の前に置かれたプランター。管理人さんが株分けされた花菖蒲を早速に植えておられました。2~3日経っているようで、すでに伸びてきています。今日は、肥料を施したということです。来年、たぶんここがもっとも見事に咲きそうな予感がします(笑)。

Img_5558c_20200701155001  朝日丸跡で、キノコがニョキニョキ。梅雨時、毎年よく見られる光景。何というキノコかは不明。散歩友達のOさんの奥さんがImg_5565c_20200701155001 「食べられないよねぇ~」とおっしゃいますが、怖くて手は出せません。外周遊歩道の南で、今日もハクセキレイ。この頃、いつもここにいる若鳥と思います。今日も、虫か何かをくわえていました。

Img_5574c_20200701155001  ズーッと飛んで、常盤町のお宅にあるツバメの巣。京町や田町ほど頻繁に見に来てはいません。しばらく前に巣の補修をしていたところ(2020年6月12日:梅雨らしい1日ながら、「吉日」でした)。今日は、親ツバメが巣に就いていました。これは、要チェックです。

Img_5592c_20200701155001  田町の商店の巣。ヒナ4羽、ずいぶんツバメらしくなってきました。頭部の産毛(?といってよいのか?)も薄くなって来ていましたし、体も大きくなって、狭い巣からはみ出ていました。6月20日に雛が誕生していますので(梅雨の晴れ間にしては気持ちの良い日……午後からは訪問面談)。3週間ほどで巣立ちますから、道半ばというところ。

Img_5580c  さて、今日は、遠隔授業第2回の当日。昨日16時にファイルをアップロードしたら、すでに今朝までに2名の学生が受講済みでした。マジメなのか、気が早いのか、はたまた他の理由があるのか(微笑)。今回は、授業内容に関連して、あることがらについて400字以内で書くという課題が課してあります。そのためか、先ほど16時の時点で受講済みはまだ6名でした。他の授業でもそうでしょうから、毎回、課題が出るというのも、学生たちには大変かも知れませんが、まぁ大学は自分で勉強するところ。頑張ってくれることを期待しています。それに、課題を出すと、私もすべて目を通して、評価をつけなければなりませんからそれなりに大変。したがって、おあいこ(?!)。

Img_5584c_20200701155001  今朝は早めに目が覚めましたので、朝食前に、今月中旬の研修会資料の作成。来週前半にはレジメを送りたいと思っています。まだ少し余裕はありますが、早めに済ませたいと思っています。明日は、愛車・コペンの車検。午前中の予約。

| | コメント (0)

2020年6月30日 (火)

雨読の日は、遠隔授業準備に専念……【追記(6/30)桑栄メイトのドムドムハンバーガー、今日閉店】

Dscn2964c  6月30日です。今年も残すところあと半年となりました(微苦笑)。つまらないオヤジギャグで恐縮です。先だっても書きましたが、新型コロナウイルスのため、自粛していたり、もろもろ中止、延期となったりで、メリハリのない生活を送ってきたせいか、時間感覚がいささかヘンになっている気がします。何と表現したらよいのか、時が経つのが早いような、ゆっくりのような、微妙な気持ちで過ごしてきたように思います。

0630amedas  天気予報通り、朝から雨。朝一番に一つ用事を済ませたのと、郵便を出しに行ったほかは、「雨読の日」を過ごしています。「大雨になって、雷も鳴る」0630rain ともいわれましたが、思ったほどの雨量ではありませんし、雷も今のところは鳴っていません。ときにほとんど止んでいる時間帯もありました。雨は夜半過ぎにはいったん上がり、明日は晴れ間も出てくるといいますから、期待しています。

Dscn2969c  「雨読」の今日は、朝から遠隔授業準備の続き。週末に第4回の分(7/15)まで授業資料と音声ファイルを用Dscn2970c 意しましたが、安心せず、気を抜かず、その先へということです。授業準備に本格的に着手しましたので、ダラダラした生活からも抜けつつあると感じています。やはり、アタマは使っていないと錆びつきます(苦笑)。今日は、5回目、6回目の授業資料の検討、加除修正をしていました。授業回数の関係で、2回分を1回にまとめなくてはならないところもあり、そこは大幅カット。バッサバッサとやり、ちょっと気持ちいい(笑)。この2回分、ほぼできあがってきました。写真は、内容があまり分からないよう撮りましたので、内容につきましてはご想像ください。

Dscn2954c  午後からは、明日の遠隔授業のファイルをアップロードするなどの作業を行い、先ほど、メールで連絡を済ませました。共有設定をするなど、忘れないよう、マニュアルで手順を確認しながらの作業で、気を遣います。まぁ、ときどきは緊張することがあった方がよいでしょう。このあとは、雨読の日の続きの予定。来月依頼されている研修会の資料の検討をしましょう。

【追記(6/30)】Dsc_02415640x427 記事を書いたあと、ブロ友さんのブログを見ていたら、桑名駅前にある桑栄メイトビル(右の写真;2020年4月6日に撮影)Img_1150c_20200630174801ドムドムハンバーガー桑名店が、今日、閉店だという記述を見つけ、ビックリ。桑栄メイトは、桑名駅東口に直結する複合用途ビル。地階から2階は飲食店などの店舗が、3・4階は事務所や診療所などが、5・6階は住宅が入居しています。昭和48(1973)年10月に完成。老朽化が進行しており、はじめは建替を検討していたのですが、桑名駅の改良工事も進んでいたため、今年7月31日をもって全テナント含め閉館することになったのです。ドムドムハンバーガーの店、東海三県ではここだけだったのです。個人的には、マックやモスよりはるかに好きだったので、残念至極。こちらにドムドムバーガー桑名店についての詳しいお話しがあります。店主の方は、御年82歳。前職は和菓子屋さん。桑栄メイトに先だって(昭和47(1972)年10月)と前後して、現在のサンファーレのところにできた「桑名ショッピングシティ・パル」で寿がきやのFC店も営業しておられました。パルは、平成9(1997)年7月末に閉館。パル閉館までは、ドムドムと寿がきやの二足の草鞋だったそうです。いやぁ、閉店するまでにもう一度と思っていたのに。我が家から近いところでドムドムハンバーガーの店を探してみたら、浜松か大阪でした(涙)。気軽に行ってみるというわけにはいきません。

 ちなみに、桑栄メイト跡地には、長島観光開発(本社桑名市長島町)が地上11階建てのホテルなどを建設するといいます。長島観光開発は、あのナガシマスパーランドやなばなの里を営んでいる会社。

| | コメント (2)

«桑名宗社にて夏越しの大祓……峰崎部屋は鎮国さんから撤収