2017年6月24日 (土)

九華招魂社で恵比寿様の像を発見……午後からは三重K-ABCアセスメント研究会へ

Dscn0679_640x480

 午後からは三重K-ABCアセスメント研究会に参加予定ですので、午前中8時半から10時過ぎまで散歩して来ました。住吉神社、九華公園、京町、寺町と4.6㎞。距離はいつも通りでしたが、あまりあちこちでしゃべらないようにしました。
Img_1259_640x427 今までまったく気づかなかったのですが、鎮国守国神社の境内社である九華招魂社の裏手に、こちらの方が鎮座しておられました。大きさは、イチョウの葉っぱが落ちていますので、お分かり頂けると思います。鯛を抱えているようですので、恵比寿様と思われます。恵比寿様であれば、右手に釣り竿を持っているはずですが、折れたような跡があります。
Dscn0670_640x480 九華招魂社の裏、向こうには市民プールがあります。恵比寿様は、七福神中で唯一の日本の神様。いざなみ、いざなぎの二神の第三子といわれ、満3歳になっても歩かなかったため、船に乗せられ捨てられてしまい、やがて漂着した浜の人々の手によって手厚く祀れれたのが、信仰のはじまりと伝えられているそうです。漁業の神様で、特に商売繁昌の神様としても信仰されています。何故ここにいらっしゃるのか、現時点では不明です。
Img_1243_640x484 このいつもの散歩コース、今日もいつもの鳥たちしかいません。鳥はどこにImg_1268_640x442 でもいて、見られるのですが、おなじみさんばかりですとちょっと張り合いがありません。と思っていたら、九華公園の西の空にコサギが2羽飛ぶ姿が見られました。北から南に向かって飛んで行きました。サギたちも繁殖を終えたものは、そろそろあちこちに出てきて欲しいところです。
Img_1290_640x468 吉津屋町で、先日から巣に就いているツバメを確認し、ついでに近くの電線にImg_1295_640x476 いたカワラヒワを撮っていたら、男性に声をかけられました。「何を撮っているの?」と。ときどき聞かれる質問です。近くで商売をしていらっしゃる方のようでしたが、いろいろとお話ししてきたのですが、九華公園で50種類以上の鳥が見られるということなど、ずいぶん驚かれました。この直後、別の男性が、「こういうものの写真は撮って行かないのか?」と話しかけられました。ここは、旧東海道沿いで、遠くから東海道を歩きに来たと勘違いされたようで、「京町見附跡」の看板を教えられたのです。事情をお話ししたら、ものすごく恐縮されてしまいました。自治会長さんだということで、「今日は急ぐので、またお目にかかったら、いろいろと教えてください」とお願いしてきました。こういうことも散歩の楽しみであります。
Img_1284_640x458 昼前に出て、午後からは予定通り、三重K-ABCアセスメント研究会へ。KABC-Ⅱについての説明の後、事例検討を2ケース。大変興味深い事例で、今日は参加者も30名ほどとかなりありました。昔、国立療養所(当時)で働いていた頃の先輩Oさんにもお目にかかりました。小生は、この会のスーパーヴァイザーですので、2つの事例について、それぞれコメントを申し上げてきました。その内容は、心理アセスメントのポイントでもありますので、またここに記事を書こうかと思っています。期待せずにお待ちください。

| | コメント (0)

2017年6月23日 (金)

峯崎部屋の朝稽古は、6/27から【土俵についての付記(6/25)】

Dscn0635_640x480

 正午に28.6℃となっています。木陰にいると風も通って涼しいのですが、日向は暑いこと。住吉あたりから吉之丸コミュニティパークまでは堤防の上を歩きますので、けっこう汗を掻きます。8時45分にいつものように散歩に出たのですが、途中で家内から用事のメール。住吉神社、九華公園を一回りして、その後田町から戻ってきました。4.3㎞。10時半帰宅。
Dscn0649_640x480 九華公園の土俵、大相撲峯崎部屋のお相撲さんたちが朝稽古に使います。お相撲さんは、Dscn0650_640x480_2 一昨日(6/21、水)の夕方来たそうです。昨日は、土俵作りをして、右の写真のようになっています。新たに土も入れて、ビール瓶で叩くいて整えるのだといいます。日曜(6/25)に子ども相撲があり、朝稽古は6月27日(火)からと聞いています。
Img_1202_640x455 さて、揖斐長良川の中州にはまだまだアオサギの姿はありません。その代わり、アオサギが集まるところの少し下流にダイサギらしき姿が1羽。餌探しをしているように見えました。ただし、350mほど先にいますので、こんな証拠写真(苦笑)。
Img_1221_640x426  この他見た鳥は、スズメ、ドバト、ムクドリくらい。鳴き声がしていたのは、カImg_1219_640x426 ワラヒワ、コゲラ。10時半には帰らないと、用事に間に合いませんでしたので、ゆっくりと探す余裕はありません。やむなく、「九華公園猫歩き」に変更(苦笑)。こちらは、九華招魂社の拝殿でお休み中のところ。近づいても起きませんでした。
Img_1217_640x427 招魂社の参道脇の木陰にいた旅ネコさん。たぶん地面がひんやりして気持ちよいのだろうと思います。旅ネコさん、この頃数が減っているものの、早朝や夕方などに餌やりに来る方はあるようです。
Dscn0639_640x480 散歩コースに鳥がおりませんので、話題がバラバラになりますが、諸戸氏庭園Dscn0641_640x480 の修復作業の準備が進んでいます。本邸の前には囲いができていましたが、出入り口も付いて、いよいよ作業開始間近かと思えます。本邸は、正面からは、出入り口が開いていないと見えないのですが、向かって右の洋館あたりは、低いフェンス+網ですので、覗けます(微笑)。
Img_1236_640x427 散歩の帰りに見たら、出入り口が開いていて、本邸の中が見えました。何やら道具などが置かれています。説明会などがあれば、是非とも参加してみたいところです。
Img_1228_640x454 明日(6/24)は、三重K-ABCアセスメント研究会。河芸の公民館まで出かけます。事例検討会が予定されていますが、小生、この研究会のスーパーヴァイザーを仰せつかっています。コメントなどを申し上げなくてはなりません。一応準備はしているのですが、午後から再確認です。こういう次第で、明日も、散歩に行ったとしても、短時間です。
【土俵についての付記(6/25)】
 土俵について、6月25日の中日新聞朝刊のスポーツ欄に説明がありましたので付記します(名古屋場所60年 土俵物語⑤)。九華公園の土俵は、俵を使わず土を遠景に掘り下げる「皿土俵」というもののようです。土は、「タコ」で固めた後、水をまきながら、棒の先に角材が付いた「タタキ」でならします。端の段差はビール瓶を転がしてなめらかにするとありました。本文中の「ビール瓶で叩くいて整える」というのは、知人に聞いた話ですが、正確ではなかったようです。

| | コメント (1)

2017年6月22日 (木)

コアジサシ営巣地を確認し、昼前から実家へ

Img_1065_640x430

 昨日の大雨の影響が気になりましたので、コアジサシの営巣地を確認してImg_1083_640x479 来ました。去年7月9日にも大雨が降り、ここからコアジサシが姿を消したことがあったのです(2016/07/12、午前中は研修会、午後からコアジサシの営巣地を確認へ……コアジサシは、おらず、残念)。とはいえ、今日は、家内の実家へ行く用事がありましたので、8時半出発、臨時駐車場、大島水門も見て、10時帰宅という忙しい遠征でした。営巣地、コアジサシの数は減っていた感じでした。きわめておおざっぱに言えば、半分くらいかという印象でした。先日は、観察ポイントの近くにヒナのいる巣が複数あったのですが、今日は見当たりません。これらの写真は、観察ポイントからやや西にある巣です。ヒナは1羽。
Img_1080_640x398 営巣地の一角を撮った写真。前回に比べ、やはり少ない印象です。先日はImg_1145_640x447 もっと密集していました。
Img_1094_640x427 この営巣地、大きめの水たまりはあちこちにあったものの、「水没」とまではImg_1127_640x460 行っていませんでした。水たまりの一つでは、水浴びをする姿も見られました。本日、時間制限がありますので、30分足らずで次へ(苦笑)。
Img_1155_640x475 臨時駐車場。ここも今日着いたときには、コアジサシの姿はほとんど見られImg_1178_640x443 ませんでした。駐車場内を探しているうちに、少しずつ飛来し、最終的には、5~6羽(飛んでいたりしますので、正確ではありません)。中には、巣に就いていて、卵を抱いていると思われるコアジサシもいました。
Img_1163_640x426 ケリやコチドリは、親は見たものの、どちらも今日は、雛は確認できませImg_1166_640x462 んでした。ケリは、親が盛んに威嚇してきましたので、どこかにヒナはいるものと思われます。
Img_1172_640x448 この他、ここではヒバリを4羽ほど確認しました。中には、トラブっているように見える2羽もいました。
Img_1195_640x426 そして、ここしばらくパスしていましたので、大島水門へキンクロさんがいImg_1197_640x471 るか確認に行ったのですが、残念ながら、今日はキンクロさんの姿は見つけられませんでした。カワウが2羽ほどいただけ。
Dscn0595_640x480 10時に帰宅。11時前から家内の実家へ。暖房器具を閉まったり、扇風機Dscn0600_640x480 を出したり、掃除をしたりといくつかの用事をしてきました。20時前に帰宅。ということで、今日は、珍しく用事の多い日でした(笑)。
Dscn0622_640x445
 実家の庭では、もう柿の木に実が付き始めていましたし、アマガエル、トDscn0615_640x480 ノサマガエルなど、「カエルピョコピョコ三ピョコピョコ」どころか、無数。歩いていると、踏みつけそうでした(苦笑)。

| | コメント (2)

2017年6月21日 (水)

よく降りました……夕方、小散歩で気分スッキリ

0621amedas_640x281

 よく降りました。それも、小生が江戸橋に行く間、という感じです。大雨警報や洪水警報では休講になりませんが、出席した学生はいつもよりやや少なめ。今日は、傾聴の演習をしたのですが、大雨でくじけた学生がいるのかも知れません。今日の演習の結果に基づいて、来週レポートを提出。それを20点満点で評価し、その結果は成績評価に算入するのですが、今日休んでしまうと、その20点分がありませんから、筆記試験の80点だけで成績評価と相成ります。こちらが心配になってしまうのです。
Dscn0541_640x480 帰宅後は、出欠チェックにQ&Aといつものことをしていたのですが、歩いていないとどうも気持ちがスッキリしません(苦笑)。まさに「散歩依存症」。自覚しています。という屁理屈はともかく17時前から小1時間、住吉神社、七里の渡し跡など揖斐川沿いを歩いてきました。2.6㎞ほど。
Dscn0557_640x480 さすがによく降った後です。水量はかなり増えています。江戸橋まで往復Dscn0567_640x480 の電車から見ても、あちこちに川は流れがかなり激しくなっていました。左は、住吉神社の前から長良川河口堰を眺めたもの。右は、福島のポンプ場あたりから揖斐川の下流を見たもの。旅館・山月や、蟠龍櫓、柿安本社ビルなどが見えています。
Dscn0551_640x480 揖斐川の水が増え、流れも激しかったためと思えますが、住吉水門の内側、住吉入江にはかなり大量のゴミが流れ込んでいました。こういう光景は見たことがありません。おもしろいことに、このあたりにツバメがたくさん飛び交っていましたし、ゴミの上にスズメやハクセキレイがいました。
Img_1048_640x461 きれいな画像ではなくて恐縮ですが、記録のためもありますので、ご容赦くImg_1040_640x446 ださい。スズメは、このゴミの上で餌になる虫を探していましたし、実際に見つけていたようです。ツバメが飛び交っていたのですが、親ばかりと思ったものの、どうやら今年巣立った幼鳥たちも含まれていたようでした(右の写真)。短い距離でしたが、やはり歩いてくるといささか気分も晴れるというものです。
Dscn0545_640x480 ところで、夕方の散歩の前に下を見下ろすと、諸戸氏庭園の本邸まえにDscn0547_640x480 囲いが設けられていました。いよいよ本邸の修復工事が始まるのも近いようです。
Img_1054_640x435 明日は晴れという予報です。今日の大雨で、コアジサシの営巣地がどうなったか気になります。明日は見に行きたいと思うのですが、それはまた明日決めることにしましょう。

| | コメント (0)

2017年6月20日 (火)

ノウゼンカズラ咲きました……鎮国さんの茅の輪潜り、相撲のお話も

Img_1001_640x431
 三崎見附にあるお宅では、毎年ノウゼンカズラが咲きます。昨日はまだだったと思うのですが、今日通ったら、開花していました。ノウゼンカズラの花が咲くと、「今年もいよいよ夏か」という気がしてきます。

Img_0988_640x426

 曇ってきましたし、明日は雨という予報。その明日は、江戸橋通いの日。梅雨に入って以降、これまで晴れていた反動が来るかと、少々気が重くなります(苦笑)。今日は遠征したかったのですが、午後から歯医者もあり、おとなしく、いつもの散歩にしておきました。住吉神社、九華公園、貝塚公園、入江葭町、吉津屋町、京町、寺町とかなり歩いたつもりが、4.8㎞でした。
Img_0976_640x426 鳥はいません。いつも九華公園で会う方が、「今日も、鳥はいないなぁ。残Img_0981_640x426 念だな」と(苦笑)。ドバトも少なく、スズメ、キジバト、ムクドリくらい。本当にいません。もっとも多かったのは、スズメ。今年孵った幼鳥がたくさん見られます。まだ危険を知らないのでしょう、すぐ近くにも寄ってきます。
Img_0993_640x472 吉津屋町のお宅の新しいツバメの巣、今日も親が巣に就いていました。この様子なら、卵があるのは確実と思われます。ツバメの抱卵日数は13 - 17日といいますから、7月の初めくらいに孵るでしょう。楽しみになります。
Dscn0519_640x480 さて、九華公園に設置していただいた「九華公園を楽しく歩こう」のパネル。Dscn0520_640x480 管理人Oさんのお陰で少しパワーアップ。「九華公園を楽しく歩こう」と大書した看板の他、老眼鏡まで置いてもらいました。「老眼鏡がないと読めない」という声があったのだそうです。100均ショップで老眼鏡とケースをゲットし、それらを収納する箱を作っていただきました。この箱、なかなかの出来具合です。
Dscn0521_640x480 自画自賛に近いので恐縮ですが、散歩友達の方々からは、「今まで漫然と歩いていたので、知らなかったものがあった」とか、「あることは気づいていたが、その由来とかまでは知らなかった」という反響があります。管理人のOさんが、ボソッと、「次は何をやりましょうね?」とつぶやいておられたのが、ちょっと恐ろしいです(苦笑)。植物は苦手ですし……。
Img_0990_427x640 九華公園にある鎮国守国神社には、茅の輪くぐりのポスターがありました。6月30日に行うところが多いと思いますが、鎮国さんは、7月19日(水)だそうです。去年もそうでした(2016/07/18日、梅雨明け……茅の輪くぐり@鎮国さん、スズメはカマキリを食らう)。きちんと参加したことはないのですが、今年は行ってみましょうかね。それと、何故7月19日か、これも気になります。
Dscn0512_640x480 ところで、先日訪れた諸戸氏庭園(6/3、諸戸氏庭園 春の一般公開へ【花菖蒲の名前、訂正あります(6/10)】)。春の公開は終わりましたが、終了後、この写真にある本邸の修復工事に取りかかると聞いていました。
Img_0964_640x426 これら2枚の写真は、昨日、散歩帰りに撮ったものですが、本邸前の石畳Img_0966_640x426 のあたりで何やら作業をしておられました。一部をめくって、何か確認をしているように見えました。
Dscn0510_640x480 こちらに乗せた2枚は、今朝散歩に出たときに撮ったもの。一部にはブルDscn0511_640x480 ーシートが被せてありますが、やはり工事に向けて、何かを確認しているようです。チャンスがあれば、担当者の方に何をなさっているか聞いてみたいと思っています(この頃、年を取って図々しくなったせいか、こういうことを割と平気でするようになりました)。
Img_1020_640x439 今日、散歩から帰って、わが家の玄関先から見下ろして撮った写真。本邸脇の洋室の前を多少掘って、調査をしているように見えます。気になります(微笑)。やはり、聞いてみたくなります。
Dscn0176_800x600  オマケの話。名古屋場所も近づきました。鎮国守国神社には、明日、峯崎部屋のお相撲さんたちが来るという話でした(6/11、歌行燈本店のアジサイもご覧ください。写真は、6/11のもの)。市内には、もう一つ、貴乃花部屋宿舎を設けます。何年か前に貴乃花部屋の朝稽古を何度か見に行ったことがありました(たとえば、2009/07/05、貴乃花部屋、朝稽古を見学)。親方の姿も拝見したかったのですが、それは実現していません。相撲協会の理事の仕事でお忙しいのでしょう。

| | コメント (0)

2017年6月19日 (月)

33.9℃だったそうです……またもや菩提樹の花を見逃す

Dscn0460_800x600

 今朝は、8時50分くらいから散歩に出たのですが、歩き始めてじきに暑くなってきました。九華公園で出会う方や、作業をしていらっしゃるシルバー人材センターの方たちも、「今日は暑いなぁ」とおっしゃっていました。先ほど確認したら、13時50分に33.9℃にもなっていました。予報でも30℃を超えるといっていましたが、いきなりこの気温では参ります。いよいよ散歩が、「修行」となる季節のようです(苦笑)。本日、11時45分頃まで、田町から九華公園、京町、吉津屋町、寺町と4.4㎞。距離が短いのは、しゃべりすぎた証拠(笑)。
Dscn0463_800x636 アジサイでいろいろと試そうとは思ったものの、なかなか難しいものがありDscn0475_640x480 ます。コンデジを使って、下から覗いてみたのですが、これでは、いつぞややっていたヒガンバナ撮影の応用パターンでした(苦笑)。
Dscn0472_640x480 こちらも同様でありますが、上の2枚よりは、このように背景が明るい方がまだマシかも知れません。以上は、いずれも九華公園でトライしたものです。
Img_0938_640x426 これは、京町あたりのお宅で取らせてもらいました。バックに見えている木々は、歴史を語る公園のものです。これの方がよいかも知れません。とあれこれへ理屈をこねていますが、この暑さということもあって、いつもの散歩コースには、スズメ、ドバト、ムクドリ、キジバトくらいしかいなかったのです。
Img_0908_640x426 キジバトさんは、樹上で鳴いていることがほとんどですが、珍しく地面で「デデッポー」と鳴いていました。暑いのか、と勝手に推測しています。
Img_0920_640x427 九華公園の本丸跡のベンチで休んでいると、割と近くにスズメが寄ってきImg_0937_640x427 ます。「餌、頂戴」ということではなさそうですが、手持ちのビスケットなどを与えると食べます。
Img_0895_640x426 散歩コースにあるツバメの巣を巡回しましたが、昨日2羽のツバメを見かImg_0946_640x486 けた、田町の商店の巣は、不在。吉津屋町のお宅(すでに巣立った巣があり、別に新築中だったところ)には、親が、その新築の巣に就いていました。ここは、またヒナが期待できそうです。
Dscn0494_480x640 今日は、長島・弥富方面に行くか迷いました。しかし、中日新聞朝刊の「くDscn0495_640x480 らし歳時記」というコラムに「菩提樹の花が咲いている」とありましたので、寺町の桑名別院にある菩提樹を見てこようということにしました。お釈迦様が菩提樹の木の下で悟りを開かれたちうことで、お寺にはよく植えられています(ただし、インドの菩提樹とは種類が違うといいます)。ところが、散歩の帰り道、桑名別院に立ち寄って見て、ガックリ(苦笑)。右の写真のように、時すでに遅しでありました。
Img_0952_640x426 そういえば以前にも何度か見逃したことがありました(2009/06/21、夏至と父の日 ;2014/06/19、久しぶりにマジメに歩きました(笑) )。「二度あることは三度ある」の典型であります(苦笑)。
Img_0889_640x462 こちらは、ツマグロヒョウモンのメス。ツマグロヒョウモンは、この間からよく見かけるようになりました。アゲハやモンシロチョウ、コシアキトンボ、ウチワヤンマ、オニヤンマも見ますが、なかなか止まってくれません。

| | コメント (2)

2017年6月18日 (日)

想定外に「父の日(笑)」……ツバメの様子、アジサイも

Dscn0424_800x600

 久しぶりの曇天、梅雨らしいといえばそれまでですが、昨日までとは様変わり。家のことをしていて、朝、出られたのが9時半を過ぎましたので、いつものように九華公園コースへ。三崎見附から田町、九華公園、京町、吉津屋町、寺町と5.1㎞。11時半過ぎに帰宅。
Img_0809_800x534 田町の商店の軒下にあるツバメの巣。先日、雛が巣立ったばかりだと思っImg_0807_800x588 たのですが(6/ 9、ミドリガメの産卵、ならず残念)、今日は、再びツバメの親の姿が見られました。2羽そろってきています。巣立ってからどのくらいの期間、ヒナの世話をするのか分かりません。この間、ここの巣を使っていたペアだろうと思うのですが、聞いても答えてくれませんでした(微笑)。
Img_0850_800x559 ツバメ続きで、吉津屋町の巣の様子。このお宅には、もう1つ巣があり、そこからはすでに雛が巣立っています.その後、この巣が新築工事中。6月11日(歌行燈本店のアジサイ)に見たときよりも、完成度が上がっていますが、まだもう少しなのかも知れません。今日は、ツバメは見当たりませんでした。
Img_0833_800x533 九華公園。カワラヒワ、コゲラなどを見かけたくらいで、見事に鳥はいませImg_0835_800x533 ん(苦笑)。やむなくでもありませんが、昨日、ミドリガメが産卵していたところ(6/17、ミドリガメの産卵シーン)を確認。大きさが分かりにくいと思いましたので、観察記録に使っているコクヨの測量野帳レベル(セY-1)を置いてみました(野帳は、16×9㎝ほどです)。九華公園のあちこちにこのような穴があります。
Dscn0433_800x600 奥平屋敷跡の西側では、このようなところを見つけました。穴の周りにあImg_0836_800x533 る白いもの2個は、ミドリガメの卵の殻です(殻といっても、鶏卵のように固くはありません)。他でも確認していますが、果たしてきちんと孵ったものなのか、それともカラスなどにやられたものか、判別がつきません。小さなミドリガメは、今のところほとんど見ていません(今日、1匹が甲羅干しをしていたものの、孵化直後にしては大きい感じでした)。Wikipediaを調べますと、孵化まで2~3ヶ月と書いてありました。
Img_0791_800x533 今日はあまり鳥を見なかったこともあり、またもやアジサイです(苦笑)。左は、八間通の歩道に咲いていたもの。この間まで、向かって左のように青色をしていたのですが、紫っぽく変化してきたものもありました。アジサイの色は、土から吸収するアルミニウムの濃度と、細胞内にある「助色素」が大きく関係するそうですが、酸性度が高い土ですとアルミニウムを吸収しやすく、青くなるといいます(今朝の中日新聞から仕入れたばかりの知識です……苦笑)。ということは分かっても、実際にこのように隣同士の色が微妙に異なるのは何故なのでしょう?
Img_0840_800x533 もう少し違うところへ見に行けばよいのですが、九華公園にて。がく咲きImg_0841_800x533 のアジサイ。周りに4つあるのは、装飾花で、中央に密集している細かいものが、真花だそうです(これも中日新聞からの講釈)。装飾花が多いものもあります。アジサイも品種改良が施され、世界中では数千種あるといいますから、とても小生のアタマではついて行けません。
Dscn0137_800x600 余談というか、与太話というべきか(微笑)。父の日であります。「そんなDscn0141_800x600 の関係ないなぁ」と思っていたのですが、見事に期待を裏切られました(爆)。娘から、プレゼントをもらった上に……
Dscn0447_800x586 昼ご飯まで馳走になりました。「何がよいか」と聞かれ、あれこれ話し合っDscn0451_800x600 た結果、カツを食べようということで意見が一致。市内五反田にある「むさし」へ行ってきました。看板にもあるように海老かつがおいしいところ。平凡な表現ですが、プリプリでした。1時半頃行ったので、混雑も終わりがけでさほど待たずに食べられました。ここは以前から一度行って見たかったところ。娘と二人で留守番をしていたお陰であります。
Dscn0457_600x800 追記。その後、夕方帰宅した息子からは、缶ビール1ケースをもらいました。晩酌にボチボチと頂くことにしましょう(微笑)。

| | コメント (2)

2017年6月17日 (土)

ミドリガメの産卵シーン

Dscn0411_800x600

 相変わらずの良い天気です。今日は所用があり、散歩は8時40分から10時と時間制限。住吉神社から九華公園を往復、3.6㎞。こういうときに限って、いろいろな人に呼び止められたり、ちょっと聞きたいことがあると言われたりです(苦笑)。冒頭の写真は、住吉神社から揖斐川右岸の上流方向を眺めたもの。遠く、伊勢大橋や多度山が見えます。
Img_0717_800x533 さて、今日は、九華公園でようやく念願が一つ叶いました。二の丸跡から、Img_0714_800x533 奥平屋敷跡へへ歩いていたとき、端を渡ったところ(奥平屋敷跡への入り口)で、このような光景を目にしました。2匹のミドリガメが、穴を掘り、お尻を突き出していたのです。このうち、向かって右のカメが産卵するところを目撃できました。
 こういうものが苦手な方は、どうぞスルーなさってください(ちなみに、家内には嫌われました……苦笑)。以下、連写したものを、1枚おきくらいに載せています。
Img_0752_800x533 Img_0754_800x533 Img_0756_800x533 Img_0758_800x533
Img_0760_800x533 5分ほど見ていた間に、合計3個の卵を産み落としました。1個産む度に後ろ足で土を少しずつかけています。去年、赤ちゃんが孵った後の卵の殻を見つけたときから、一度は産卵シーンを見てみたいと思っていたのですが、ようやく見られたということです。
Img_0773_800x533 こちらは、2枚目の写真とは反対側から見たところ。向かって右のカメは、Img_0771_800x536 まだ穴を掘っている途中でした。右の写真が産卵していたカメさん。次は、卵から孵った赤ちゃんを見つけないとと思っています。
Img_0688_800x559 ところで、ここからは昨日の夕方の話。歩き足らず、午後から九華公園に行ってきたのですが、その帰り道、七里の渡し跡でツバメの巣立った雛が2羽いるのを見つけました。七里の渡し跡の水門のところです。
Img_0642_800x543 夕方は風がかなり強くなっていました。ここは風がよく通り、ツバメのヒナImg_0650_800x553 も時折、強風におられていましたが、親が餌を運んで来るのをひたすら待っているようでした。
Img_0655_800x563 ちょっとピントが甘いのですが、親ツバメが虫を咥えてきて、まさにヒナのImg_0679_800x563 口に入れようとしているところです。右は、別のシーンですが、親がヒナの口の中にまで自分の嘴を入れて、餌を与えています。巣で餌をもらうところを見ていても同じですが、ヒナの勢いにはすごいものがあります。
Img_0683_644x800 どういうわけか、奥にいるヒナばかりが餌をもらっていました。親を飲み込まんばかりの勢いで、笑えてきます。親ツバメ、2羽がほとんど同時に戻ってくることもありました。
Img_0689_800x541 笑えるシーンといえば、奥のヒナ、嘴のあたりを掻いています。ヒナも痒くなるのです(微笑)。
Img_0775_800x557 お口直しに、アジサイであります(笑)。今日、九華公園のあちこちで試しImg_0779_800x533 てきました。ワンパターンからの脱却をはかってですが、うまくいっているでしょうか? 
Img_0781_800x537 こちらも九華公園にて。クローズアップや、あまり撮らないアングルを心Img_0785_800x532 がけてみました。

| | コメント (8)

2017年6月16日 (金)

コアジサシのヒナ

Img_0144_800x562

 相変わらずの好天。今日は、コアジサシの営巣地を確認して来ました。Img_0146_800x559 6/13の火曜日以来ですが、ヒナが孵ったという情報もあり、いの一番にここへ行ったという次第。観察できるところから近くで、3ヵ所にヒナの姿がありました。左はその一つ。右の写真は、ここにいるヒナが出てきたところ。2羽が動き出していますが、その後ろにもう1羽いて、ここは合計3羽。
Img_0148_800x545 2羽の先には親がいます。雨が降っていませんので、地面が乾燥して、白っぽくなっていて、ちょっと見にくくなっています。向かって左端にヒナ、右に親が写っています。
Img_0172_800x538 小生のカメラ&ズームレンズではいかにも非力で、よく分かりませんが、左Img_0176_800x600 の写真では親が小魚を咥えてきて、ヒナに与えようとしています。右の写真はまだ判別しやすいと思いますが、ヒナが後ろ姿になってしまいました(苦笑)。
Img_0192_800x588 もう1ヵ所、ヒナのいる巣。観察場所からは、これが最も遠いので、あまりクリアではありません。やはり装備を充実させた方がよいかなと思ったりします(笑)。
Img_0237_800x558 先日、臨時駐車場で見た「ヘンなコチドリ」と同じですが(6/ 8、コチドリがヘン(笑)……コチドリのヒナ、ケリのヒナは元気)、ヒナが親のお腹の下に入っていくところ。向かって右のヒナ、お尻の穴らしきものが見えています。
Img_0254_800x552 餌を咥えたままウロウロしているオスもいました。まだ相手がいないのImg_0277_800x581 か、はたまた巣の場所を失念してしまったのか? コアジサシにもいろいろといるようで、笑えます。右の写真は、餌を与えてすぐにまた、餌取りに飛び立ったところ。子育ては大変です。
Img_0287_800x558 載せてもよいものかどうか、若干迷いましたが、エイヤッと。金魚を捕まImg_0312_800x577 えてきて、ヒナに与えようとしている親コアジサシもいました。結局、ヒナの口には大きすぎて、飲み込めず、自分で食べてしまっていました。
Img_0319_800x606 続いて三ツ又池公園へ。カイツブリの様子を見に。こちら、最初に雛が孵Img_0323_800x561 った巣。ヒナは、先日、もうずいぶん大きくなっていました(6/10、カイツブリのヒナは親の背に……アマサギ、オオヨシキリなどなど)。今日はその姿は見られず、親がまた巣に就いていました。親が巣から降りたところを何気なく見て、ビックリ。卵があります。それも4個も! Wikipediaによれば、「4-12月に1回に4-6個の卵を年に1-3回に分けて産む」ということです。
Img_0327_800x591
 その隣、中之島のすぐ南にある巣のヒナ。2羽とも元気そうでした。親とはImg_0358_800x577 少し離れていたのですが、親が読んだようで、巣に戻っていきました(右の写真)。
Img_0382_800x562 公園内の池には、他にも親が巣に就いているところがいくつかありましたImg_0471_800x547 し、ヒナがいる巣も3つほど。今日見たヒナは、合計7羽。まだまだしばらくは、ヒナの誕生や、親が背中にヒナを乗せる姿が楽しめそうです。
Img_0422_800x549 そのヒナが親の背中に乗ったところ、今日はあまり見られませんでした。Img_0388_800x579 池の北の端、花菖蒲園近くでこのシーンだけが見られました。ここも、ヒナが2羽いるところです。
Img_0367_800x551 この他、今日三ツ又池公園で見られた鳥たち。まずは、西側の水田には、サギが4羽。1羽はアマサギ、他の3羽はチュウサギのように見えました(写真には、アマサギ1羽と他2羽しか写っていません)。
Img_0452_800x576 コアジサシも1羽が飛来。何度かダイビングを繰り返して、小魚をゲットしImg_0466_800x560 ていきました(右の写真、証拠写真ではありますが)。
Img_0484_800x558 公園内の遊歩道をほぼ1周し、帰ろうとしたら、南から飛んできた鳥がありました。カワウにしては変だなと思ったら、ゴイサギでした。夜行性のはずなのに、北の方へ飛んで行きました。先日ここでお目にかかったバーダーご夫婦も、ゴイサギを見たとおっしゃっていました。
Img_0498_800x587 もう1ヵ所。臨時駐車場も確認。コアジサシは、北側のエリアに7羽。先日Img_0510_669x800 は2羽しかいませんでしたから、多少増えた(というか戻ってきたというか)のでしょう。しかし、それにしても、卵を抱いていたコアジサシもいたのに、ヒナの姿は見かけません。どうなっているのでしょう? 何か人為的なアクシデントでもあったのでしょうか? 鳥見としては鳥に迷惑をかけてはいけません。
Img_0535_800x533 ケリは、今日は1羽。相変わらず威嚇してきます。ケリのImg_0552_800x605 ヒナは、南の方に1羽いるのを確認しました。嘴は、ケリらしい感じがしますが、そのほかはまだまだケリとは思えないイメージ。
Img_0567_800x577 コチドリは、親だけ3羽ほど見かけましたが、ヒナは、今日は見つけられず。いつもより2時間以上遅い時間帯で、11時半を過ぎていたということも関係しているかも知れません。
Img_0375_619x800 ということで、午前中は遠征してきました。歩いたのは、三ツ又池公園で2㎞あまりでしたので、午後からは3時頃から2時間ほど、九華公園へ往復してきました。帰り際、七里の渡し跡でツバメのヒナが2羽いました。強風の中、水門の入り口でそれに耐えながら親が来るのを待っていたのです。親が来て餌をもらうシーンも見られましたが、写真の処理ができていませんでの、また後ほど。左の写真は、三ツ又池公園の蓮田に咲いていた睡蓮。パソコンで見たら、上の方にカメの子らしき姿が。「見れども見えず」でありました(苦笑)。

| | コメント (6)

2017年6月15日 (木)

鎮国さんで枇杷を頂いてきました

Dscn0352_800x600

 今日も良い天気。良い天気なのはありがたいのですが、梅雨入り宣言があってから雨が降りませんから、却って心配になります(苦笑)。8時半過ぎからいつものように散歩。今日は、住吉神社、九華公園、京町、吉津屋町、寺町と回ってきました。いささか暑かったので、11時15分には帰宅。
Img_0108_800x533 暑いせいか、鎮国守国神社の境内社の一つ、九華招魂社の拝殿、賽銭箱Img_0104_800x533 のところで旅ネコさんがお休み中でした。昔は、ネコは好きではありませんでしたが、この頃、ネコ式ライフスタイルもいいかなと思います。ネコの話から始めたのは、鳥がいなかったからというのもあります(苦笑)。
Img_0067_800x575 今日見かけたのは、スズメ、ムクドリ、カワラヒワ、カワウ、ハクセキレイ、ツバメくらい。「くらい」とImg_0089_800x621 書くといけませんし、失礼ではありますが……。スズメも、今年生まれた幼鳥が、すでに親から離れて、自力で餌を捉えるようになってきているようでした。右は、九華公園の野球場にて。頬の黒い模様は薄いので、幼鳥だと思います。虫を捕まえて食べていました。
Img_0096_800x582 ハクセキレイも、野球場のグラウンドに出てきていました。ちょっと遠くて、フェンス越しの写真です。
Img_0077_800x533 九華公園といえば、今日までが花菖蒲まつりでした。とはいっても、特にイベントもなく、そういう意味では淋しい限り。市役所や、観光協会は、水郷花火大会や、石取祭、そして、今年は灯街道のイベントと、他のものに力を入れていますが、こういう昔からのまつりにも、目を向けてもらいたいところです。
Img_0127_800x533 コシアキトンボや、アオスジアゲハ、モンシロチョウなども飛んでいますが、なかなか止まってくれません。この時期、昆虫もよい被写体なのですが……。こちらは、鎮国守国神社で撮ったキアゲハ。
Img_0131_800x587 吉津屋町のお宅。先日から、ツバメが新たに巣を作っています(6/11、歌行燈本店のアジサイ)。よく見ると、まだ乾ききっていない部分もありますから、巣作りは現在進行形のようです。この右手に、この間ヒナが巣立ったツバメの巣があります。他の巣も、二番仔という可能性もありますから、また巡回してこなくてはと思っています。
Dscn0373_800x600 「九華公園を楽しく歩こう」のパネル、散歩途中に見ていますと、ご覧になってくださっている方があります。鳥友のSさんも、今日出会ったときに、「写真が替わったな。俺も知らないことがたくさん書いてあった。あんた、歴史もやるのか?」とおっしゃいました。恐縮至極であります。管理人のOさんに伺うと、「字が小さいから、老眼鏡が欲しい」とおっしゃった方があったそうです。想定外のことでしたが、Oさん、早速対応してくださっていました。
Dscn0379_800x600 鎮国さんにお参りしていたら、先代宮司の奥様に久しぶりにお目にかかりました。お忙しかったようですが、「枇杷がなったから持って行きなさいよ」ということで、小ぶりのレジ袋一杯頂いてきました。社務所の裏になっていたものですから、神様のお下がりということで、ありがたく頂戴しました。見映えはもう一つですが、果物らしい味がして、おいしかったです。
Img_0070_800x533 午後からは、昨日やり残してしまった、非常勤先の出席票に書かれた質問などのQ&Aを処理。その後、試験問題を確認したり、来週の研究会で発表される事例をチェックしたり。勤しむというほどではありませんが、ボチボチと仕事らしきことをしておりました。

| | コメント (0)

«江戸橋通いで江戸橋を見てくる